2010-11-26 12:21 | カテゴリ:未分類

自衛隊は優秀な「暴力装置」になっているだろうか?

 

 

北朝鮮軍による韓国西方沖・延坪島への砲撃に対して、韓国軍が迅速な応答ができなかったと言うことで、イ・ミョンバク韓国大統領が国防大臣を直ちに更迭した。

 

その更迭の理由の一つに、北朝鮮基地から発射された砲弾の軌跡をレダーで追跡して、発射地点を逆に算出して、直ちにその発射地点に向けて韓国軍が発射反撃することが、様々な技術的な不整備で、できなかった、と言う点が指摘されている。

 

顧みて、我が自衛隊は、そういう能力が果たしてあるのだろうか? 砲身を日本に向けている、北朝鮮の基地を、常日頃からきちんと把握し続けているだろうか?

 

いつ砲弾やミサイルが日本に向けて飛んできても、日本の自衛隊は対応できるだろうか?

     

自衛隊は現時点で言葉の真の意味での“優秀な暴力装置”たり得るのだろうか? その実力のほどが、不安になってきた。

     
 

(喜憂)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/946-0223f290