2014-10-14 18:24 | カテゴリ:未分類

これまで立ち入り禁止で入れなかった浪江の「帰還困難区域」に調査に入ってみた。

 

東電福島原発爆発当時、原発から20㎞圏外であるにもかかわらず浪江町の赤宇木(あこうぎ)地区は毎時150マイクロシーベルトの空間線量であったと、文科省から報告されている高線量地域として有名である。その後、I-131などの短半減期の核種が急速に消滅して現在では、Cs-134 と Cs-137が空間線量の主成分である。

 

今回その地点で道路脇に面して設置されている金属フレームの片面が葛(くず)の葉に覆われた線量計は毎時6.120マイクロシーベルトを示していた。
DSC04292--.jpg 
毎時6.12マイクロシーベルト!
  

そこから東に進んで交差点の川房字大柿(大柿簡易郵便局前)では毎時9.089マイクロシーベルト(写真に示す小生の線量計では毎時10.51マイクロシーベルト)を示していた。

 DSC04364--.jpg
 毎時9.089マイクロシーベルト!
  

この後ろのコンクリートの路面は毎時13.07マイクロシーベルトを示していた。

 DSC04372--.jpg
毎時13.07マイクロシーベルト!
 

途中で見た道端のスギや民家のスギが激しく枯れはじめていた。

 DSC04325--.jpg

 杉が枯れ始めている!
  

田畑は荒れ放題で原発爆発後3年半の人の手が入っていない現在では種々の草木が繁茂して原野と化しておりとても耕作地であったとは判別できない。

DSC04342--.jpg 
水田が原野と化している!
 
DSC04279--.jpg

元の田畑に各種の草木が侵入している(植物層の遷移が起こっている)。
   
  小生はジョロウグモなどの採取をしたのだが、空間線量が毎時数マイクロシーベルト以上の高度放射能汚染地区では、このジョロウグモの生息数が非常に少ないように感じられた。彼らが好んで網を張るサクラの木の枯死が進行していると思われた。
      
 

  さらに東の通行禁止の北沢橋ゲートでは空間線量毎時7.23マイクロシーベルトを示していた。これから先はもっと空間線量が高いために通行禁止になっているのだろう。DSC04383--.jpg

       

  浪江町は東西に長いので、時間の関係で広範囲に汚染している全行程をとても走破できなかった。再度訪れるつもりである。用心したつもりであるが、丸一日の調査で小生は23マイクロシーベルトも被曝した。

           

前述したように、現時点では多くの短半減期のγ-線放出核種はすでに消滅しており、単純に計算すると、原子炉暴発後約1300日経過した20141013日現在で、陸域にはγ-線放出核種としてはCs-134が爆発当初の30%が残っており、Cs-137が爆発当初の93%残っていることになる。爆発時にはCs-134Cs-137が原子炉から等量放出されたと考えられているので、現在残存している陸域の総放射性セシウム量は当初の(30%+93%)/2=61.5%となっているはずである。
      

     

(森敏)

付記。
今後はこれまでの一見急激な減衰をしてきた短半減期のCs-134の総放射線量への減衰への寄与率が急激に少なくなり、半減期が30年と長いCs-137の減衰への寄与率が主になるので、遅々として総放射線量の減衰が進行しないことになる。単純な半減期計算で、これから10年経っても総放射線量は主としてCs-137として現在の60.3% がまだ残ることになることを忘れるべきでない。いわゆる風雨による風化(土壌からの縦横への流亡、土壌固着、生物濃縮によるリサイクル)などによる因子を考慮に入れても、これが現在の50%以下になることは難しいだろう。

2014-01-22 08:13 | カテゴリ:未分類

これまで福島の土壌に関しては東電福島原発由来のCs-137Cs-134に関しては土壌断面の縦方向の分布(soil profile)が、多数報告されている。しかし、Ag-110mの分布に関しては未報告であった。今回福島の土壌について論文発表された。Ag-110mは表層2センチ以内にとどまっている。

( Hugo Lepage et al. J. Environmental Radioactivity 130, 44-55 (2014) )

  これによると、銀はセシウムと同じ分布パターン示し、また煩雑になるのでここでは紹介しないが、粘土粒子への収着も顕著である。Ag-110mの土壌動態に関しては 今後も経年変化を調べる必要があるが、これは非常に素晴らしい研究であると思う。

  この成果から、これまでの小生らの測定でAg-110mが Cs-137Cs-134と同様に ジグモでの減衰が急速である理由が非常によく説明できる。
 ( 2013/08/26 : ジグモ体内の各種放射性核種の減少は意外に速い

  セシウムのように粘土の層状構造への固着という現象が銀にもあるのかどうかわからないが、銀も急速に粘土粒子への収着が進んで行くので、生物に取り込まれにくくなっているのがジグモでのAg-110mの減衰が顕著である理由の正解のようだ。

  ところで今回紹介した論文は日本人では筑波大学の恩田先生が著者の一人になっているが、フランスのグループが主導した研究になっている。日本の土壌学者はなにをしてきたんでしょうね? 非常に残念です。

 

小生がジョロウグモでAg-110mを発見したことから当然土壌にも福島第一原発から大量のAg-110mが降ったことが明らかであるけれども、その直後に発表された文科省の「Ag-110mの土壌分布」のデータがあまりにも濃度が低い値であったので、日本の土壌学者にはあまり興味をひかなかったのかもしれない。しかしこれは研究の先駆性や独創性に関するサイエンテイストとしてのセンスの問題でもあります。

( 2011/11/01 : 文科省が 放射性銀(Ag-110m) の汚染分布図を発表しました

2011/10/30 : 新発見:飯舘村のジョロウグモは放射性銀を1000倍に濃縮していた! )


  詳細は上記の論文をお読みください。





 


銀の縦方向分布--  

第一図。縦軸は土壌の深さ。横軸は土壌全体の各放射能核種に対する分布割合(%)
 




(森敏)
2013-10-29 10:18 | カテゴリ:未分類
tannku.jpg 
図1 東電福島原発の敷地の排水溝の流れ(jijicomより)
jpeg---.jpg 
図2. 東電福島原発の敷地の排水溝の流れ(共同) 

スライド2-- 
図3.googleより 

DSC01656---.jpg 
 図4. NHKより
 

図3に見るように、東電福島第一原発の排水溝は上空から見て八の字型の防波堤内に排水しているのではなく、その外側の南側の海に直接排水口から排水している(図1、図2、図4)。したがって、敷地内からこの排水溝に入り込むタンクから漏出した汚染水や雨水などの土壌表流水はすべて集水されて排水溝に流れ込み、排水口から直接外洋に流れ込んでいることになる。つまり垂れ流しということになる。全くコントロールなんかされていない。

安倍首相は0.3キロ四方はコントロールされていると言っているが、これは八の字型の防波堤内部のことを言いたいのだろう。立ち入ったことがないので構造上の詳細はわからないが、この八の字防波堤内は5基の原子炉冷却水として吸水口から海水を吸水するための波の衝撃やクラゲ除去の緩衝用の防波堤ではないだろうか。原子炉爆発当初から大量の高濃度の原子炉放射能汚染水が吸水口から排出されているのは原子炉直下の地下と吸水口が直接つながっているからであると思われる。

この排水口から流れ出る放射能汚染水をも何とかコントロールする必要がある。現在の東電の言い分のように、排水溝内に土嚢を積むなんてのはまるでままごとだ(排水溝の水が「土のうを越えて流れている可能性も否定できない」と東電自体が言っている)。この排水口の海側に排水口を囲むように、コンクリート防波堤を作り、そこで一度海底に放射能を含む泥流を沈降させる必要がある。
 

東電、魚業組合、水産庁のいずれの組織もこの排水口直下の海の放射性セシウム濃度をなぜか測定していない。 
 

現在膨大な量の原発敷地内の貯蔵タンクがあるが、これがすでに劣化し始めている。今後もあちこちのタンクでもぐらたたきのように高濃度汚染水の漏えいが起こり続けることは明らかだから、その時に備えて、排水口の大々的な工事をしておくに越したことはない。そうしないと、いくら漁民が「魚が放射能汚染していません、セシウム汚染濃度は基準値以下です」と、声高にがんばっても、今後の長期にわたる垂れ流しによる汚染魚は、なくならないだろう。
 

アメリカのシアトルのハンフォードの核廃棄物貯蔵タンクが劣化して放射能もれであることはずっと以前から報告されている有名な事実である。最近でもこの貯蔵タンク漏れは大きな事件になっている。放射性物質用の貯蔵タンクは現在の東電による稚拙なパッキングや溶接不良技術の問題ばかりでなく、今後経年的に浴びる強い放射線による金属疲労でも穴が開く可能性が高い。ハンフォードのニュース(英文)は以下のとおりである。

http://seattletimes.com/html/localnews/2020415477_hanfordleakxml.html 

 

第一原発排水溝で2500ベクレル 海から150メートルで最高値
東京電力は25日、福島第一原発の港湾外の外洋につながっている排水溝の海から約150メートルの地点で、24日採取した水からストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が過去最高の1リットル当たり2500ベクレル検出されたと発表した。
 東電は「周辺の汚染土壌が大雨で流入した可能性が高い」と説明。水は直接、外洋に流れた可能性があるとしている。
 24日採取分では、同地点の上流の他の測定地点3カ所でも2500~11万ベクレルが検出され、それぞれ過去最高値を更新。23日採取分でも、汚染水約300トンが漏えいした地上タンク近くの東側排水溝の測定地点で、過去最高の14万ベクレルが検出されている。東電は漏えいが見つかったタンク近くの排水溝からの水の流れは土のうで止めているとしているが、「土のうを越えて流れている可能性も否定できない」としている。

2013/10/26 10:10 福島民友


(管窺)
2013-09-20 08:05 | カテゴリ:未分類

    以下の原子力規制委員会の提案は、小生が201157日に東大の生産技術研究所の浦環教授に提案したものと同じである。それが2年たってやっと技術的に実現可能な段階に来たということである。水中放射能検出器が作成されたからである。測定はやるなら東電福島第一原発周辺海域から早くやるべきです。複数の船で並行してやれば、すぐにでも詳細なデータが得られるだろう。

 

 

福島沖1千平方キロの海底調査 規制委、汚染状況把握へ

2013918 1814

 原子力規制委員会は18日、東京電力福島第1原発事故による海底の汚染状況を把握するため、福島県沖の約1千平方キロで海底の放射性セシウム濃度の測定調査を始めた。周辺海域ではこれまで研究機関などが地点ごとの調査を実施したことはあるが、規制委はセシウムの拡散状況を面的に分析することで、魚介類の安全性を判断する際の基礎データとする狙いがある。


(森敏)

付記:この間の経緯は以下の通りです。
2013-08-09 12:47 | カテゴリ:未分類

以下の東大の記事は非常に重要な調査成果だと思う。

 

以前に東大の浦環教授たちが同じ手法を開発して海底の底泥の放射能をいわき沖を沿岸から沖合に向けて縦方向にスキャンしていた記事があったが、今回は本格的に沿岸に沿っても長距離にわたって、測定を行ったようだ。
 

 

この同じ放射線検出器をもっともっと増産して、東電福島第一原発の八の字型の港湾の開口部に横並びに数個ぶら下げて、継続的な底泥モニタリングをすべきだろう。東電から海洋への漏出部位で直接汚染をチェックするのである。
 

 

今回の原子炉地下水漏洩事実が開示されてから、急いで福島県水産部が今後は月に一度底泥と海水をくみ上げて測定すると言っているが、なんというのんきな監視体制かと思う。これではザルである。福島県はただちに東大と共同研究体制を組んで、沿海の放射能汚染監視体制を強めるべきだと思う。それが将来に向けての漁民や消費者の安心・安全を保証するする道だろう。 

  現状の東電の発表データや福島県や漁協の魚の発表のデータからでは、今後いつ何時放射能汚染水が「フクイチ」からどう沿海に流れていくのか、それがいつまで続くのか。だれも何を信用していいかわからない。何しろ放射能はザザ漏れなんだから。
 
  「フクイチ」の極周辺沿海部の放射能汚染監視体制は、一から仕切りなおすべきだと思う。



  

海底くぼ地に高濃度汚染集中 福島第一周辺 400キロ調査
201388日 朝刊

 

 東京大生産技術研究所などは7日、東京電力福島第一原発の沖合などで行った海底土の放射線測定の結果、事故で放出されたとみられるセシウム137の濃度が周辺より2~10倍以上高かった地点が約40カ所見つかり、大半がくぼ地だったと発表した。セシウムは土に吸着しやすく、海流に運ばれて集まったとみられる。

 海底の広い範囲で、局所的に濃度の高い「ホットスポット」の分布状況を調査したのは初めて。東大生研のソーントン特任准教授(海洋知覚システム学)は「局所的に濃度の高い場所の分布状況が分かったので、魚介類への影響調査や海底の除染につながることを期待したい」と話した。

 研究チームは昨年八月~今年七月、第一原発から二十キロ圏の海域ほか、宮城県の阿武隈川河口や仙台湾などで、船でえい航した装置を海底にはわせて放射線を測定した。

 総距離約四百キロにわたり、測定場所と水深、セシウム濃度を記録。高濃度汚染が確認されたくぼ地の長さは数十メートル~数百メートルとさまざまだった。

 原発から三キロ圏内では地形に関係なく、高濃度汚染が観測された地点が約十カ所見つかった。阿武隈川河口から東約二キロの沖合で周辺より濃度が高い範囲が二カ所確認された。

 仙台湾では水深六〇メートルの測定エリアの平均濃度が海底土一キログラム当たり三〇ベクレルだったのに対し、水深一二〇メートルでは七四ベクレルと高かった。


  
(森敏) 
 
付記:この件に関する過去のWINEPブログの記事は以下のとおりです。着実に東大の研究が進化していることがわかります。
 

追記:

 2地点でセシウム検出 第一原発周辺県採取の海水

県は8日、東京電力福島第1原発の周辺海域6地点で7月31日に採取した海水の放射性物質検査結果を発表、6地点のうち2地点から放射性セシウムが検出された。最大値は第1原発北放水口付近の海水で1リットル当たり0.277ベクレル。次いで第1原発沖合2キロの海水で同0.058ベクレルだった。
 第1原発南放水口付近と取水口付近、大熊町夫沢の熊川沖2キロ、双葉町の前田川沖2キロの4地点で採取した海水からはいずれも放射性セシウムが検出されなかった。
 県は一連の汚染水問題を受け、海水の放射線モニタリングを強化する対策の一環として海水を採取する地点と頻度を増やした。
(2013年8月9日 福島民友ニュース)

FC2 Management