2010-08-09 11:07 | カテゴリ:未分類

IMG_6044-2.jpg 
新幹線名古屋駅で買った弁当
   
IMG_6048-2.jpg 
弁当の右下に書かれている宣言文

    
  
旅の弁当の差別化

   

  帰りの新幹線名古屋駅で夕食に何気なく、特にその地方のもので、選ぶものがないときに時々買う弁当を買った。

   

  発車してから、その「日本の味博覧」と銘打った弁当を開けようとして、弁当の表の右下に書いている「健康弁当宣言」という記事にはじめて目が留まった。

   

・品目数は20品目以上

・野菜は120g以上使用

・使用する油はコレステール「0」

・合成着色料は一切不使用

・特A評価の国産米を100%使用

   

とある。
   
  弁当を開くと中に懐石料理のように「お品書き」のメモが入っており、暇なので、それを読みながら、味わった。量は少なく、少しもの足りなかったが、一つ一つの調理がなかなかしっかりしていると思った。以前のものより、おいしくなっていると思った。暗示にかかったのかも知れないが、この弁当のとっている作戦はあの手この手で差別化の技法を駆使した上手な商戦だと思う。(べつによいしょしているわけではありません。)

 
     

(森敏)
    

付記:「JR東海パッセンジャーズ」という新幹線駅内の店で850円以上の弁当を買うと、次回から500mLの「安曇野名水」をもらえるという引き替え券をくれた。こんなのもらってもいずれどこかに忘れるのが目に見えているが、悪い気持ちはしない。ただし2010年10月31日までのキャンペーンのようである。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/889-932e8439