FC2ブログ
2018-10-17 11:42 | カテゴリ:未分類
   2011年以来小生たちはジョロウグモを、継続的に調査している。
  
  
  図5は以前にもWINEPブログで示したもので、すでに論文でも発表している。
   
  川俣町や飯館村と浪江町のさまざまな地域の2-8匹の平均値である。
    
  図6はここで初めて発表する2016年と2017年のもので、主として、浪江町と双葉町の避難困難区域のものである。
 
両地区のまだ除染が進んでいない場所のものである。
    
       
  さすがに半減期の短いAg110mは図5では検出されなくなっているが、
      
いまだに半減期の短いCs-134は検出されており、
     
半減期の長いCs-137は依然として高濃度に検出されていることがわかる。
   

  図3と図4は、図5に示す2016年のジョロウグモの一部のオートラジオグラフの像である。

ジョロウグモの卵をはらんでいる個体は、乾燥が不可能で、押すと中身が出てきてつぶれて、形状が壊れている。
 
そもそもクモの8本の足を平面に押すことが不可能であるので、足がばらばらに壊れているものが多い。
 
汚染の強弱があるが、すべてのジョロウグモが汚染していることがあきらかである。
  

 
 

 
スライド1 
 
図1. 双葉町でのジョロウグモ
 

スライド2 
 図2.オートラジオグラフ撮像用に乾燥して押しつぶしたジョロウグモ。
 
  
 
スライド3 
 
 図3.図2のオートラジオグラフ。
 
  
スライド4 
  
 図4.図3のネガテイブ画像
 
   
   
 

 
 
 スライド5    

図5. ジョロウグモの放射性銀と放射性セシウムの放射能(ベクレル/乾物重 )
 
   
   
  
 
 
 ジョロウグモjpeg2016-2017 
 図6.ジョロウグモの放射性セシウムの放射能(ベクレル/乾物重) 
 
 
 
 
 
 
2018-10-12 14:55 | カテゴリ:未分類
コウノトリはぐくむお米jpeg 
コウノトリ育むお米 有機米

Organic Healthy+Beauty +Ecology の表示

 

 


     

千葉の「幕張メッセ」で農業EXPOが本日までおこなわれている。(1010-12日)

「国際ガーデンEXPO,

「農業資材EXPO,

「次世代農業EXPO,

「6次産業化EXPO,

「道工具作業用品EXPO

に加えて、今年は大々的にブースを広げて

「日本の食品輸出EXPO」(ここだけで主催者によれば600社10000商品とのこと)が併設して開催されていた。

 

すぐには実用化を必ずしも期待されていない大学の研究紹介と異なり、すでに商品化されていたり、これからの商品としての可能性を探る試供品が、多数展示されていた。多くは中小企業の人たちの取り組みで、実に真剣な熱気が感じられた。小生はこのイベントに毎年参加して勉強させてもらっているので、今年も新しい企画や商品だけに興味を絞って、各所の展示ブースに立ち寄ったのだが、どのブースでも、うっかり立ち寄ると、熱心な説明員の売り込みに応答して多少の議論をしなければならないので、たえず気圧され気味であった。
 
  あまりにもブースの数が多すぎて、とても回り切れなくて、2日間だけでドット疲れた。ただし、「日本の食品輸出EXPO」の展示では、600もあるほほ半数のブースで、試食や試飲が出来たので、生来食い意地の張った小生にとってはとても楽しかったのだが。ここの商品は輸出狙いなので英語や中国語でのラベルが多く、会場はアジア系外国人バイヤーでごった返していた。

    

ところで、小生の一番の興味はどこかの業者が「米パン」を学校給食に採用する取り組みがないかであった。先日見たばかりのテレビでは、お茶碗に盛った “白いご飯”と並べて“小麦粉パン”を学校給食で児童に出してみると、およそ7割が、パンを選んだということであった。その理由として、ご飯は残すと先生に叱られる、食器を洗う手間がわずらわしい、などなど。それにくらべてパンなら完食できる、というような児童の感想が紹介されていた。

 

そこで子供たちにお米をどんどん食べてもらうためには、どうすればいいのだろうか? と考えた。「米パン」や「米あんパン」や「サンドイッチ米パン」を提供することが考えられる。そこで展示会場で大企業の小麦の製粉メーカーや、米粉メーカーや、米パンメーカーに、いろんな角度から質問を投げかけてみると、おおよそ以下のことが分かった。

 

 10年ほど前から学校給食にお米を取り入れることは文科省で薦められて普及しているが、使用量は頭打ちかむしろ低下傾向にある。「米パン」はもちもち感があることと、冷えると固くなるので、給食の時間のタイミングに合わせるのがむつかしい。日本ではパンのイメージが大略 “ふわふわ感” があるべきだと子供たちの頭に刷り込まれているようなので、冷えた「米パン」は、「これはパンではない」、という違和感があるのではないか。「米パン」にすると、現時点では国産のお米の原価が小麦の2倍である、。「米あんパン」などにすると子供達は食べるかもしれないが、さらに値段がかさむ。一食300円弱の学校給食で決められている値段ではほかの栄養成分のおかずなどに影響が出るので、とてもむつかしいだろう。

 

などと供給側は「米パン」で学校給食に食い込むのは実に消極的で、製品化する前にほぼ断念を強いられているようである。できない理由ばかり聞かされた。

    

それでも、米麺(べいめん)を細切りにしてサラダで提供したり、月に一食は地産地消農産物を採用すべきであるという自治体の規則で、辛くも週にいっぺんは米飯にしているところもある。というぐあいであった。

 

義務教育での「食育」は単に「栄養と健康」に関する知識ばかりでなく、当たり前のことだが、食べ物の生産と環境問題が切っても切れない関係にあることも教えるきっかけにすべきものである。お米の生産現場である水田の多面的機能(洪水時の貯水機能、景観保持機能、生物多様性の保持機能などなど)を環境問題として、しっかり教育すべきなのである。日本ではお米の生産は国土保全に必須である。だから子供のときからお米をおいしく、おなか一杯に食べてもらうことが必要である。

 

少子化の日本の次世代への教育投資は、今や喫緊の課題である。子供の健康な体を作り、環境問題に貢献する「お米食」はもっと強く推し進めるべきだと思う。それが限界にきているのなら、子供達が食べやすい「米パン食」 さらには「サンドイッチ米パン食」 などを学校給食用に開発すべきであろう。多少とも費用が掛かっても、次世代の育成と環境保全のためには実に安い投資だと思う。

   

正確な記憶でないのだが、今回文科省は学校の地震に危険なブロック塀除去対策に60億円、夏の高温の教室のクーラー対策に800億円を補正予算で計上したと、たしかテレビで報じられていた。

    

文部科学省の調査(2014年5月1日現在)で全国平均の学校給食費の個人負担の月額は、公立小学校高学年で4277円(1食あたり246円)、中学校4882円(同286円)ということである。これにあと毎食50円ぐらい国が負担すれば「サンドイッチ米パン」をつくることはさほど困難ではないだろうか? これだとおかずを米と共に摂取するので、一挙両得ではないだろうか? 
      
 
というようなことをつらつら帰りの東京駅まで40分ばかりかかる京葉線の鈍行のなかで夢見心地で考えていた。  


 (森敏)

2018-10-05 20:48 | カテゴリ:未分類

 プレゼンテーション1車いす運動jpeg         
車いすの運動(NHKラジオ体操 からのぱくり)
   
   
    
   NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」では、薩摩藩家老の小松帯刀( こまつたてわき )の家で、薩摩藩と長州藩の薩長連合の合意が結ばれた。坂本竜馬の立ち合いで薩摩の西郷隆盛と長州の木戸孝允による。ドラマを見ていて、帯刀(たてわき)という名の友人を思い出した。この友人の両親はなぜこの名前を彼に付けたのだろうかと、前々から不思議に思っていたのだが、帯刀君本人に聞いたことが無い。聞いたのかもしれないがいまの小生には記憶にない。父親が薩摩の生まれなのかもしれない。彼の結婚式の時に帯刀にかこつけた和歌で祝電を打った記憶がある。文面は忘れたが。

 

  帯刀君は幼少の時に伊豆を襲った狩野川台風の時に修善寺に住んでいて、狩野川が大氾濫して、大洪水に実家が見舞われて、狩野川の濁流に家ごと流されたのだが、偶然流れてきた丸太に必死で捕まって、そのまま駿河湾沖合まで持って行かれたが、自衛隊に無事救助された、という、なかなかの強運の持ち主である。その時彼の両親などがどうなったのか、聞いたのかもしれないが、これまたいまでは小生の記憶にない。

 

  帯刀君本人は大人(たいじん)の風格で、あまり物事に動じない。坂本竜馬が初対面の時の西郷隆盛を称して『大きく打てば大きく響き、小さく打てば小さく響く』という太鼓に例えてその人物の大きさに圧倒されたという話が司馬遼太郎の本に書かれていた。帯刀君はそのような風格があるおっとりとした人物である。牽強付会かもしれないが、だから彼は洪水からも助かったのかもしれない。

 

  小生は、最近、腰から下がいわゆるロコモテイブ症候群で、このままいくと、車いす生活になるだろうという恐怖を抱えて生活している。
 
  これに関してだが、最近老人たちが優先的に(というと語弊があるが)大雨洪水警報にもかかわらずたかをくくっていて、ダムの放水やがけ崩れで逃げ遅れて、自宅の2階の階段を昇れずに,圧死したり溺死していると報じられている。実に痛ましいことだ。そこで思ったのだが、足腰が弱っていて立ちあがれなくても、上半身を常日頃から鍛えておれば、両手と背筋力で、手すりにつかまりながらでも何とか必死で階段を這い上がってでも2階に行くことが可能な場合もあったのではないか? 少なくとも首から上が水面から出ていれば息ができてただろうから。
 
  これはばかげた妄想だろうか? 小生は小学校の2年生の時に芦屋の浜でおぼれた経験があるので、そのときの息苦しさは今でも忘れられない。

 

  NHKのラジオ体操でも下半身が車椅子の人の体操が必ず健常者の場合と並行してなされている。これまでは車いすのほうの女性の体操はあまり気にしていなかったのだが、この車椅子体操は結構重要なことなのだと改めて見直している。今の筋肉をほぐすラジオ体操に加えるに、車椅子体操にはバーベルとかエキスパンダーとかの筋力あっぷの体操も加えればいいと思う。
 
  つまり今日の日本の治山治水では近年の異常気象にはぜったい勝てないのでロコモテイブシンドロームの高齢者は、災害時に備える常日頃からの自助努力(体操)が必要である。帯刀君の場合のように洪水のときに丸太につかまって浮いているぐらいの腕力と背筋力がほしいものだ。

 
(森敏)

2018-09-30 04:38 | カテゴリ:未分類
  双葉町のさる公園内は、人の出入りがないので、雑草が繁殖して、やぶだらけだったが、ところどころに茎の先端が奇妙に美的にくるくる巻いている植物があった。(図1、図2)。
        
  同定できなかったので、いつものように、オートラジオグラフを撮像した後に、若林芳樹さん(株・アスコット社長)に写真を送って同定していただいたところ、漢方で有名な胃腸薬の原料であるゲンノショウコということであった。
      
  ネット上でのwikipediaの解説では、ゲンノショウコは、縦長のさく果が裂開して、種を飛ばすと、果柄を立てたさまがみこしのように見える(図2)ことから、ミコシグサともよばれることもあるとか。
        
  種子が取れなかったのだが、花器・つる・葉の放射性セシウムは驚異的に高かった(図3、図4、表1)。元素分析をしたわけではないが、ゲンノショウコは漢方薬としてカリウム含量が高く、それにつれて同族のセシウム含量も高いのかもしれない。天然の有機セシウム化合物みたいなものが見つかるかもしれない。
    
  漢方薬業者は関東一円の放射能汚染地域の野草のゲンノショウコをやたらに漢方薬用に採取するのは、やめた方がいいだろう。小生のこれまでの放射測定経験からすると、漢方は乾燥したり煎じて使用するので、乾物重単位で放射能を表示すると、生重あたりの10倍以上の高い放射能濃度になるので、食品基準をクリアできないものがいまだに多く存在するのではないかと思う。
       
  漢方の雑草の放射能の危険性に関しては下記のブログで早くから警告した。(クリックしてください)
        
なんと漢方生薬からも!  
ドクダミの放射能汚染について
 
 


 

スライド2 
 図1 根からほりあげたが途中から根が切れたゲンノショウコ
 
 
 
スライド3 
図2.図1の部分拡大図。ゲンノショウコの花器。炸果が開裂した様







  
スライド4 
 
図3. 図1のオートラジオグラフ
 
スライド5 
 
 図4 図3のネガテイブ画像
    
 
花器ゲンノショウコjpeg 

図5.図2に対応する、図4(花器)の部分拡大ネガテイブ画像

  
   
       
   
表1.ゲンノショウコの放射能

スライド1 
   
 
 
 
 

(森敏)
2018-09-26 10:29 | カテゴリ:未分類

スライド1      
 図1.軽井沢発地市庭(かるいざわほっちいちば)の建物の入り口

 
スライド2 hocchi
 図2.発地市場のバス停からは浅間山がよく見える

 
スライド3 
図3.軽井沢界隈ではクマが出没するとのこと
  
      
JR軽井沢駅からは30分に1本しか発車しない「市営バス」で行くところなので、軽井沢発地市庭(かるいざわほっちいちば)(図1)は観光客にとってはとても不便なところにある。

    

      しかしここは軽井沢市がとても気合いを入れている「道の駅」なみの、朝採りの新鮮な農産物の生産者市場なので、なかなか面白い。全般に農水省が薦める六次産業の自家製加工品も多い。

       

      そこで、ここでしか得られないわけではないが、面白そうな農産物を買って東京の自宅に宅急便で送った。中身は、高原の花豆・山栗と花豆・イチジクのグラッセ(ラム酒風味甘露付け)・有機野菜ビーツジャム・リンゴジャム・ルバーブジャム・ももジャム・キウイジャム・軽井沢ビーフカレー・食用ほおずき・フルーツゴーヤ・ハックルベリー(ブドウ)などなどである。

    

      気温が30度以上の暑さなのに、宅急便業者が「クール便にしますか?」というのをつい聞き流してしまい「普通便でいいです」と配達を頼んだら、2日後に自宅に着いた時にはフルーツゴーヤはグズグズに自己消化しており、食用ほおずきも半分は腐りかけていた。
     
  ハックルベリーは皮が固いためか、まだ十分にいけそうだったのだが一口かじったら苦いので、「うーん!」とうなってしまった。前に同じ1kgプラスチック容器でおいしいブルーベリーをいただいたことがあったので、同じものだとすればずいぶん安すぎるぐらいのものだと、てっきり勘違いして衝動買いしたのがいけなかった。容器のなかに「ハックルベリージャムの作り方」というマニュアルが入っていたので初めてこのベリーは生食用ではないものだということを知った。

    

      これを捨てるわけにはいかないので、本気でジャムを作ることにした。

1.         ステンレスナベにハックルベリーとザラメの砂糖をいれてへらでつぶしながらかき混ぜて一昼夜冷蔵庫放置した(1時間室温放置でもいいのだが、ここまでしか作業時間がなかったので)。実際には皮がかたくてへらが滑るので10%もつぶしきれなかった。

2.         レモン汁(1個分)を加えてかき混ぜ、とろ火でトロっとするまで約2時間煮詰めた。煮詰めながらもへらでベリーをつぶし続けたのだが、半分もつぶしきれなかった。

3.         自家製ヨーグルトに使っている500mL用ガラス瓶と蓋を熱湯でよく殺菌して(この作業はカスピ海ヨーグルトを作るときと同じでお手の物である)、そこに火からおろしたばかりのジャムをいれて、直ちに蓋をして、ビンをさかさまにして放置した。冷ましてできあがり。
   

      マニュアルには、「あく抜き」などややこしいことが書かれていたが、わざわざ天然の成分を捨てる必要はないと思ってこの作業はしなかった。もしかしたら、あくの中には有毒物質 ”ソラニン“ が含まれているのかもしれないが、一気に食べるものでもないので、気にしないことにした。
 
      試しにヨーグルトにかけて食べたが(図4)、なかなかの天然の味覚だった。市販のジャムには必ずペクチンが増粘性物質として添加されているのだが、今回はベリー成分のみなので、皮と微細な粒粒の種子(?)が絶妙なテクスチャーであった(自画自賛か?)


スライド2 
図4.ヨーグルトにトッピングした自家製ハックルベリージャム


       
  軽井沢駅から10キロのここまでくると浅間山の全景がよく見える(図2)。以前はここら辺をよく散歩したのだが、近年はクマが出る(図3)というクマ出没を示す観光マップが氾濫しており、駅前の観光案内嬢も「山だからクマが出るのは当たり前でしょう」と今年はこれまでと違ったシレッとした対応になっていた。クマが出る警告はバスの便が不便であることとともに、旧軽井沢通りに大挙して押しかけている中国人・韓国人・モスレム系外国人観光客などには、一歩先の一番番安い新鮮な地元の農産物が買える「発地市庭」にまでわざわざ足を運んでもらうのは無理だろうと思ったことである。

    
   
   
(森敏)
付記:
以下の熊の各種の動画を見たら誰でも震えあがるだろう。
  
http://ha-navi.com/clm-028