2011-03-18 17:46 | カテゴリ:未分類

千谷由人は死に場所を見つけた

 

 

仙石氏が副官房長官に帰り咲いた。頑張ってもらいたい。

  

以前にもこのWINEPブログに書いたが、我が輩はこんな優秀な人物の活動の場(当時官房長官)を国会決議で奪ってしまった野党も野党だが、民主党もなさけないと思っていた。

    

菅総理の人事の采配がさえて来たと思う。

    

千谷由人はかつての全共闘運動で瞬発力のある後方救援対策に専心した人物だ。

     

大震災のあとのあらゆる救援や福島原発の後方支援対策には、彼はうってつけだろう。

    

どうか死ぬ気で頑張ってもらいたい。

   
     

(管窺)

    

付記:今は、内閣・国会議員・官僚などの全員が試練の場である。むろん全国民も。

本来ならば首相が「非常事態宣言」を発して、国会決議なんぞすっとばして首相の権力で、すべてを切り回すべき時である。平和ボケの合法的指示待ち活動を、積み重ねているうちに、事態は深刻に進展している。すべてが後手後手だ。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/994-548a285c