2017-04-18 07:38 | カテゴリ:未分類

  • 八田与一氏の銅像
    八田与一氏の銅像

 

日本人の首切断。元台北市議、、、犯行認める
読売新聞 20170417
台湾南部・台南市の烏山頭(うざんとう)ダムで、日本統治時代に同ダムを建設した日本人土木技師、八田与一の銅像の首が切断されているのが見つかり、元台北市議の男が17日、警察に出頭した。

 男はフェイスブックで自らの犯行を認めている。1930年完成の同ダムは、不毛地帯だった南部の嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯にしたとして、八田の功績は台湾の教科書でも紹介された。銅像の切断は16日に見つかった。(台北支局 向井ゆう子)

  
ーーーーーーーーーー   
(森敏)
付記1:非常に残念な事件だと思う。銅像や仏像にペンキを塗ったり、灯油をかけたりする人の心境はわからないでもないが、このように銅像の首を切る人の精神構造は理解に苦しむ。 この自首してきた犯人は元市議だから八田与一の歴史的貢献には詳しいはずだろう。幻覚か? 確信犯か?

以前に台湾について以下の記事を書いたことがある

2015/03/14 : 「KANO 1931 海の向こうの甲子園」 を観た

この記事の中で以下のように予測したのだが、それが当たったようである。
<:::知人によれば現在台湾では大陸系の漢人が政治勢力を伸ばしており、好日や親日の印象を与える史跡や、史実を教科書から消去したがる傾向にあるとのことである。上記八田與一の現地の銅像などもいずれ破壊される運命にあるのかもしれない。:::>

付記2:以下の八田与一の首を切られた像の写真は朝日デジタルからです。
 

像八田与一の 

記事には
:::::八田の命日の5月8日には、日台の関係者が毎年記念行事を開いており、今年も予定している。地元の台南市政府は「命日までには修復したい」としている(台北=西本秀)


とある。

 
 
追記:この事件の顛末は以下の通りです
     

日本人技師・八田與一氏の銅像 切断された頭部修復 台湾で除幕式

201758日 東京新聞夕刊

 

 【台南=迫田勝敏】台湾南部・台南市の烏山頭(うさんとう)ダムの建設を指揮した日本人土木技師、八田與一(はったよいち)氏(一八八六~一九四二年)の銅像の頭部が切断された事件で、修復された銅像の除幕式が七日、同ダム湖畔で行われた。式には八田氏の孫ら遺族も参列、台南市の頼清徳市長は「(銅像の破壊という)試練を経て台湾と日本との感情は強くなった」と日台間の深い絆を強調した。

 銅像は四月十六日に頭部が切り取られているのが見つかり、中国との統一や反日を主張する運動家が切断を認めた。台南市は市内の美術館にあった複製を基に銅像を修復した。八日は八田氏の命日で、出身地の金沢市などから二百人以上が慰霊に訪れた。

 除幕式で孫の修一氏(59)=名古屋市瑞穂区=は「事件で日本と台湾の絆が切れることはない。修復された銅像を見て、母と『違和感はないし、少し若返ったかな』と話した」と笑顔で語った。金沢市の山野之義市長も「こんなに早く修復され、金沢と台南、日本と台湾の関係がさらに濃密になった」と喜んだ。

 八田氏は日本の台湾統治時代、水不足に苦しんでいた台湾中南部の水利改善のため、三〇年に当時アジア最大のダムを完成させ、一帯を穀倉地帯に変えた。銅像はこの業績をたたえて翌年に建立された。

 銅像の修復は台湾でも大きく報道された。銅像を管理する嘉南農田水利会は新たに銅像周辺に防犯カメラなどを設置した。

 


2017-04-16 14:09 | カテゴリ:未分類


山菜採りでびっくり、四つ子のフキノトウ発見

20170409 1315(読売新聞)
新しい画像

四つのフキノトウが出た株

   
四つ子のフキノトウ
――

 山菜シーズンが本格化する中、新潟県新発田市のパート従業員の女性(66)が、四つのフキノトウが出た株を見つけた。

 女性は3日、同市上荒沢地区で兄と山菜採りをした。フキノトウを持ち帰って天ぷらにしようとした際に見つけ、「びっくりした」と話す。

 県立植物園(新潟市秋葉区)によると、越冬時の芽に傷がつくなどすると、複数の花序(花の集まり)ができることがあるという。
ーーーーーー

この記事を見て、小生は現地でこれまでフキノトウをよく観察してこなかったことに気付かされた。
フキの新芽も土から発芽して外に出るまでの期間には相当量の積算放射能を放射能汚染土壌から浴びるはずだ。よくみればこの報道にあるような奇形の新芽が、激甚な汚染土壌地ではあちこちで観察されるのかもしれない。今度訪れたらよく調べてみよう。これまでは見れども見えずだったようだ。
     
(森敏)

 

 

2017-04-08 21:36 | カテゴリ:未分類
浪江町で、木に絡まっているつる性の植物を採取した(図1、図3))。押し葉にするとつぼみの部分に放射能を感じたので、オートラジオグラフをとって見た(図2、図4))。皮肉なことに古代の人物の首飾りのような美しさを感じた。
放射能を測定すると、各部位間であまり差が見られず、つぼみ(花)の部分にも結構放射能が集積していた(表1)。


スライド2 
 
 図1.スイカズラ

 
 
スライド2 
 
図2. 図1のオートラジオグラフ

 
 
スライド3 
 図3.図1の拡大図
 

 
 
 
スライド4 
 
 図4.図3に対応する部位の図2の拡大図
 
 
 
    
 
  
   
   表1.図1のスイカズラの部位別放射能濃度
スライド1 
 
 
 
   
  
 
 (森敏)
   
付記1:牧野植物図鑑には、スイカズラ のことを、
冬を忍(しの)いで凋(しぼ)まず、ゆえに 「忍冬」の漢名あり、とある。
  
付記2:東大の皮膚科の教授であった、作家木下杢太郎は、太平洋戦争終戦直前の昭和20年7月ごろに、このスイカズラを写生しているが、この絵に関しては普段かならず付すコメントがない。
激しい東京空襲下でひたすら写生に気を紛らわしていたのではないかと想像する。
   
 
P1290823.jpg 
(『百花譜百選』 木下杢太郎画・前川誠郎編 岩波文庫より)




2017-04-05 08:30 | カテゴリ:未分類
1.

以下のようにわれわれの放射線像がフランスのル・モンド紙に掲載されました。ル・モンドの電子版にはもっと詳しい画像が載っています。

 
rumonndo.jpg 



写真の説明文は:

日本人フォトグラファー加賀谷は2011年から福島第一原発から半径40キロ以内の飯舘村や浪江町を調査している。2011年3月11日に起きた大災害の後、このゾーンは政府の指示により完全に避難区域となっていた。東京大学の生物学者森敏とともに、オートラジオグラフィーと呼ばれる技術を発展させ、現地調査で集めた汚染された植物、動物、様々な日用品から環境中の”目に見えない”放射性物質を可視化している。オートラジオグラフィーは放射線を発する物質から、光学的なプロセスによってその放射線を白と黒で浮かび上がらせる映像技術である。



2.

また、加賀谷雅道カメラマンは現在イギリスでの ”FORMAT国際写真祭” に参加して「放射線像」の展示を行っています。

写真展は次のような日程になっております。
FORMAT international photo festival
www.formatfestival.com
24 March - 23 April 2017
Derby UK

igirisu.jpg 加賀谷氏の作品展示の様子
2017-04-01 16:28 | カテゴリ:未分類
以下は転載です。
   

被曝上限20 倍化。国会で「障防法」改正へ
2017年4月1日 福島再生支援東海ネットワーク 事務局
  

年20ミリシーベルト帰還方針は、明らかな犯罪行為である。
   


このことを、このクニの野党はまったく言わない、抵抗もしない。
   
一般人の放射線による被曝上限は、年1ミリシーベルトと法律で決められている。
年1ミリといえば、1時間当たりではほぼ0.1マイクロシーベルトである。これを政府は屋内・屋
外被曝と分け、屋内は低いからという理由で0.23マイクロシーベルトとするが、これには確た
る根拠はなく、実測しても屋内外が同じ、もしくは屋内の方が高い、という例はいくつもある。
だから、上限は0.1マイクロシーベルトとみなすべきである。
この法律を「放射線障害防止法(障防法)」と言い、年1ミリを守らずに一般人に危険を及ぼせ
ば、10年の懲役である。明快である。
  
ここは既に法治国家ではない。いまや名実ともに無法国家である。
   
法治国家であれば、政府と行政の責任者は直ちに逮捕され、起訴・裁判を経て、刑務所に収監
されなければならないからだ。
野党もすでに本来の野党や反対勢力では有り得ない。この無法を許すのなら、彼等もまた共犯
者にほかならない。

年1ミリシーベルトという被曝ですら、それは安全を保証する基準ではない。このことはそれを
決めたICRP(国際放射線防護委員会)自身が認めていることである。
法律を20倍も侵犯し、人間を含む全生命とその持続を否定するという支配意志。
初期の高濃度被曝に加えて年20ミリシーベルトの追加被曝に住民を強制的に追い込んでいくこ
のクニの政府。
彼等は累積被曝100ミリシーベルトまで安全、などと云うが、年20ミリシーベルトが5年たてば、
それを越えてしまう。

国法と現行政策の20倍もの乖離。

この絶対矛盾を、日本政府とICRP& IAEAは「放射線障害防止法」自体の改作で乗り切ろうとす
るであろう。

その動きはすでに「放射線審議会」の諮問機関から政策提言機関への権限強化、1ミリ→20ミリ
への規制基準の「緩和」として始まっている。
支配者の念頭に、「民のいのち」などはない。
民の強い意志表示で、これを止めなくてはならない。