2017-10-16 22:38 | カテゴリ:未分類
  双葉町には、これまで「官公庁の放射能関連の研究費をもらっている研究者しか入れてもらえない」、とうわさに聞いていたので、小生らは、この町に入ることを遠慮していた。小生らはそういうお金をこれまで一切もらえていないので。

  しかし福島第一原発から半径10キロメートル以内の「双葉町」は地理的にはそれより外側の浪江町の高放射能汚染地域の「小丸地区」に隣接しているので、双葉町も強烈な汚染地域がまだあ るはずである。そういう地域の動植物の生態系の変遷を、本当は原発暴発事故初期から継続的に放射能線環境影響調査をしておかないと、この地域のデータが後世にブラックボックスになることをずっと危惧していた。そこで今回すでに原発事故から6年経過しているのだが、思い切って、立ち入りを申請したら、許可が下りた。
    
  今回時間の許す限り、われわれ自身がこれまでの調査のなかでもかなり高い被曝をしながら詳細に調査してきた。のだが、住民の個人情報になるので、細かい写真がここで開示できないのが残念である。 
      
  原発事故の影響は気が遠くなるほどだ。放射能汚染生物の放射能を実測すると、現在すでに放射線量としてはCs-134Cs-1371割程度に減少しているので、放射能の主成分はCs-137である。Cs-137の半減期は30年であるから。現在のこの双葉町の高い総放射線量は、これまでのように急速に減少することはないと考えられる。このままでは、今生きている避難住民が、生きているうちに帰還して住めるようになるのはちょっと絶望的だ。
   
  2011年3月をあらためて思い出そうではないか。
   
 
  
   *18日に、いくつかの写真を追加しました。

 
 
    
スライド1 
 
立ち入り禁止区域にやっと入れた。防護服の警備員から「どうぞお入りください」の合図。
  
  

スライド2 
  
JR双葉駅。JR常磐線はまだここまでは開通していない。駅前広場などは除染されていた。

   
   
 
 
スライド6 
  
レールの敷設のためのコンクリート製の枕木がずらーっと、プラットホームに並べられていた。高放射線量なので、JRの下請け業者が作業員を集められないのだとか。
 
   
  

 
スライド3 
 
駅前商店街は完全なゴーストタウン。一階が地震で破損しているところが多いので、住むつもりなら、高濃度放射能汚染と地震とのダブルパンチなので、軒並み建て替えが必要なことは言うまでもない。 

 
 
 
スライド4  
 
典型的な一例。目の錯覚かと思わせる震災で一階が傾いたままの本屋さん 

  

 
 
スライド5 
つぶれた家屋の門になぜか「福助足袋」の石像
   
  
  
スライド7 
   
ゆきわりそう:忍耐 の町の紋章のマンホールのふた。原発事故で避難させられて忍耐を強いられている双葉住民にとっては強烈な皮肉。
  
   
スライド6 

幹線道路を時たま通るのは、おそらく原発付近の中間貯蔵施設に向かっている放射能汚染廃棄物が入った1立(リューベ)のフレコンバックを積んだトラックのみ。
  

  
  
スライド8
 
   
「福島県双葉高等学校」の校庭。 雑草が立ち枯れしている。線量計は毎時0.279マイクロシーベルトという低い値を示していたので。一度は除染したものと思われる。

    
 
 スライド1
   
真に驚いたことに、福島県双葉高等学校の敷地内には、双葉町による原子力災害集合場所として「ひなんばしょ」の標識が建てられていた。原発建設時から、町民は原子炉災害を覚悟していたのだろうか? 原発暴発当時、町民がここに実際に避難したのだろうか?

    
  
  
   
スライド5 

上記と同じく、さる道端の小さなプレハブ集会所には、原子力災害時の「ひなんばしょ」なる標識が張られていた。原発暴発当時、町民がここに実際に避難したのだろうか?
   
こういうパネルは福島第一原発から10キロ圏外では見かけた記憶がない。
   
   
 
   
 
スライド9 
   
村社八幡神社。これも目の錯覚かとおもわせる、傾いて今にも崩れそうな本殿。ふしぎなことに屋根瓦は一枚も損傷していない。
   
ここでは紹介しないが、室内に神具と思われる「小太鼓」が安置されているが、床は生活用品やガラスの破片が飛び散って荒れ放題である。右の開いたドアから入った野生動物による足跡がいっぱいで、彼らによる狼藉と思われる。
  
  
スライド4  
   
上記神社の、向かって手前の左右2体の石像はサルなのか狛犬なのか顔面にびっしりと苔が生えていて、正体が不明。この右の像の苔は原発事故当時相当な高線量被ばくをしたと思う。まだその放射能は残っているはずである。数百万ベクレル/kg乾物重 はあるのではないだろうか? 
     
小生にはこの像が広島の原爆被害者の全身被ばくケロイドに見えた。
現在の空間線量は毎時5.9マイクロシーベルト。 


 
   
  
 
スライド10 
  
民家のガラス戸。左のガラス戸の下部が割れている。ここからネズミ、ハクビシン、イノシシなどの野生動物が入ったためだろうか、室内は見るも無残な荒れ具合である。
     
全ガラス戸の下部にはイノシシが鼻をくっつけたと思われる刷り跡が認められる。部屋の中は差し支えるので紹介しない。

 

  
 
  
スライド11 
 
イノシシには2日間で3回遭遇した。あまり車を警戒しないようである。車を止めて、このイノシシが道端の雨水で湿った高濃度放射能汚染ヘドロを掘り繰り返して、ミミズなどを土と一緒に摂取している様子を初めて身近に数分間観察できたので、これではイノシシの筋肉や糞がいつまでも高濃度汚染しているのも納得! しかし今回はサルには遭遇しなかった。
       
柿、クリ、キウイ、アケビなどが熟していたが、落下したクリは全部きれいに食べられていた。サルのせいかもしれない。柿を食べて下痢をしたような水便が道路に認められた、イノシシかな?
     
  
スライド2  

  
イノシシはこのように道端の湿った部分が大好きで、そこの生き物を土と一緒に食べている。
  
  
 
スライド12 
  
双葉町の元の水田地帯には、見渡す限り現在2.5メートル高のセイタカアワダチソウがびっしりと繁茂している。ヤナギやチカラシバも群落としてみられる。
    
これらは除染される1年前の浪江町の水田の姿と同じである。

   
 
 
   
スライド13 
    
高濃度放射線地帯でなぜか竹が一斉に立ち枯れしている場所があった。竹は根でつながっているクローン植物なので、放射能が均一にいきわたって循環しているから、6年目の時点で致死線量に達して一斉に枯死したのかもしれない。まさに予期せぬ根絶やしか。
   
   
 

 
スライド14 
  
道路沿いには前田建設(除染業者か?)による放射線量の危険度の表示の旗が建てられている。
    
表示によると、青(1以下) 緑(1-2) 黄(2-5.5) 赤(毎時5.51マイクロシーベルト以上)
 
  
この赤い旗の標識がある場所は毎時10マイクロシーベルトであった。 
  

 
  
  
 
スライド15 
あらゆる道端の茂みにかなりの数の出産前のおなかの大きいのジョロウグモが繁殖していた。ジョロウグモは放射線に強いのかもしれない。 
     

 
  
 
  
スライド16 
異常な成育を示すもみの木の幼植物が多数見られた。ここの空間線量は毎時12.83マイクロシーベルトであった。もみの下の木の直下の土壌は毎時35マイクロシーベルト。 
     
この実生からの植物は4-5年令と思われる。横に伸びてはいるが、主茎の生長点がやられており、縦には伸び悩んで高さが35センチしかない。 
    
      
   
スライド7  
    
サトイモの奇形。葉の形がゆがんでいじけており、いくつかの若い葉の葉脈の間が白化している。
       
湿地に生えているので、周りの道路と山の斜面から流れ込んでくる放射能汚染水で、落ち葉などの有機物が放射能をため込んでおり、それをこのサトイモが根から吸収して、内部被ばくが大であるために、高い外部被ばくとあわせて放射線障害が起こっているものと推察される。

      
  
          
     
 
 
キイロスズメバチの巣jpeg 
 
農家の厩舎の堆肥場の屋根裏にキイロスズメバチの巣と思われるものを見つけた。ハチがその周りをぶんぶん回っているので、余り近寄れなかったので、これは遠くからの拡大写真である。2日間で民家の軒先に全部で数個見つけた。
      
ツバメの巣と同じく、過去の各年度の巣がたくさん回収できれば、なにか法則性が得られるかもしれない。今でもスズメバチ自体や巣自体は放射能汚染が高いものがある。スズメバチは肉食で食物連鎖の上位に位するからなのかもしれない。
         
原発事故年度前には、行政が「ハチに刺されないように」という警告の看板を各所に掲示板を出していて(それが今でも各所に残っており)、民家の軒先では蜂の巣を住民が撤去したり、破壊した巣跡が散見された。
      

ちなみにこの厩舎の放射線量は毎時16.55マイクロシーベルトと驚くべき高さであった。スズメバチは放射線に強いのかもしれない。  
  
            
  
スライド18  
 
道路わきの土壌のホットスポットを見つけた。土壌表層が毎時108.5マイクロシーベルト!  
  
       
    
 
スライド19 
上の写真の土壌の場所の1メートル高の空間線量は毎時23.6マイクロシーベルト!
      

これは小生らが今までが経験した2番目に高い放射線量値である。最高値は浪江町の小丸地区で100マイクロシーベルトの空間線量のホットスポットを経験している。双葉町でも林内に立ち入ってきちんと詳細に調査すれば、空間線量100マイクロシーベルト以上の地区があるかもしれない。
      
 
 

 
(森敏)
追記:このハチの巣を採取して実験室に持ち帰って測定すると1850cpm以上あったとのことである(ハチの専門家である茨城キリスト教大学・桑原隆明博士による)。今でもこんな想像を絶する高濃度とは!ここのキイロスズメバチによるセシウムの濃縮機構とは?
2017-10-05 06:31 | カテゴリ:未分類

   昨年の春、浪江町昼曽根で、運転手が大事を取って居眠りしている間に、そこら辺をぶらぶらしていると、灌木にまつわりついている、小さないばらのつる性植物をみつけた。小さな花器の花びらが散って、実が付いて太りかけていたので、切りとってきた(図1)。ニガイチゴというのだそうである
 
  
花器に強く放射能が濃縮していることがわかる(図3,4、5、表1)。これまでの経験から総じて植物のいろいろな組織の中では、花器部分にセシウムは濃縮する傾向が顕著である。このことは先日の日本土壌肥料学会で、ニガイチゴの例も含めてポスターで発表しておいた。

  

     

ニガイチゴ1

  図1 ニガイチゴ




    
ニガイチゴ1kakudaizu jpeg
   
   図2.ニガイチゴの拡大図
 
 
 
ニガイチゴ3 
 図3. 図1のオートラジオグラフ(ポジテイブ像)

 





     
    

 ニガイチゴ4

  
図4. 図3のネガテイブ画像。
 
 
スライド2 


 

 図5。図3の部分拡大図(図2に対応)のオートラジオグラフ






表1.ニガイチゴの放射能
  

 ニガイチゴ5


 

(森敏)

付記1:植物の同定には(株)アスコットの若林芳樹社長のお世話になりました。
 
付記2:花器などの生殖器へのセシウムの集積に関しては、先日の日本土壌肥料学会でまとめて発表しました。その時のポスター発表(P-8-1-17)の講演要旨は以下の通りです。


放射性セシウムは花器に濃縮される

森敏・加賀谷雅道2・広瀬農3・小林奈津通子3・田野井啓太朗3・中西啓仁

NPOWINEP 写真家 東大農・アイソトープ施設 東大院・農学生命科学)

 

2011年3月11日の東電福島第一原発事故以降、ほぼ毎月汚染が強い避難困難区域に現地入りして、6年間にわたって様々な植物を採取して、放射能汚染のオートラジオグラフを撮像してきた。1986年のチェリノブイリ原発事故でもX線フィルム(当時はBASがなかった)撮像は実に希少である。BASが使える現在でも世界の植物学者はチェリノブイリでの植物の撮像に興味がないのか報告が少ない。したがってわれわれは今回の福島原発事故の場合は経年的に様々な植物のBAS撮像数をこなして、福島で起こっている固有の植物生態系汚染の傾向をつかむことを目指している。その結果、落葉樹では落葉によって葉が入れ替わることにより、新葉の放射能については2012年以降は激減した。しかし幹や枝の部分には当初の原発由来のホットパーテイクルがずっと残留したままであるので新葉の放射能の一部は、経根吸収分ばかりでなく幹や枝の樹皮部分からの転流分が含まれている可能性を否定できないでいる。一方、一年生の双子葉植物は2011年当初からも下位葉が風雨時の土ぼこりによる外部汚染を受け続けている。しかし内部被ばくは土壌放射能由来のものに限定されてきており、放射性セシウムの土壌への固着が進行しているので、植物体地上部全体としての放射線量は急激に減少している。これまでは地上部と地下部に分けるとか,新葉と旧葉にわけて、放射能分布を比較していたが、2015年秋からは、秋になって花が咲いて種子ができている植物を採取して、そのまま放射線像として撮像する作業を始めた。その結果意外なことに花器として、あるいは種子そのものとして、放射能が高い濃度で検出されることが改めて分かってきた。タケニグサ、ハナタデ、スイカズラ、ホウセンカ、イラクサ、ノジギク、ヒノキ、マツ、ナギナタコウジュ、ドクダミ、コセンダングサ、タンポポ、ツクシなどについて放射線像を報告する。

 

2017-06-19 08:41 | カテゴリ:未分類
  先日漫然とテレビを見ていたら 「震災の歌に刻む六年」(NHK Eテレ)という番組があり、ここで選ばれた番組最後の歌に以下のものが紹介された。少し感動したので素早くメモした。それを作者に無断で紹介させていただくと、
  

  
       

安全の

証(あかし)などなし

原発の

世を生きゆかむ

孫らを思ふ

      杉本慧美子


(震災の歌に刻む六年:NHK Eテレ 2017。6。15 より)


というものであった。

      
以下はこの詠歌に関連した最新の科学論文の紹介です。
  
               
  実はちょうどこの日に Scientific report に掲載された以下の、胎児の成長に関する論文を読んだばかりであった。

   
   
(そこで、これから先は少し論文調になりますが、少し詳しくこの論文を紹介します。我慢して読んでください。)
   
この英文表題は

                     
Small head size and delayed body weight growth in wild Japanese monkey fetuses after the Fukushima Daiichi nuclear disaster
Scientific Reports 7, Article number: 3528 (2017)

doi:10.1038/s41598-017-03866-8
https://www.nature.com/articles/s41598-017-03866-8

         
  そこでこの英文表題を直訳すると、

「福島第一原発事故後の野生のニホンザルの胎児の小頭と鈍化した体重」
     

という衝撃的なものです。その論文の「要旨」(付記参照)を小生が勝手に日本語に直訳すると、以下のような内容です。
            
   
要旨     
「東電福島第一原発事故の影響を評価するために、原発から約80km離れた福島市に生息する野生のニホンザル(Macaca fuscata)について、2011年の事故の前後である2008年から2016年までに捕獲した母ザルの体内の胎児について、その外形的計測を行い、相対的な成長の違いについて調べた。事故前の31頭と事故後の31頭のニホンザルの胎児について体重や、頭のサイズ(前頭から後頭への直径と二頭頂骨の直径)の
     頭頂から臀部までの長さに対する比 を調べたところ、体重と、それに対応した頭のサイズは事故後の胎児では事故前に比べて、有意に低下していた。胎児の母親の栄養学的な指標に関しては事故前後で有意な差がなかった。したがって、放射線被ばくが、観測された胎児の成長遅延の一因子でありうると考えられた。」
                           
  
参考のためにこの論文に添えられた図表の一部を勝手に解釈して分かりやすく(したつもりで)紹介すると以下のようです。
                   


表1.母ザルが生息する地域の5年間にわたる累積空間放射線量(一番右の赤字データ)
羽山論文図2 jpeg 

      

                

 表2 2011年の事故後に各年に 捕獲した妊娠母ザルの筋肉の放射性セシウム量

羽山論文図jpeg-2   
    
   
    

    

 

スライド2 
  
    

図1.横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length = the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は頭のサイズ(面積)です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   

    

 
   
 

    

スライド1 
   
    

図2.図1と同じく、横軸のCRLとは頭頂から臀部までの長さ(CRL:crown-rump length=the length of the fetus from the top of  fetus head to bottom to torso)の事です。縦軸は体重です。赤丸が東電福島第一原発事故後の胎児、青三角が事故前の胎児。全体として赤丸が下方にシフトしていることがわかります。

   
       
       
     

  結論としてこの論文では、体重/CRL(図2)や頭頂面積/CRL(図1)が、胎児の体内での成長速度の指標になるという獣医学上の定義(常識)を前提として、東電福島第一原発の事故後に、母親の胎内の胎児の成長が鈍化していることを述べています。放射線障害に関しては、成人や小児の白血病などの癌や、新生児の奇形など、遺伝子変異による影響に注目するばかりではなく、母体内で胎児がどういう成長を遂げているか、などのここで述べられている視点は非常に重要です。
             
  現在、福島県の各市町村では年間の積算被ばく線量の上限が20ミリシーベルトという途方もなく高い基準を設けて、避難区域を解除しました。そんなところに、これから子供を産もうとする夫婦も帰還するべきだろうか? この論文でニホンザルが野生環境の中で先行して示している ”母体内での胎児生長の鈍化 という危険なシグナルに、人間は謙虚に学ぶべきでしょう。医学生理学的には帰還してあえて人体実験に加わる必要などは全くないと思います。

  
   
    
       
(森敏)

付記:念のため abstract の原文は以下のとおりです。

To evaluate the biological effect of the Fukushima Daiichi nuclear disaster, relative differences in the growth of wild Japanese monkeys (Macaca fuscata) were measured before and after the disaster of 2011 in Fukushima City, which is approximately 70 km from the nuclear power plant, by performing external measurements on fetuses collected from 2008 to 2016. Comparing the relative growth of 31 fetuses conceived prior to the disaster and 31 fetuses conceived after the disaster in terms of body weight and head size (product of the occipital frontal diameter and biparietal diameter) to crown-rump length ratio revealed that body weight growth rate and proportional head size were significantly lower in fetuses conceived after the disaster. No significant difference was observed in nutritional indicators for the fetuses’ mothers. Accordingly, radiation exposure could be one factor contributed to the observed growth delay in this study.
 
追記1:
偶然だが眠れないので昨日と今日早朝5時ごろボケた頭でテレビを見ていたら

  一斉解除の町で~原発事故6年後の帰還~

というタイトルでNHKが2日にわたって再放映していた。避難所から帰還した御夫婦の奥さんが、自宅の庭や小学校の校庭に花を植えたり、近くの土手から草を摘んだり、していた。一応軍手はしていたが。テレビではそこの空間線量や地面の放射線量がどれくらいなのかという一番重要な情報を一切開示しなかった。NHKの取材班が放射能に鈍感なはずがない(鈍感なら取材する資格がないだろう)。意図的だと思わざるを得ない。NHKはいったい誰に向けて忖度してるんだろうと、見ていて怒りが込み上げてきた。
 
 一方、現地帰還をあきらめた他の御夫婦は無残にも放射能汚染した自宅を解体して更地にしていた。そこに住んでいた記念にと自宅の「郵便受け」だけを持ち帰った。私見ではこの郵便箱は野外にあったのでかなり放射能汚染しているはずである。 (2017年 6月27日。9時50分 記)
 
追記2:
この論文の筆頭著者である羽山伸一教授によれば、2011年の福島第一原発事故の放射能被でばくした母親ニホンザルが、身ごもって、翌年2012年に生まれたニホンザルのメス(雌)が、生長して妊娠可能になるのは、今年(2017年)からであるので、来年2018年から生まれてくる子ザルは被爆第3世代間ということになる。なので引き続き今年間引きのために福島市内で捕獲される母ザルの胎児を継続して観察する必要があるということです。 

 ほんとうは福島市内よりももっと激甚な10倍以上の放射能汚染地帯を縄張りにして生息するサルの群れを組織的に追究して観察することが重要なことは言うまでもありません。(2017年6月28日 午後5時 記)



2017-03-20 08:02 | カテゴリ:未分類
3月11日と12日に浪江町に調査に入った。以下はその寸景である。



スライド2
 

図1.今はせせらぎが枯れている民家の池に建つビーナス像。 全身に放射能を浴びたまま。津島地区。
 


スライド4 

図2.民家のガラス戸にやるせない怒りと、東電(TEPCO)に対する皮肉の抗議の張り紙。文面を書き写すと以下の内容が読み取れた。津島地区。


今年は梅の花はまだ開花せず

「主なしとて

春を忘れるな」

平成二十四年四月一日  
      一時帰宅

 

 

お盆墓参り
 暮れてなほ

  命のかぎり

   蝉しぐれ

平成二十四年八月十四日

   一時帰宅

TEPCO(東電)のどくろマークの幽霊の絵)

 

 

I Shall Return !!

老兵は死なず。
いつの日か必ず
この地に帰る。
放射能如きに
負けてたまるか。

 平成25年3,3 一時帰宅

 
 

 

今日も暮れゆく

 仮設の村で
友もつらかろ

せつなかろ
いつか帰る日を想い

   一時帰宅

  平成二十五年五月

 

 

二本松八時出発

ここはお国の何十里

離れて遠き二本松

開戦記念 平成二十五年十二月八日 
  一時帰宅

まもなく三年

来年は良い年であるように

 

 

内部被ばくの「ヘビ」

法により食する事を禁ず

     環境(庁)省

(この窓ガラスの内側下に3匹の蛇のおもちゃを設置)

 

 

放射能体験ツアー

大募集中!!

楽しいホットスポット巡り
     東電セシウム観光

 

 

まもなく3

大雪里帰して

帰りたい残念

泣くな嘆くな

男じゃないか 
  平成二十六年三月九日

同行甲田新聞

谷記者隈崎カメラマン

 

 

津島の山も今日かぎり 
国をすて家も
すて、
愛しき皆々様とも

別ればなれとなる

門出だ

 平成二十八年十一日(五年)

 津島の事は次世代べ

 

 

仮設でパソコンできるのも

東電さんの

おかげです

仮設で涙流すのも 
東電さんのおかげです

東電さんありがとう

十二月十二日


     
 
スライド1  

図3.雪解けの春。いのししの足跡。 
   
 
スライド9 

図4.6年間で一面に繁茂した牧草地の「おのえやなぎ」の冬枯れのすがた。除染企画書どおりに、道路肩から20メートルだけ切り倒した跡 
    

   

スライド7 

図5.イノシシが跋扈して掘り繰り返した厩舎横の牧草地  
    
 
 
スライド2 

図6.放置された厩舎。 右上の添付のかこい写真は温度計。正常に室温7度を示していた。


   
スライド8 

図7.なぜかマツの木のみが倒れて散乱している。放射能の空間線量は毎時9.5マイクロシーベルト。
放射能雲(プルーム)はこの山にもろにぶつかったと思われる(小丸地区)

    

 
 
スライド3

図8.静謐な濃紺の水をたたえた大柿ダムの湖面。道路橋から望む。向こうの湖畔中央部に白馬がいれば、まさに東山魁夷の日本画の世界。手前の湖底は沈下橋。湖岸は毎時2.7~5マイクロシーベルト。 
  

 
スライド10 
 
図9.道路の暖かい南斜面に、早くも咲き始めたフキノトウ。春はすぐそこだが。。。。。地表面は毎時8マイクロシーベルト。
  
  
  
    
(森敏)
 
追記:読者から図7について、なぜマツがやられているのかについて、
  
「放射性物質が大木を枯らすというのは大変なことだと思います。どのようなメカニズムが考えられるでしょうか。」
というご質問をいただきました。
   
この点に関しては、ずっと小生も疑問を抱いてきたところです。これまでも以下のブログでいくつかの現象的な事例を枚挙してきました。
   
日本のガンマフィールドの研究者からマツは、ほかの木本よりも細胞の核が大きいので染色体が放射線によるダメージをうける確率が高いという説が有力なようです。
    
放射線影響を否定したがる研究者からは、マツノザイセンチュウの影響だろうという反論がいつも直ちに出されます。
放射線で細胞が弱体化して環境ストレスに対して抵抗力が低下しており、マツノザイセンチュウにやられやすくなっており、このセンチュウの寄生によって、導管がふさがれて、水分の吸い上げができなくなり頂点から枯れていく、最後に倒木する、という流れも否定できません。しかし林業研究者で放射線量が高い場所で、松の倒木が集団で起こっているところのマツのセンチュウやその媒介昆虫の生息数を数えるような、奇特な研究者はいないようです。
    
なお、倒木前のマツは概して多くの松かさをつけるようです。擬人的に考えれば、枯死する前に急いで子孫を残そうとしている適応現象なのかもしれません。
  



2017-02-17 08:06 | カテゴリ:未分類

民家の庭先にショウブとハスを混食しているプラスチックバットがおいてあった。きっと避難している家主は水生植物の愛好家だったのだろう。これまでも溜め池などでは、岸から離れているハスなどの水生植物を採取するのが少しややこしかったので、このプラスチック箱の中から紫色の2本を茎の部分から上を失敬した。葉は全面的に水につかっていた(図1

       

新聞紙で乾燥するとさらに紫色が強くなった(図2)。研究室に持ち帰ってガイガーカウンターを当てると1600 cpmと、とてつもなく高い値を示した。以下の動画を見てください。
 https://vimeo.com/190422228 

         
  それをオートグラフに取ったのが図3(ポジテイブ画像)と図4(ネガテイブ画像)である。ハスの葉脈が子細にくっきりと浮かび上がっているのがわかる。
    
  この植物体を葉と茎にわけて放射能測定したものが表1である。茎と葉は共に、Cs-134 と Cs-137の合量で数十万ベクレルとべらぼうな値であることがわかる。


スライド4 
 図1.民家の庭に放置されたハスを育てているプラスチックバット
 
 
 
スライド1 
 
 図2. ハスをサンプリングして押し葉にしたらこんな紫色になった。

 
 
 
 
スライド2 
 
 
 
 
 図3.図2のオートラジオグラフ
スライド3 
 

 図4.図3のネガテイブ画像



 
表1.ハスの放射能
スライド2 
 

なぜこんなに高いのだろうか? 以下に若干考察してみた。

       

第一にこの地域に降り注いだ総放射線量がべらぼうに高かったであろう。今でも空間線量は8マイクロシーベルト付近である。しかしそれ以外に、第二に、原発事故以来このプラスチックの箱に降り注いだ放射能は箱の外には逃げないで箱のなかに留まったままであるはずだ。土壌は箱の底に数センチである。いつも土壌表面は水で空気から遮断されているので還元状態にある。たぶんそういう環境下ではセシウムは土壌への吸着が進みにくく、いわば箱の中で放射性セシウムは水の中でリサイクルし続けていると思われる。冬になって葉が枯れて腐ると、微生物菌体のコロイド状になり、そのコロイド状の有機性セシウムは、また次の春になると無機セシウムイオンとして遊離されてハスの根からばかりでなく葉からも再吸収されるわけである。

     

フキノトウなどでは、淡水状態で出てくるフキノトウと陸生のフキノトウでは前者の方が遙かにセシウム汚染が強いことがすでに明らかにされている。これは淡水状態では水につかっている地上部分からも容易に放射性セシウムが吸収されるからである。

      

水稲の場合も、水を張った出穂期に森林で汚染した沢水がかかると、容易に茎からセシウムを吸収して、お米の放射性セシウム含量がたかまるので、要注意なのである。小生自身が実験したわけではないが、カリウムを農水省が定める基準値量(25mgK2O/100g土壌)以上施肥していてもこの経茎吸収は押さえられないと思われる。

      

たかがハス、されどハス。 原発事故後ほぼ6年になるが、放射能汚染地での自然観察で学ぶことはまだまだ多いのである。

  
   
(森敏・加賀谷雅道)

     
 
 
 
 

FC2 Management