FC2ブログ
2018-11-15 13:05 | カテゴリ:未分類

          一日10000歩のノルマの散歩を兼ねて、文京区の春日町交差点から白山通りをまっすぐ皇居のお堀に向かって下って、神保町交差点の岩波ホールに出かけた。平日なので観客はわずかに40人ほどで、男女半々であった。

      

悠久に流れる大河ガンジス沿岸のヴァナラシ地区は、インドの聖地であり、年に一度の祭日には200万人もの人々が全国から集まるという。インド人の誰もがここで人生の終焉を迎え、ガンジス河に灰を流されたいと願っていると、幾久しく聞いていたので、この映画には興味があった。

   

小生と同様に、「きっと人生の終活の参考になるものがあるのではないか」と、この映画を見に来る人は期待しているのだろうと思ったのだが 、岩波ホールの観客の女性たちは暗闇では結構若く見えた(だけなのか?)のは意外だった。

 

映画では、ある日、家族で食事しているときに、普段から頑固なおじいさんが、突然、「ヴァナラシに行く」と宣言した。これはそろそろ死期を悟ったという宣言である。そして自宅から120キロメートル以上離れた、実に狭いみじめったらしいヴァナラシ沿岸のホテルに到着して、滞在を予約した。15日間以内の短期滞在で、大体の人は解脱(字幕の訳文だが、昇天するの意味らしい)するので、まず最初は15日しか滞在契約できない。主人公のおじいさんは残念ながら滞在期間15日以内ではまだ解脱できずに、その後延長して(何日後かは不明であったが)解脱した。その遺体をきれいに修飾して、家族が神輿に担いで、次第に祝福する気持ちにこころが転換して、手拍子で歌いながら、沿岸の火葬場にもっていく、というところで、この映画は終わっている。

 

また、映画では、おじいさんを心配してついてきて一緒にホテルに宿泊している最愛の息子が「なぜ死期が近づいたと思ったの?」という疑問を投げかけると、おじいさんは「人生に疲れたんだよ。何もかもいやになったんだ。もうどうでもよくなっちゃったんだ」というようなことを、言っていた。若干27歳のこの映画の監督にとっては、これくらいの陳腐な言葉しか思い浮かばなかったのかもしれないが、もう少し気の利いた言葉はないのかね、と少し物足りないと思ったことである。

 

  しかし、わが事を思い起こしてみると、小生の親父も死に際に、ベッドの横にいる小生に対して「もうええがや。。」と土佐弁でつぶやいたので、びっくりしたことがある。最後には「生きる気力が失せる」、ということなのだろうか。そうだとするとこの映画のおじいさんのつぶやきは案外「正解」なのかもしれない。

     
     

(森敏)

付記1:実は20年以上前に、この聖地ヴァナラシの近郊にある  Banaras Hindu Universityという伝統のある大学から、Dr. Klyan Singh教授をたびたび小生の研究室に招聘していた。彼からは、一度Banaras Hindu Universityを訪問してほしいと何度も頼まれていた。しかし、別件でハイデラバードのICRISATInternational Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics国連機構)を一度だけ訪れた時に、ニューデリーとムンバイの市中の「排気ガス」と「聖牛の糞」と「リキシャー」の喧騒には辟易した。なので、彼には悪かったが、それ以来インドには行く気がしないままである。当時はこの大学では軍隊を雇した学内権力闘争が激しかったと聞いていたのだが、いまはこの大学も落ち着いて優秀な人材を輩出していることだろう。インドが世界第1の人口を有する、真の経済大国として日本や中国を抜いて君臨する日もそう遠くはないと思う。

          

付記2:この映画では、ヴァナラシ滞在中に、幸い本人の希望通りに一度死にそうになったおじいさんが、ベッドで「ガンジス河の水が飲みたい」と言ったので、付き添いの息子がわざわざ河岸にコップで水を汲みに行き、その水を飲ませるシーンがある。ヴァナラシ沿岸では、死体が流れたり、洗濯したり、多くの人が沐浴したりして大小便をしていると思われるので、不衛生極まりない。だが、コレラやペストや赤痢やO-157などへの耐性(これらの毒素の分解能)が彼らの腸内細菌には遺伝子の水平伝播で獲得されているので、この「死に水」の場面も許されるのかな・・・・・.などと、俗物的なことばかり気になった。こんなことでは、小生はまだまだ「解脱」には程遠いということかもしれない。

2018-11-12 06:26 | カテゴリ:未分類

  以下の2か月前の記事のように、時々北朝鮮政府は外国の重要人物にマッタケを贈ります。たしか、小泉純一郎首相訪朝の時もマッタケが何トンか送られましたよね。何故だと思いますか? 
 
  それは北朝鮮にはマッタケしか高価な贈答食品がないからです。

  韓国も北朝鮮も壮絶な朝鮮戦争で無数の爆弾が投下されて山がはげ山になりました。戦後北朝鮮では人民に暖房や飯炊きの熱源がないために、さらに焼け残った山林を伐採しました。そのために山に有機物がなくなり、照葉樹林などの豊かな腐葉土を形成する樹種がなかなか育たなく、貧栄養でも育つ「松」のみのモノカルチャーになりました。
 
  松の樹の根系には
菌根菌がまつわり寄生していて、朝鮮半島の屋台骨を形成している貧栄養の花崗岩の山には希少なリン酸をその菌根菌の菌糸が吸収濃縮して松が成長しているからです。ですから韓国の山でその松の木に寄生するマッタケ栽培が盛んなところは、実に一見風光明媚です。その山は厳格に国によって管理されていて、入山して木を切ろうものなら即「死刑!」だと聞かされました。
 
  経済力がないために治山治水が十分ではなく毎年のごとく山崩れや洪水が発生しています。もちろん餓死も。日本でも山崩れは最近の異常気象で頻繁になりましたが、北朝鮮では普段から起こっていることらしくあちこちに露出した山肌が散見されました。砂防ダム建設など治山治水の経済力がないからだと現地の技術者が嘆いておりました。
 

  我々日本人は太平洋上で発生した台風がその進路で日本をよけて、朝鮮半島や中国に向かったら、胸をなでおろします。が、朝鮮半島でどのような被害が発生しているかほとんどマスコミが伝えませんので、日本国民の興味の対象外です。ましてや北朝鮮の悲惨な映像は、世界に発信されません。
   

――――――――――――――

北朝鮮キム委員長 韓国に2トンのまつたけ贈る

16:41

韓国大統領府は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の北朝鮮訪問に合わせて、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長から、およそ2トンのまつたけが贈られ、20日午前、韓国に到着したと発表しました。

このまつたけは、来週の「チュソク」と呼ばれる旧暦のお盆までに、朝鮮戦争などで南北で離れ離れとなった離散家族のうち、高齢の4000人に500グラムずつ配られることになっています。

まつたけには、「北の山河の香りが感じられるまつたけが、肉親を思う離散家族の皆さんにとって少しでも慰めとなってほしい」とのムン大統領のメッセージが添えられるということです。

北朝鮮は、2000年にキム・デジュン(金大中)大統領、2007年にノ・ムヒョン(盧武鉉)大統領が訪朝した際にも、韓国側にまつたけを贈っています。


 
(森敏)
追記:今月号の文芸春秋には、11ページにわたって1953年板門店での休戦協定時に通訳として参加した、ジョージ・フラー氏による南北朝鮮半島の、コダ・クローム(ASA10)フイルムに撮影された鮮明な写真が、山本晧一氏によって掲載されている。この写真をつぶさに見ると、南北朝鮮を問わず、終戦直後の朝鮮半島の花崗岩の山並みの木、がことごとく地肌を見せてぱらぱらであることがわかる。薪炭用の過酷な伐採や猛烈な空襲による山林火災の故であろう。
 私的記憶では、終戦後の芦屋市の裏山の六甲山(全山花崗岩!)も、こんな状態であった。

 


2018-11-08 10:02 | カテゴリ:未分類

 おつりjpeg     
いつも立ち寄っているスーパーに、今日はいつもと違う若い女性がレジ打ちしていた。マレーシア系の外国人だ。

   

      1000円札で消費税込みの322円の食べ物を買った。

    

      「ありがとうございました!」といって、お釣りに 500円硬貨1枚、50円硬貨1枚、10円硬貨2枚、5円硬貨1枚、1円硬貨3枚を渡された。これでは678円のはずのお釣りには100円硬貨一枚が足りない。

    

      ちょっと危ういなと思っていたら、案の定だ。「100円硬貨が一枚たりないよ」と伝えたら、小生の手の中のお金をきょとんとして数えなおして、50円硬貨を一枚追加してきた。「これではあと50円玉一枚が必要だよ」と伝えると。怪訝な顔をして、もう一度考え直して、「すみません!」と50円玉を1枚追加してくれた。

    

      50円玉と5円玉は穴が開いており、ほぼ直径が同じで色も似ており見分けにくい。100円玉と10円玉は直径が同じである。6種類の日本の硬貨を、在住期間の短い外国人には、なかなか瞬時には見分けがつきにくいんだろうと、同情した。

    

      「がんばってね!」と可愛い子ちゃんを激励しておいた。

    

   
(森敏)
2018-11-02 21:18 | カテゴリ:未分類

以下、さる学会中での昼食での雑談の一部です。

  

MS:なんだかあちこちとんがった世の中になって、人々のこころに余裕がなくなってきたように思うがどうかね。

 

MK:この世の中、知能指数(I Q: intelligent quotient)の高いと称する人間がやることが、日本ばかりでなく世界を破滅に向かわせているのではないか?

 

MS:そうだね。人物評価の基準に使われる I Q って、ごくごく人間の一側面しか見ていない。国が破滅に向かわないためには、ほかの適切な人物評価の基準が必要だよね。

 

MK:I Q の対極に E Q ってのが提唱されているよ。これは emotional quotient の略だ。感性とか情緒とか、心とか、もやもやとしたわけのわからないものをはかる基準だ。

 

MS: それはいいね! E Q E emotional よりも elegant の方が僕にはぴったりくる。美意識とか、審美眼とでもいおうか。プラトンやダビンチやゲーテは極めて古典的な意味で古くから I Q E Q を統一的に体現した人物とみなされてきたといえるんじゃないか?

 

MK:科学論文の評価もギシギシと論理的に組み上げたデジタル情報の集積した起承転結のメリハリのついた論文を評価する一方、また違った基準の評価が必要になっていると近頃は強く思うね。「それは美しいか?」だ。

 

MS:研究者にとっては、まず対象を研究すること自体が「面白い」というところから出発しているのだろうけれど、面白いという心の深層には、美しさの法則性を見つけたいという、欲求があるんじゃないだろうか? 天・地・人は美しいはずだ、という期待があるんではないか。この点では科学も芸術も基準は同じなのではないか。

 

MK: 話がいきなり飛ぶけれど、 I Q E Q のほかに、Q が付く言葉から 阿Q って言葉を連想したよ。魯迅の「阿Q正伝」からだ。主人公の 阿Qの 認識の構造パターンは、自分がいくら揶揄(やゆ)されていても、いくら貶(おとしめ)められていても、そうとは考えずに、常に自分は正しく、いつも自分が褒(ほ)められているのだ、と、感情のベクトル変換をする人物なんだ。最後は市中引き回しの刑をうけ、銃殺処刑されるのだが。こういう自己中の人物が一番付き合いにくいよね。頑迷固陋(がんめいころう)の老人は自意識過剰でそうならないように自戒すべきだ。

 

MS: いや若者こそがそうならないように警戒すべきなんだ。オリンピックとかで、やたらに「ニッポン、ニッポン」と元気な日本をあおる若者には辟易するね。

 

MK: 日本国家予算の負債が1000兆円と年関予算の10倍という全くの大赤字で、どこにも余裕がないはずなのになのに、外交で世界中に金をばらまいたり、要らない高額の戦闘機や迎撃ミサイルを買ったり、なんなんだろうねこの国は。しかもそれを未来を担う若者が批判しない。

 

MS: いや君、今気が付いたんだが、おたがい、若者を批判し始めたら、老害の始まりだよ。紀元前のエジプトの粘土板ロゼッタストーンにもそういう文章が書かれていたというじゃないか。お互い年取ったね!

  
 
 
追記:この記事ののちに、なんと、ノーベル賞選考委員会の委員長が下記の記事にあるように授賞者「本庶佑」の研究を「美しい研究」という表現で評価している。さすがに彼女は真のサイエンスがなんたるかがわかる本物だね。

本庶さんの研究は「基礎研究の美しい事例」 ノーベル賞の選考委員長が語る

「がん治療において新たな分野を切り開いた」

本庶さんの研究は「基礎研究の美しい事例」 選考委員長

 ノーベル医学生理学賞選考委員長で、スウェーデン・カロリンスカ医科大教授のアンナ・ベデルさん(56)が7日、朝日新聞の単独取材に応じた。10日(日本時間11日未明)に授賞式を控える京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)の研究について「がん治療において新たな分野を切り開いた」と語った。

 ベデルさんの専門は遺伝医学。2013年から正式な選考委員となり、16年から委員長を務めている。

 ベデルさんは「がんを直接攻撃するのではなく、免疫の力を『解き放つ』という新しい治療法。従来とは概念がまったく違う」と指摘。「結果はドラマチック。厳しい病状だったが、この治療法で生き延びた患者もいる」「まだ日が浅い分野ではあるが、臨床試験では明白なエビデンス(科学的根拠)が出ている」と話した。

 本庶さんと米国のジェームズ・アリソンさんが共同受賞する業績は、がん治療に関する研究。医学生理学賞が、がん治療を対象とするのは約50年ぶりだ。

 共同受賞については「二つの研究はまったく独立していた」と説明。アリソンさんは、免疫にかかわる分子を治療に使う、というアイデアを生み出した。一方、本庶さんは別の分子を発見し、その役割を解明しようと挑んだ結果、新たな治療にたどり着いた。「(本庶さんの研究は)基礎研究が予想していなかった臨床医療でのインパクトにつながるという美しい事例だ」と評価した。

 ベデルさんが委員長を務めた3年間で、2016年に東京工業大栄誉教授の大隅良典さん、今年は本庶さんが選ばれた。「日本には多くのすばらしい研究者がいる。長期にわたって基礎研究を支援してきたことが大きい」と話した。(ストックホルム=合田禄)

(朝日新聞デジタル 20181210 0515分)

2018-10-26 06:23 | カテゴリ:未分類
 

 前回のブログでは、過去の2011年から2017年までの、ジョロウグモの放射能を紹介した。
    
  その時は、直近の10月に2回福島の浪江町と双葉町で採取した27匹のジョロウグモと偶然見つけた1匹のコガネグモを、まだ測定中であったので、今回はその測定結果を紹介する。
     
  今回は福島調査の直前に襲った台風21号と24号のためか、クモの巣が破れて例年よりもクモは激減していた。
じょろうぐもjpeg 
1匹ずつU8カップに捕獲したジョロウグモ
       
  上図のようにGe半導体測定容器U8カップに1匹ずつ採取してきた(1匹ずつでないと必ずジョロウグモでは共食いの激しいあら争いが起こる!)ものを、大学で直ちにNaIでの測定用カップに1匹ずつ入れなおして、NaI法で測定した。一匹ずつGe半導体法で測定するには、とても時間がかかるからである。
     
  したがって今年のデータは乾物重当たりの放射能値ではなく、生体重当たりの放射能値になっている。例年と比較するにはおよそ、この2-3倍を掛けるとよいはずである。
     
  ほとんどのクモは雌クモで腹がパンパンで出産まじかであった。雄クモが4匹ばかり取れたのだが、これらは雌クモの20分の一ぐらいと非常に小さくて、個体あたりの総放射能が少ないのですべて検出限界値以下であったので下図からは省いている(あらためてGe法で測る予定である)。
      
  除染を全くしていない空間線量が現在も非常に高いところ(浪江町3-5μSv/h、双葉町13-15、16-19、14μSv/h) でのクモのサンプルであるので、ジョロウグモもコガネクモも内部被ばくはいまだに強烈に高いことがわかる。
 
    
      
高い空間線量を示す放射能汚染地区では、現在では主として土壌の有機物層が放射性セシウム汚染しており、これらの可溶性放射能はバクテリア、カビ、などの栄養源となって濃縮しており、クモはこれらのカビ、バクテリア、その他の地虫を食べている。そのため、いまだに内部放射能被ばくが下がらないと思われる。





 

 
 
スライド2 
 
(森敏)