2018-03-19 17:22 | カテゴリ:未分類

東京で靖国神社の桜の開花宣言が出された(317日)。
 
スライド1

 図1 開花した言問い通り沿いの西洋タンポポ
 
 
スライド2 
 図2.開花した東大農学部のシロバナタンポポ
 
スライド3 
 図3 右の部分に帯化タンポポが湾曲して見える。極端に倭化した西洋タンポポである。
 
スライド4 
図4.図3の拡大図
 
 
スライド5 
図3.帯化タンポポを根元からむしり取った。まだ完全に開花していない。
   
    
   

  文京区では東大農学部の南面石垣下の言問い通り側の道路沿いに、311日にタンポポの開花が認められた。この場所は、南に面していて石垣で温められるためか、いつも西洋タンポポの開花が早い。今年は例年になく開花が早かった(図1

       

  この日は詳細に観察すると農学部構内でもシロバナタンポポが開花し始めていた。(図2)

     

  そこで、318日に、さっそく6時に起きて某所にタンポポの観察に出かけた。早朝にはあまり咲いていなかったのだが昼頃になると次々と咲き始めたので少し慌てた。

            

  そして早くも今年の第一号の帯化タンポポを見つけた。(図3、図4、図5)。

         

WINEPの読者には毎年呼び掛けておりますが、身近に帯化タンポポを見つけたら、

        

winep@bird.ocn.ne.jp

           

あてに、発見場所、発見日、帯化タンポポや付近の写真を添付でお送りいただければ幸いです。心からお待ちしております。
      
  タンポポといえども汲みつくせないものがあります。たかがタンポポ、されどタンポポ。
      
(森敏)
追記:タンポポの帯化(たいか)奇形については、もちろん放射線の影響かどうかを考えて、長期の観察を続けているものです。小生たちは、タンポポの帯化がエピジェネテイックな変異で次世代にも遺伝することを確かめて、一昨年の日本土壌肥料学会ですでに報告しております。

タンポポの帯化遺伝子は次世代に遺伝する 
森敏・中西板井玲子・安彦友美・森淳・山川隆・丹羽勝・中西啓仁
土肥要旨集 第62集(2016)p151.
   
過去の以下のWINEPブログの記事をクリックしてご参照ください。

 

2018-03-14 10:17 | カテゴリ:未分類

NHKスペシャル 「被曝の森2018」見えてきた汚染循環 を以下のネットで再視聴できます。

  

http://www.dailymotion.com/video/x6fu0tm

  

  この番組は一度見ただけでは、かなり見落としたところがあった気がしたので、深夜の再放送を見たのですが、寝そびれて最初の15分を見られませんでした。しかも起き抜けで寝ぼけていたので、あまりよく見れていませんでした。
     

  ところが一昨日この番組に0.1秒だけ写っていた女性から、上記のネットで動画が見られると教えられました。そこで、再度慎重にストップモーションで映像を再確認しながら見ました。2016年の「被爆の森」の映像よりも、住民からの批判にも、科学的批判にも、十分に耐えられる映像になっているのではないかと思いました。
      

福島の放射能汚染の現状については、世界の科学界ばかりでなく、世界のジャーナリズムが、その継続的な分かりやすい日本からの情報を待ち望んでいます。NHKにはぜひ海外版を作成して発信していただきたいと思います。

  

(森敏)

付記:小生のところにも、10数名の方から、この番組に対する感想文をいただきました。

 

 

2018-02-27 06:45 | カテゴリ:未分類

  以下の調査では現在の日本の大学生の過半数が本を読まない。これは恐るべき数字だと思う。読書や作文の習慣は、義務教育の期間につけるものである。大学に来てからはすでに遅い。この結果は過去の20年間ぐらいの日本の義務教育制度の欠陥が明快に示されたものだと思う。大学入試では国語の比重を飛躍的に高め、さらに長文の読解力の比重をさらに強化すべきだと思う。

  オリンピックで金を取るスポーツ選手(羽生や小平)や囲碁・将棋の名人など、いわゆるアカデミーの世界に属さないトップクラスの人材の発言を聴いていても、どん底や窮地に落ち入った時の起死回生の発想を得るのに必要なことは自己洞察力すなわち教養だと皆さんが自覚している。教養を高めるには、本人の直接的な体験からだけではだめで、読書を通じた二次(疑似)体験の集積が絶対に必要である。乱読でいいのだ。


  
    
  

大学生の5割超、読書時間がゼロ 実態調査で初、「本離れ」が顕著

2018226 2111

  
 全国大学生協連(東京)は26日、1日の読書時間について大学生の53%が「ゼロ」と回答したとの調査結果を発表した。半数を超えたのは、調査に読書時間の項目が入った2004年以降初めて。「本離れ」が若い世代で進行している実態が明確になり、アルバイトをする学生に読書時間ゼロが多いとの結果も出た。

 調査結果の分析を担当した浜嶋幸司同志社大准教授(学習支援)は、「高校までの読書習慣が全体的に身に付いていないことの影響が大きい」と指摘する。

 この調査は「第53回学生生活実態調査」。大学生の1日の読書時間は平均23・6分。ゼロと答えた学生は53・1%。
    

(共同)

 大学生本を読まない 

 
(森敏)
追記1:「小学生に英語教えて国滅ぶ」というタイトルで数学者の藤原正彦氏が、文芸春秋の 総力特集「日本の教育を建て直せ」で力説しているのは、「小学校では、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下」と。また、
 ”教養がないと、大局観を持てません。大局観を持たない人間は物事の本質をとらえることができず、対処療法に走りがちで、重要な局面で間違った道を選び、国を誤らせ、国民を不幸にしてしまう”
と述べている。きわめて古典的な教育観だが至言だと思う。

 
追記2: その後鳥取県での読書調査のより詳しい記事が毎日新聞に出ている。
    

鳥取

子どもの読書離れ深刻 高校・大学生は「月にゼロ」

毎日新聞2018514 0943(最終更新 514 0943)

高校生や大学生の3人に1人は1カ月に全く本を読まない--。子どもの読書環境を調べた鳥取県教委の2017年度のアンケートで、子どもの本離れが進んでいる実態が改めて浮き彫りになった。「読みたい本がない」との回答が目立ち、県教委は本を手に取るきっかけづくりに力を入れる。

 アンケート(選択式)は09、12年に続く3回目。県内の幼稚園や保育園、認定こども園の年長児の保護者▽小学3年▽小学6年▽中学3年▽高校2年▽大学生-を対象に実施し、計2942人から回答を得た。

 読書習慣を尋ねる質問では、不読率(1カ月に1冊も本を読まない人の割合)が、大学生35.8%(前回24.4%)▽高校2年29.3%(同21.3%)▽小学3年4.5%(同3.2%)--とそれぞれ増加した。

 読まない理由として、習い事やアルバイトを挙げた人が一定数いた一方で「本を読みたいと思わない」を選んだのが中学3年では最多の41.2%▽小学6年22.6%▽高校2年26.6%。本そのものに魅力を感じていない児童生徒が多かった。

 一方で、年長児の保護者が家で読み聞かせをしない割合が5.8%(前回10.4%)と前回調査よりほぼ半減した。

 今年度は県が策定する「県子どもの読書活動推進ビジョン第3次計画」の最終年度だが、読書時間などの数値目標を達成できない見込みだ。県教委は、本への関心を高めてもらうための取り組みを継続。書店に置くポップ広告作品を募集する「中学生ポップコンテスト」を開いたり、生徒同士で書評合戦をする「ビブリオバトル」の支援事業を展開したりするという。

 県教委社会教育課は「生涯学習としての読書習慣を子どものうちに身につけてもらえるよう、継続して取り組みたい」としている。【小野まなみ】

 

2018-02-13 14:35 | カテゴリ:未分類

 

           <ごあいさつ>       

 

  寒中お見舞い申しあげます。

 

 さて、私ども、ドキュメンタリー映画「福島 生きものの記録」シリーズを製作してきた群像舎&支援プロジェクトがイベントを企画しました。

 

 ◆題して「被曝の生きものたちー原発事故から7年」      

    シリーズ全5作一挙上映&シンポジウムです。

     

 今年3月11日、東日本大震災に伴う福島原発事故から丸7年を迎えます。2012年4月から現地に入り、“被曝した生きものたち”の健康被害を記録し始めたシリーズは5作目となりました。
    

 忘れ、風化しつつある原発事故。だが、今も県外に避難している人が約3万4千人、県内避難を含めると5万人にも及んでいると現地からの報告があります。
      

   セシウム137の半減期は30年です。
                       
  そんな状況にありながら昨年来、避難指示解除が進行しています。

今年から帰還困難区域の双葉町の除染も始めると報じられています。

 今一度、事故当時を振り返り、現在、未来への放射性物質の影響を見つめる必要があると痛感します。
 
           

 皆さんと共ににこのことを今一度考える機会になればと思い、上映会とシンポジウムを開催する次第です。
              

 ご多忙の折とは存じますが、どうぞご友人、お知り合いの方々、お誘い合わせのうえイベントにご参加、ご協力下さるようお願い申し上げます。

                  

 2018年2月
     

    主催:(株)群像舎 代表 岩崎雅典

           映画「福島 生きものの記録」支援プロジェクト

     〒162−0805

      東京都新宿区矢来町110−8ジェントリー神楽坂601

       TEL 03-3267-3997  FAX 3267-3977

               E-mail:gunzosha@gf6,so-net,ne,jp

 
    
チラシ表

  

 
チラシ裏   
2018-02-03 08:01 | カテゴリ:未分類

以下のビデオを見てください。約20分の毎日新聞による藤井聡太君へのインタビューです。

https://mainichi.jp/movie/video/?id=121617199#cxrecs_s

 

藤井聡太君の、インタビュー応答は、その都度以下のどれかの出だしで始まります。

 

あ、そうですね

あー、そうですね

んー、そうですね

ま、そうですね

そうですねえ

あー、はい、そうですねえ

んー、まあそうですね

あ、まあ、そうですね
   
  これって、結構羽生名人のインタビューにそっくりですね。
    
  「そうですね」といって、時間稼ぎしているときに、脳がフル回転しているようです。本人は無意識に発語しているようですが。小生には結構聞き苦しい。まだ若いのに本当に気の毒だよ。
     
  現代の各方面の名士たるものは、マイクやカメラを向けられてのインタビューに対して、動じないように幼少のころから鍛えておかないといけないかのごとくだ。インタビューの受け方がうまいからと言って本職の実力とは全く関係がない。しかし、現今ではとにかく名士はテレビに顔をさらす必要があるようだ。囲碁や将棋などのゲームは基本的に形式論理学だから、使っているのは言語脳だと思われるので、藤井君は成長するにつれてきっとインタビューがうまくなると思う。
           
  一方、スポーツマンなどは演技そのものの成果で評価してもらえればいいのであって、相撲の力士のインタビューなどは朴訥(ぼくとつ)なほど好ましいと思う。言語脳と体育脳は全く別だろうと思うからである。
      
  「見ての通りです」の一言でいいのではないか。
         
  また、話が少し横道にそれるが、一方で、ノーベル賞学者の山中伸弥さんが、部下のデータ改ざんで、対応に追われて、何回もテレビの前で釈明させられている。自分の月給を削るとか、つまらぬことに神経を使わされて、気の毒で見てられない。今後も続々とデータ改ざん者が出てきて、そのうちテレビでの釈明のエキスパートになるのかもしれないですね。悲劇だ。iP細胞研究所長などやめて、さっさと元の研究者に戻ったほうが、人生ハッピーじゃないか。過去に部下のフェイク論文のせいで、馬鹿らしくなって有名な研究所長を辞めた人は外国にいますよ。得意でもない所長職に祭り上げられて、そのガバナンスで疲れ切って、日本国に殉ずる必要はないと思うよ。戦前の「滅私奉公」の時代ではないんだから。
    
  「人は、無能化するステージまで、出世させられる」は、小生の持論でもあります。
  
                      
(森敏)
追記:以下のスケートの金メダリスト小平奈緒選手へのインタビューで、彼女の自然体の教養の深さに感動しない人はいないだろう。(無断転載です)
     

 「金メダルは名誉、でも生き方が大事」
 小平が会見

     

 平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。

·     ――今のお気持ちは。

 「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」

 ――ご家族と話をしましたか?

 「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」

 ――どういうことを伝えたい?

 「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」

 ――早く金メダルには触れたいですか?

 「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが強いです」

  平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒(相沢病院)が19日、平昌で記者会見に臨んだ。所属先の相沢病院や銀メダルの李相花との友情について語ったほか、フィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手から「勇気をもらった」とも述べた。主な一問一答は次の通り。

 ――今のお気持ちは。

 「そうですね、500メートルのメダルセレモニーはまだなのですが、私の夢に描いていたもので、うれしい気持ちでいっぱいです」

 ――ご家族と話をしましたか?

 「まだ連絡は取っていません。昨夜レースが終わってドーピング検査を終えて宿に帰ってきたのが12時過ぎで、今朝も早かったので」

 ――どういうことを伝えたい?

 「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したいと思っています」

 ――早く金メダルには触れたいですか?

 「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事になると思う。メダルという形は周りの皆さんにとって、私が戦ってきた証しなので、見ていただきたいという思いが

――お父さんが「人間形成は周囲の人々のお陰」と言っていました。相沢病院に一言お願いします。

 「私は本当に人に恵まれた人生だったと思っています。相沢病院との出会いは必然であり偶然。本当に苦しい時も、成績よりも私の夢を応援してくれた。患者さんや職員の方々で喜びを分かち合えればと思っています」

 ――韓国の李相花選手との友情を、改めて教えてください。

 「彼女は本当に、ワールドカップの時から仲良くしてもらって、スケートに対する思いは素晴らしいものを持っていて、学ばせてもらいました。私がだめで彼女が優勝したときに、私は滑走後のクーリングダウンで泣いていて、彼女は一緒に泣いてくれたので、私も気持ちに寄り添いたいなと思いましたし、彼女のお陰で次のステップに進めることがあったので、彼女との友情は深まってきたのかなと思います」

 ――(今年1月に亡くなった)住吉都選手への思いがあったら教えてください。

 「(目を赤くしながら)正直、彼女のことは何度も何度も思い出すことが多くて、やっぱり考えないようにしていても、常に頭に浮かんでしまっていたので。それでも主将として、レースに集中して臨まなければいけないと考えていました。これは言っていいか分からないですが、住吉選手が『奈緒が金を取ったら私が取ったのと同じ』と言っていて、救われたような思いだったのですが、こうやって金メダルを取ることができて、本当は本人に報告したかったのですが、できないのは残念だと思います」

 ――(海外メディアから)五輪は選手の物語が現れる場だと思います。他国の選手との友情や、国を代表する誇りなどがあります。それぞれについて、どう思っていますか?

 「そうですね。国に対しての誇りは、やはり日本でスポーツの専門家がたくさんいたり、独特の知恵で高めようとしているところに日本らしさがあると思っています。それは日本人の勤勉さのようなところには誇りを持っています。また、他国の選手とは、スポーツは言葉のいらないコミュニケーションだと思っています。世界の人たちの心を動かしますし、競い合って高め合っていく中で、スポーツの究極の姿が人々を動かすと思うので。競い合うことも大事なんですけど、国の文化や言葉を知ることで、さらにスポーツの楽しさが増すといいますか。他の国の選手はどんな思いを持っているのか、どんな文化を持っているのか知ることは、その競技を高めるために必要だと思っています

 ――今回の五輪、どんなアプローチがあったから金メダルを取れたと思いますか?

 「やはり大学1年生から結城匡啓先生、チームメートと積み上げてきたものが鍵になったと思います。気づきや発見をしっかり共有しながら、お互いにいいところ、悪いところを指摘しながら自分たちの発見を伸ばしてきたというか。そういったところがつながったのかと思います」

 ――(メダルを取れない)主将のジンクスもありました。どのように主将を受け入れましたか?

 「正直、主将の打診を受けた時には恥ずかしがり屋ですし、人前に出るのは苦手なので、金メダルを取れないという話も聞いていたんですけど、先生に説得されて、『奈緒にしかできない』と言ってもらえた。将来に生きてくることを納得できたので、その後はジンクスはあまり気にせず、気にならないぐらいやるべきことに集中できたと思う。自分自身の競技を終えて、チームの応援に回りたいと思っている。男子500メートルを応援しに行きたいと思っています」

 ――ノートに記録していると聞きました。どんなことを記録しましたか?

 「まだ書いていません。滑りのビデオを振り返りで見ていたんですけど、まだ書いていません。これからゆっくり振り返りたいと思っています。1500、1000メートルの学びは多くて、500メートルに向けて修正しなければいけない点は、1000メートルで得ることができたので。ノートに書いて次の挑戦につなげたいと考えています」

 ――次の挑…

 

FC2 Management