2016-04-18 12:40 | カテゴリ:未分類

        九州には熊本の北西110kmに玄海原発が運転停止しており、南90kmに川内原発が再稼働している。一方北東140kmの対岸の愛媛県には伊方原発が運転停止している。

    

        首相官邸と原子力規制委員会が互いにもたれ合って、稼働中の川内原発を「運転停止しない」ための屁理屈を模索している。首相官邸と原子力規制委員会どちらも今後の連鎖地震で川内原発が暴走したときの「刑事責任」をとりたくないがためである。

 

        熊本地震で熊本から北東に走る活断層沿いの地域の人ばかりでなく九州一円の人心が不安に落入っている。こんなときのリスク管理はまず人心を沈めることではないだろうか。次々と地震が発生している最中にも震源の近隣に稼働中の原発があるということだけでも、人々は不安要因を抱えることになっている。

 

        いつどこでどれくらいの規模の地震が発生するかなどの予知などできない。この点では科学は全く無力であることは今日の常識だ。だから原子力規制委員会がどんなに原発が安心安全といっても今では全く信用できない。

 

        菅直人民主党政権は、過去の自民党政権が営々と築き上げてきた原子力平和利用路線の象徴である福島第一原発が、東日本大震災によってメルトダウンした責任をとらされて退陣を余儀なくされた。なんと「対応がまずかった」という非科学的な理由からである。
      
  今では明きらかになっている、すでにメルトダウンしていた原発を、その後のどんなに対応しても、放射能の広域拡散汚染は防ぎようがなかったにもかかわらず、当時はマスコミが大合唱して、そういう「やいのやいの」の無責任な政権追い落としの俗論が通じたのである。

            

        安倍自民党政権も、今回の想定外の地震対策を誤ると、これが「政権崩壊への引き金」になるかもしれない。川内原発をひとまず停止して政権崩壊への連鎖が起こらないようにこの不安要因をあらかじめ取り除いておくことが必要だろう。これは「政治判断」の問題だから。安倍首相には「頑迷」ではなくそれくらいの「柔軟性」を望みたい。原発稼働自体がつねに想定外の大きなリスク要因であることは論を待たない。
       
  蛇足だが、産油国が増産停止で協調できずに石油価格は今後も低下の一方だから、九州電力も発電力の小さな川内原発を今後数ヶ月停止しても大した損益にはならないだろう。 

 
    
(森敏)
追記:この記事を書いた直後に以下のニュースがあった。(4月18日1時50分)
相変わらずですね。これで3つの原発のどれかに異常が起これば「想定外」といって逃げるんでしょうね。
原子力規制員会の工学的発想しかできない連中は、地域住民を人体実験にさらすつもりなのでしょう。
 

規制委員長「川内原発停止不要」 地震で臨時会合

2016418 1329
 
原子力規制委員会の田中俊一委員長は18日、記者会見し、熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震を受け、全国で唯一稼働中の九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)を予防的に停止させる可能性について「安全上の理由ああれば止めなければならないが、今の状況で問題があるとは判断していない」と否定した。

 規制委は同日、臨時会合を開き、九州、中四国地方の4原発に異常がないことを確認。揺れの大きさを示す最大加速度は、九電玄海原発(佐賀県玄海町)の20・3ガルが最も大きく、いずれの原発も原子炉が自動停止する設定値を下回っていたが、地震が続いていることから状況を注視する。

 規制委の情報発信が不十分と批判が出ていることに関し田中委員長は「率直に反省しないといけない」と陳謝した。

 会合では原子力規制庁が、今回活動した布田川・日奈久断層帯に関し、川内1、2号機の新規制基準への適合性審査で、断層の長さ92・7キロ、マグニチュード8・1と想定して地震動を評価したと説明。原発への距離が約90キロと遠く、影響は限定的とした。

 薩摩川内市では14日以降、最大で震度4が観測されたが、原発に伝わった揺れはそれより小さく、九電は安全上影響がないとして発電を継続。政府も「運転を停止する理由はない」(菅義偉官房長官)としている。

 玄海原発、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)、中国電力島根原発(松江市)は、いずれも運転を停止中。核燃料は使用済み燃料プールに移されており、一連の地震で異常は確認されていない。

(共同)

 

 

2016-04-02 07:15 | カテゴリ:未分類

原発が標的だった?察知され変更か 自爆テロ容疑者

ベルギーのテロ事件で、容疑者が原発を狙っていた可能性が出てきました。地元メディアは、テロで自爆した容疑者のバクラウィ兄弟が、事件前にベルギーの原子力開発の責任者が自宅に出入りする様子をビデオカメラで隠し撮りしていたと伝えました。パリの同時テロに関連した当局の家宅捜索でこのビデオが押収され、先月、140人の兵士が原発周辺に配置されたということです。地元メディアは「容疑者は計画が事前に察知されたため、空港や地下鉄の爆破テロに変えた可能性がある」と伝えています。(2016・03・24)ANNNEWS

 

   

  小生の知人で航空機事故の専門家である某氏は、リスク管理の専門家でもあるのだが、従来事故原因として呼称されてきた「ヒューマンエラー」という言葉だけでは最近の航空機事故はくくれないと年賀状で書いてきた。彼は「ヒューマンファクター」という言葉を提唱している。

      

機器の誤作動以外に、いくら厳格なマニュアル通りのトレーニングを受けても無意識のうちに操作を間違って事故が起きる場合の「ヒューマンエラー」と概念を区別して、意図的に事故を起こそうとしている人物に事故が起因する場合は「ヒューマンファクター」と呼ぶべきである、と提唱している。

      

  上記のANNNEWSの <<原発テロ>> は、まさにその範疇の事故に属する。原発労働者の中に全くそんな人物が紛れ込んでいないとだれが断言できるだろうか? 原発労働者の心まで立ち入って管理するのは至難の業であろう。世界に頻発しているように、人生に絶望的な、あるいはストレスで神経が衰弱した、知的レベルの高い若者が、自爆テロを決意して、「原発テロ」に矛先を向けてくることも十分にありうることだと思われる。

      

世界のどこかで、今度は「ヒューマンエラー」ではなく「ヒューマンファクター」による原発メルトダウンが起こされる予感がしてきた。
 
  日本の原子力規制委員会はそんな「人の深層心理」に踏み込んだ規制基準をどこにも設けていないだろう。また規制委員会に属する工学的発想しかできないメンバーにそんな基準を草案できるはずもない。だから現在の原発規制基準をクリアしたからと言って、今後の再稼働原発はぜんぜん安全安心ではないのである。事故はいつも新しいタイプの要因(それこそ「想定外」)に起因して起こるからである。無責任な言い方かもしれないが、次に世界のどこかでおこる原発事故は地震や津波や火山爆発によるものではなく、「ヒューマンファクター」によるものではないか? と小生は予測する。そうならないことを祈る。
         
(森敏)

付記:この記事を書いたあと、4月9日付けの朝日新聞では、「私の視点」という投稿欄(実際は依頼原稿が多そうだが)で、

 

原発どう守る 「フクシマ」テロの可能性

 

というタイトルで NEW YORK TINMES の記事を抄訳で紹介している。

著者はハーバードケネデイ行政大学院ベルファーセンター所長(グレアム・アリソン)、もと米エネルギー省国家核安全保障局副局長(ウイリアム・トビー)。

 

それによると

::(略):: 先月のブリュッセルの攻撃後やっと、ベルギー当局は核施設の従業員の個人情報を調べ、10人ほどの従業員の作業員資格は無効にすべきだと結論づけた。

最低限の対策として、兵器転用できる核物質もしくは、大規模な放射能漏れを引き起こすおそれがある低濃縮核燃料を保有するすべての施設は、武装した警備員が守るべきだ。そして、原発の全従業員の経歴は、雇用前に徹底的に調査すべきだ。

テロリストたちは原発に目を向けている。だからこそわれわれも目を向けなければならない。

 

とある。この記事の趣旨は小生の文章とあまり変わらない。

 

朝日新聞はこの原発部門のテロのリスク管理に関する専門家が日本にはいないと思っているのだろう。原子力規制庁にはぜひ専門官を設置すべきと考える。政府にテロで原発が爆発したときに「想定外」といわせないためにも。

2016-03-10 14:42 | カテゴリ:未分類
  小生らは2013年から関東一円、京都、奈良など、所要の先々で、奇形タンポポの有無の調査をおこなってきました。でもとても人手が足りません。

  これまでの観察結果では、茎が連結して太くなった帯化タンポポは、2-3年目の栄養がたっぷりの土壌から、初期に立ち上がる花茎としてズキューンと気味悪いぐらいの姿で立ち上がってきます。下図は昨年東京で観察された一例ですが、綿毛をつけるまで成長したものです。

 jpeg.jpg
            双頭の奇形

土肥学会奇形タンポポ講演要旨ppt20140909 (3)   
茎がいくつもくっついた典型的な帯化の奇形   
         

  今年もたんぽぽの開花が現在進行形で関東を北上しています。3月6日、文京区の言問通り南面の暖かい石垣の下に栄養不良ですが早くも小さな小さなタンポポの花が1輪咲いていました。
   
  実は東電福島第一原発の放射能の影響でいろいろな植物の奇形が発生しているはずです(チェリノブイリ原発事故ではさまざまな植物の奇形が報告されています)が、それを見る目(観察眼)がないので、一見我々は環境のなかでも植物の異変に対しては、無意識になっていると思います。しかしタンポポの帯化奇形は少し慣れれば、あれば群落の中でも誰でも観察検知できます。

 これまでのタンポポの奇形に関しては以下に示すようにWINEPブログでも開示し、日本土壌肥料学会でも口頭発表しています。そこでこのブログの読者にお願いですが、昨年同様、このタンポポの奇形に御興味がございましたら、ご自宅周辺の空地などを観察していただき、
 

1.奇形発生株数/観察株数

2.奇形の写真

3.観察場所名(GPS表示でも結構です)

等を

winep@bird.ocn.ne.jp
 

あてにご報告いただけないでしょうか? 観察場所の土壌の除染の有無、土壌表面の線量などもお分かりでしたら、付随情報としてご報告いただければありがたいです。
 

  1昨年は6名の方から、報告をいただきました。 XXX株数えたが奇形タンポポは観察されなかった、という情報も貴重です。

どうかよろしくお願いします。

   
 

·         2014/09/20 : 巨大イチゴと巨大タンポポは同じ機作の変異であると思われる

·         2014/06/10 : 読者による奇形タンポポ調査

·         2014/05/27 : 奇形タンポポの異常に高い発生率

·         2014/05/01 : 奇形タンポポ調査への協力のおねがい

·         2014/04/17 : 今年も東京でみられはじめた奇形タンポポ

·         2013/07/27 : ”ひまわる”と奇形タンポポの類似性

·         2013/06/17 : タンポポの不思議 

·         2013/06/02 : (続報)東京の異常タンポポから福島の多様な奇形タンポポ発生の機序を考察する

·         2013/05/26 : タンポポの多様な奇形花房発見!! :植物に対する放射線の影響(II)


 


(森敏)

 

2015-12-17 13:47 | カテゴリ:未分類

去る11月25日に出版されたばかりの「見えない巨人 微生物」 別府輝彦著(べレ出版) を読んだ。あまりに面白すぎて263頁も(B5版)あったのだが一気に徹夜で読んだ。目から鱗、霧が晴れたように読後感が爽快だった。

   

この本は

1.         微生物とは何だろう?

2.         発酵する微生物

3.         病気を起こす微生物

4.         環境の中の微生物

    

の章立てで、多種多様な微生物が、地球環境の中で、人類も含めた生物多様性の維持や、天空から地表さらには地中や深海の生き物と共生して、地球上の物質循環に貢献している必須の生命体であることを、諄々と解き明かしてくれている。個々の微生物が単離・培養できなくても、近年はどこかから取ってきたサンプル(たとえば土壌)からいきなりDNAを抽出してPCRの手法で遺伝子を増幅して塩基配列を直接読むことができるようになった。このように、微生物の動態観察の手法としては、総掛かり的な分類手法を用いることができるようになったので、地球の各地で実に多種多様な微生物の活動の精緻な分析が猛然と行われている。地球創成以来のドラステイックな極限状況に、進化的に適応して、くぐり抜けてきた現今の微生物は、今、現在も!地理的にも時間的にもダイナミックな動きをしており、遺伝子を変異させながら、進化し続けている。

 

と、言うような具合に小生がヘタに解説すると著者に叱られそうなので、以下にこの本の終章の一部の著者自身の文章を無断引用して紹介に替えたい。

 

::::

微生物の生態についての研究はいま新しい時代を迎えています。そこで重要になるのは、微生物がほとんどあらゆる生物との間に張り巡らしている広い意味での共生関係と、集団としての微生物細胞の間で働く遺伝子と化学信号を介するネットワークの拡がりです。微生物はそれによって地球上の全ての高等動植物の生存を支えると同時に、これまで分散して生活していると考えられていた微生物自身も、寄り集まって信号を交わし、さらに遺伝子までやりとりし、代謝を共有しながら環境に適応して、生物の中でもっとも急速に進化し続けていることがわかってきました。:::;;

 

地球という惑星と共生している
 

「見えない巨人」
 

――それが微生物なのです。

  

  

(森敏)

   
付記1:
東大農学部の農芸化学科の微生物学実験は充実していて面白かった。発酵学の工場実習では、サツマイモからの水飴の製造や、トウモロコシからのエタノールの製造などがあった(現在はお金と人手がかかりすぎるのでこの実習は廃止されている)。発酵学研究室の(故)有馬啓教授の発酵学の授業では期末試験のあとで「君の答案用紙見たよ、よく書けていたね」と有馬先生とトイレで並んで小便をしながらほめられたものだった(「優」をもらった)。しかし当時はこの本で著者の別府輝彦先生(有馬教授の次の教授)が展開する縦横無尽な多角的かつ気宇壮大な話はなく、当時台頭する大腸菌を使った分子生物学の紹介の話が多かったように思う。まさしくバイオテクノロジーは日本が得意とする発酵工業から台頭した学問分野であったからである。(有馬先生のことに関しては以前にも少し紹介した

私の履歴書 下村脩(しもむらおさむ) を読む

 

  一方、微生物利用学研究室の山田浩一教授の講義はこの本でも述べられている日本酒、ワイン、ビール、みそ、醤油、納豆、チーズなどの発酵食品、ビタミンC、ビタミンB1、グルタミン酸、イノシン酸、アセトンブタノール、各種の抗生物質(ペニシリン、クロマイ、オーレオマイシン、ストレプトマイシン、ブレオマイシン、ブラストサイジンS、カスガマイシンなど)に使われる菌株の学名の枚挙学(分類学)で、速記がヘタな小生は先生の横文字(ラテン名)を書く速度について行けなかった。先生は情熱的に話されるのだが小生は実に退屈だった。もう少しまじめに学名を覚えておくべきだったとこの本を読みながら後悔している(期末試験は「良」だったと思う)。
    
  現在、東京大学農学生命科学研究科・応用生命工学専攻では、「世界の酒」、「日本の酒」という本などで有名な「お酒博士」である 坂口謹一郎教授(有馬啓教授の前の教授)の発酵学研究室から、次々と教え子や孫弟子たちが分離独立して研究室を構え、応用微生物学、微生物学、酵素学、細胞遺伝学、分子生命工学、分子育種学、生物情報工学などの名前の研究室が精力的に活躍している。実に世界に誇るべき充実した『微生物』研究体制だと思う。
     
付記2:
これを書いていて思い出した。有馬啓先生は、肥料学研究室で4年生の時に卒論生として研究をやったのだが、その時のテーマが「窒素固定」であった。しかし当時の若い有馬先生は「高等植物の根」と「根粒菌」の  <<共生>>  という現象がとても複雑怪奇で、当時の研究方法では明快な答えが出せそうでなかったので『こんなの学問じゃない!』と思って、修士課程からは大腸菌や枯草菌やコウジカビなどの単離微生物を扱っている発酵学研究室(つまり坂口研)に移ったのだそうである。こちらの生物材料のほうが明快な結果が出るはずだと、思ったそうである。だから有馬先生の4年生での担当授業では肥料学研究室(この授業の時代には「植物栄養肥料学研究室」と改名していた)のことをあからさまに軽蔑していた(小生は逆にこの植物栄養肥料学研究室に4年生で卒論から入っていたので、講義を最前列で聞いていた。あまりいい気はしなかった。小生はそのままこの研究室で鍛えられて今日まで来たのだが)。
  ところが皮肉にもこの別府輝彦先生の本では窒素固定をする「根粒菌」と「植物」との <<共生>> 現象が分子・遺伝学のレベルでほぼ解明されたことが、紹介されている。まさに学問は上に向かってスパイラル状に発展するのである。
  付足すると、教科書にも載っていないので、窒素固定の研究者たちにもあまり知られていないようだが、根粒の中にあるニトロゲナーゼ(空気中の窒素を固定してアンモニアにする酵素)の働きを維持するために、細胞内酸素分圧を調整する赤色タンパク質「レグへモグロビン」をまめ科の根粒から単離精製したのは、この肥料学研究室に東大理学部から研究生で来ていた久保秀雄氏なのである。
   
付記3: 
それにしてもこの本には 「うんこ(糞) の半分が腸内細菌」と書かれている。これには心底驚いたなー。今更遅ればせながらも、我が身の「健康維持」に対する考えかたを根本的に変える必要があると思ったことである。
 
追記1:2016年1月31日(日)の朝日新聞の読書欄にこの本の類書である
『微生物が地球を作った』P・G・フォーコウスキー著
『生物界を作った微生物』 N・P・マネー著
が島田雅彦・作家・法政大学教授によって紹介されているが、この別府先生の名著が紹介されていない。相変わらずの拝外主義だね。
追記2:NHKで、以下の川柳の紹介があった。
 
    
おれよりも役に立ってる微生物

  

2015-12-11 07:28 | カテゴリ:未分類

「東京ビッグサイト」(ゆりかもめ線 東京国際展示場正門駅下車)で「エコプロダクト2015」が開催されている。

    

名刺を2枚持って行って、簡単なアンケートに応えれば参加費は無料である。2015年12月10日-12日まで開催されている。行くべし!

   

大学人も研究室にばかり閉じこもらずに、こういうところにも出かけて、ほかの分野の企業の研究者が、どういうアイデアでエコ製品開発に取り組んでいるのか、見聞を広げるといいと思う。例年参加しているのだが、小生には見るもの聞くものがむちゃくちゃ面白かった。環境に優しい産業が金儲けになる時代が来るといいと思ったことである。これこそが「環境経済学」が目指す所であろうと思う。

 

この展示会のコンセプトは「わが国が世界第5位のCO排出国である」という認識のもとにあらゆる側面からCO排出削減に関わる、ハードとソフトの開発することである。経産省と環境省が後援しているようだ。

 

会場を巡るとこれまで環境経済学者が提示してきたCOやNOやSOxの発生の産業連関表の逆ベクトルとして「CO2削減の産業連関表」が描けるように思ったことである。

   

(森敏)

付記1:まだ今日も明日も開催しています。
追記2:環境経済事業(利益を追求する事業により環境が改善される事業)とはなんぞやということをいろいろ考えさせられました。いろいろなNPOの人たちと対話しました。
「ふるさと納税制度」を大いに活用して、大都市納税者に地域の特産物を購入してもらう運動をもっともっと起こしたらいいと思ったことです。大都市の消費者は同じ税金を支払うなら、どこかで目に見えるかたちで地域での環境修復や環境に優しい地場産業が振興することに貢献したいと思っていることは間違いないですから。
    
追記1:展示会場で、これは、と思うパンフレットを集めていたら、50部ばかりになった。その後、時々それらを暇つぶしに読んでいるのだが、これがなかなか面白い。各社ともわかりやすく、けっこう気合いを入れて図入りで書かれているのが多いので、省エネや再生エネルギーなどの最新技術動向の情報源として、勉強にになりそうだ。

FC2 Management