FC2ブログ

WINEPブログ内で「 森敏 」を含む記事

(5件づつ表示されます)

2018-12-27 11:05 | カテゴリ:未分類

65歳ごろから始まった早朝の下半身のしびれ対策には毎日いろいろ工夫している。

 

初期のころは、足の指先などのしびれが主で、このレベルでは、放っていてもしびれは、数分で自然に収まっていた。若いときの大阪湾で遠泳中などに時々経験した冷却や疲労による足指のしびれに似ていた。時々聞かされていた他の高齢者のたまらなく激しい、そこから徐々に脚の各所のしびれに進行していったという話にはあまり興味がなかった。自分の場合は進行しないだろうと、たかをくくっていたのである。

 

それが、さらに数年後には、だんだん足の表の皮膚の温度感覚が低下し、足裏に砂利を踏んでいる感覚の事態に進行した。足裏の皮下に水がたまっており、それが負荷のかけ方であちこちに動くように今でも思われる。しかし足裏を触っても皮下と真皮の間が浮腫のようにぶよぶよではない。

 

次に、足指先から膝まで足全体がしびれる感覚になってきた。足指先のしびれと、くるぶしから下の痙攣の症状は漢方薬の68(芍薬甘草)で少し治癒するような気がする。

 

次第に、早朝に膝下の脚の筋肉のけいれんで目が覚めるようになってきた。これは大声を出したくなるほどのかなりの苦痛を伴う。ひどい場合はいろいろ工夫しても収まるまでに10分ぐらいを要する。一日中筋肉の緊縛後の足が重い違和感が続く。

 

全身MRIを取った神経内科の医者には「脳が誤認してそう感じさせているのです」という分かったようなわからないような回答を得ている。血管内科の超音波検診した医者には、脚の血管が細くはなっていますが特別悪くはありません。3か所通った整形外科の医者はどこも悪くありません、とのご託宣である。どの医者からも「老化」でかたづけられたままである。

 

次に、最近では内股の筋肉の張り裂けるような強直で、目が覚める時が起こるようになってきた。筋肉が鉄管のように強直している。大声でわめきたくなる激痛である。時には車を降りるときや新幹線の座席から立ち上がるときにも起こるので、最近は慎重に慎重に座席から立ち上がっている。時にはせっかくのグリーン車なのに、しょっちゅう立ち上がってトイレのある通路に出て屈伸運動をやっている。座席が低い乗用車や新幹線は実に要注意である。実験室や喫茶店での椅子もしかりである。


福島での放射能調査翌日の早朝、小生は内またの筋肉が3時間ばかり強烈にけいれんを繰り返して、四苦八苦した。やはり往復5時間も常磐線に乗っていたり、車での数時間の調査で上下に揺られて、臀部の神経を圧迫したのがいけないらしく、寝ているうちに、そこの神経がまひして、血流が鈍くなって、筋肉に酸素がいかなくなって、痙攣が起こったものと、自己流に解釈した。

 ある日の早朝、この症状が出てベッドで悶えながら、いろいろ工夫して、臀部の尾てい骨の両サイドに対称形に存在するらしい「ツボ」を強くしごくと、神経なのか、血管なのかが解放されたらしく、瞬く間に足全体がポカポカしてきて、痙攣が収まってくることを発見した。この間たったの10秒!これは小生にとって大発見であった!

 これで今後は痙攣の件はだいじょうぶかな、と思っていたら、そうは問屋が卸さない。ほかの大腿部の筋肉のけいれんが起こった場合は、なかなか的確なツボが見つからない。だから、尾てい骨から臀部に至る左右の一帯を両手の親指でゆっくりさすったりしながらツボを探すことになっているが、あまり効果がない。もッと深部にツボがあるのだろう。

 

以前に病気で入院しているときに、ベッドで寝ているときの脚の血管の血瘤形成防止用にと真っ白な医療用の腰から下の長靴下を履かされたことを思い出して、そういうのを病院店舗で2種類、運動具店で2種類ばかり買っていろいろ試着したら、足は軽く感じられるようになるのだが、いずれも圧力が強すぎて、昼間も着用すると頭がのぼせる感じが出てきたので、危険を感じて結局やめている。そこで最近では、寒さ対策も兼ねて膝から下の男性用の長靴下を一日中履いている。こんなものが男性用にもあるとはうかつにもつい最近まで知らなかった。これはなかなか効果的で、立ち姿でコンピューターに向かっていても軽快で、ベッドに寝ていても、足の引き攣れが格段に減少している。何よりも今までと比べてよく眠れるようになった。

  

 市販の脊柱管狭窄症対策の本など読みあさっているが、どれもこれも、ほとんど役に立たない。手術しても良くならない、ヘタをすると余計に症状が悪化する、という周辺情報も多々あるので、実に要注意である。普遍的な「解」はないのだろう。自助努力でしか「解」はみつからないのかも知れない。

 

     
(森敏)

 

2018-12-19 10:15 | カテゴリ:未分類
スライド4 
 図1.黒金剛 というピーナッツ
 
 
 
スライド1 
 
 図2.中の種子は2粒から4粒に分布している。種子の皮はすぐはがれる。

 

 
 
スライド2
 
図3.種皮は濃い紫色  
 
 
 
 
スライド3  
図4.水抽出で鮮やかな赤ブドウ酒色 
 

    

 

  台湾産の「黒金剛」というピーナッツをおみやげにもらった。網目が顕著な硬い莢を割ってみると、なんと「種」が真っ黒である(図1、図2)。といってもこれは焙煎しているので、力いっぱい莢を開けると、必然的になかの種子の皮が部分的にすぐ剥げる。

          

  最近、小生はリンゴを皮ごと食べている(それのほうが剥いて食べるよりも格段においしいし、消化器の掃除にもいいのではないかと思っている)。なので、このピーナッツ種子を、種皮をむいたものと剥いていないもので、味を比較検討してみた。心なしか、種皮ごと食べるほうがえぐ味が入っておいしい気がした(普段は外国からの輸入品には時として皮に強力な発がん物質であるアフラトキシンが含まれているというので、絶対に種皮ごとは食べないのだが)。

       

  この「黒金剛」の黒い皮があまりに鮮やかだったので、それらを集めて、3角フラスコに入れて水道水で室温に置いたら、すぐに深紫の色素が抽出されてきた。一日冷蔵庫に置いたら、かなり色が濃くなっていた(図3)。濃い赤葡萄酒の色とそっくりである。焙煎しているので種子の液胞が破壊されて、その中にあったはずの色素が、水抽出されてきたものと思われる。

               

  そこであらためてこのピーナッツが封印されていた袋の表示を見たら、漢字と、日本語と、英語で書かれていた。中国語は読めないので、以下の英語と日本語を示します。
 

The ground nut is also coined as peanut. The peanut epidermis is dark black with natural pigment, which can be dissolved in water. Its pods are more reticulated. After being baked, taste of which is delicate, commonly called “black King Kong”. This dark black peanut---rich in proteins and vitamin E---is highly nutritious.

      

ピーナッツはまた長生き豆という別称がある。元々は黒種ピーナッツ。その表皮は真黒って天然メラニンです。黒種ピーナッツの殻は網紋が深くて、炒めてからとても美味しいよ。この名は“黒金剛”である。黒金剛は豊富なたんぱく質、とビタミンEを含み、高栄養成分な食品です。

        

  両者の内容は正確には一致してないことがわかる。正直言って、この日本語文はまともな日本語の使いかたではない。たぶん日本人によるチェックを受けていないと思われる。日本に輸出するつもりがないものなのだろう。この種皮の黒い色素がメラニンということはあり得ない。メラニンは水やすべての有機溶媒に溶けないからである。私見ではこれは、アントシアニンの類で、赤葡萄酒の成分と類似のものと思われる。そうだとすれば、皮ごと食べるのがいいはずである。アントシアニンは抗酸化力が強い活性酸素種(ラジカル)・スカベンジャー(消去剤)であるからである。
   

   その後、上野の「アメ横」で黒金剛を探したのだが、どこにもなかった。この豆は高級品で通販では入手できるということである。黒豆、黒米、がんくいなど、黒色正体は案外同じものかもしれない。
   
     
(森敏)         

 


 




 
2018-12-13 10:19 | カテゴリ:未分類

  確か5年前の20137月ごろから、飯館村の長泥地区には、ゲートが設けられて、関係者以外は入れなくなった。当時それを知らずに小生たちは比曽地区からゲートの直前まで行って、追い返されてU-ターンすることになった。
 
  少し癪に障ったので、ゲート付近の外側の植生の外部被ばく放射能がどれだけ高いのかを確かめるために、ゲートの手前200メートルぐらいの道脇の植物を採取してみた。このつる性の植物は、そこいらの植生に絡みついていたのをはぎ取ってきたものである。当時そこの空間線量は10マイクロシーベルトを超えていた。
   
  この植物のオートラジオグラフは早くから撮像していたのだが、植物名が長らく同定できていなかった。今回若林芳樹さん(株:アスコット)からお知らせ頂いて、ボタンズルということが分かった。


図1.草に絡まっていたボタンズル 
スライド1 
   あちこちの太い黒点と微細な黒点など、外部汚染が認められる。導管と師管が入り組んでいるツルの分岐部などは内部被ばくである(表1)。つぼみにみえる葉芽が全部薄く写っているがこれは全部内部被ばくである(図2)。
 
図2.図1のボタンズルのオートラジオグラフ
スライド2
  つまり、原発は2011年早春に爆発したのだが、2014年春の時点でも、まだこの植物が絡まる放射能汚染草や木からの間接的な放射能二次汚染が続いていたということである。右下の2枚の葉のちいさな点々など、総じて葉の放射能がけた違いに高いことがわかる。(表1
    
 表1.ボタンズルの放射能
ボタンズルjpeg
  
  

     
(森敏)

2018-12-07 11:33 | カテゴリ:未分類

上野の国立博物館の東洋館の一室で中国の斉白石という画家の展示会が開催されている。ありがたいことに70歳以上は無料である。途中から作品の入れ替えがあるということなので期間をおいて2回見学した。掛け軸では、花・木・野菜や池に住む水中生物の実に闊達な農村風景画があった。日本で有名な仙厓和尚の漫画的なユーモラスな筆の人物のタッチの作品がいくつかあった。それでそういう絵ばかり描くのかなと思って順路に沿ってみていったら、ガラス箱の展示に何種類かの昆虫の細密画があった。小生がいつも気にしているジョロウグモも描かれていたので興味を持って覗き込んだ。

   

小さな昆虫のいずれも実物大!での超細密描写なので超絶技巧だ。いったいどんな筆と墨で、こんな細密画が書けるのか想像を絶する。昆虫は全部日本でもおなじみの農村の生き物たちだ。それを原寸大に(!)実に精密に描いている。赤トンボの翅やセミの翅の骨組みなど驚異的な透明感だ。日本人にも白米にお経を百文字書く人物もいるということだから、何も珍しいことではないのかもしれないが、小生には実に珍しくてまじまじと見入ってしまった。

  

写真を撮ってもよさそうだったので、ショーケースのガラスにカメラをくっつけて鑑賞しながら一つずつ部分拡大写真を撮っていたら、係員が来て、ガラスにカメラを置かないでください、と注意された。

 

帰りに1階の出口の土産物店を子細に眺めていたら、なんと斉白石の細密画だけを集めたB4版ぐらいの大きさのハードカバーの写真集がビニールで厳封されて販売されていた。だから中身が見られなかったのだが、超細密画を特別にとらえる鑑賞眼もあるのだなと、なんとなく納得した。

  

以下に示すのは小生が撮影した斉白石の昆虫の超細密画の画像です。著作権侵害にはならないでしょう。

     

斉白石は1864年(明治維新前!)に生まれて、1957年に死亡している。その間1930年に中国では内戦が始まり19494月に中国共産党が樹立している。斉白石は毛沢東や周恩来に高く評価されていたらしいが、幸いなことに約10年続いて1976年に終了した文化大革命の文化芸術に対する中国全土的な紅衛兵による破壊活動を経験していない。真にハッピーだったなあ、と思ったことである。93年も生きているので膨大な作品があるはずだけれど、それが全部無事に文化大革命を経過して破壊や廃棄されずに保存されているとはとても思えないのだが。
     

南画なぞとはちょっと異なった、強くは自己主張しない中国を感じた。

    
 
  スライド1 
 晩年の斉白石

   

   
 スライド6 
  

 スライド7 
 
スライド8 
  
スライド9 
     

スライド10 
     
 
 スライド11


     
スライド12 


     
 
スライド13 

    
 
 
スライド14 


     
 
スライド16  


      
 
スライド17 
 
  
スライド3 
  
 
スライド4 
 
 
スライド5 
 
 
スライド15 
 

 
     
     
      
(森敏)
2018-11-26 15:22 | カテゴリ:未分類
 昨年の今頃、浪江町の林内の腐葉土から生えているモミジの実生を見つけたので、ていねいに抜くと細根を傷つけないで根ごとすっぽりと引き抜けた(図1)。
       
 根にがっしりと絡みつく枯葉をていねいに摘み取って、モミジのほかの組織部位などと比較のために放射性セシウム濃度を測定した。
       
 枯葉はモミジの葉の約20倍の濃度であった(表1)。
          
 根から取り切れていないで絡みついている枯葉の断片が、異常に強く感光していることがわかる(図2、図3)。
     
 モミジの実生はこのように落ち葉から直接可溶性セシウムを吸収しているものと思われる。

        

      


スライド2 
 
 
 
 
スライド3 

 図2。モミジの実生のオートラジオグラフ。根にこびりつく枯葉の破片が強く感光している。
 
 
 

 
スライド4

図3.図2のネガテイブ画像  
 




 
 
 表1. モミジの実生と枯れ落ち葉の放射能
スライド1   
 
    
   
   
 
 (森敏)

 
FC2 Management