2008-04-10 10:22 | カテゴリ:未分類

太字(ゴチック)は強いアジテイーションである

 

   本日、朝日新聞一面で国会での党首討論の内容が紹介され、福田首相の小沢民主党代表に対する逆質問が、太字で延々と引用されていた。

 

   太字は最も人目を引く編集者による自己主張なので、朝日新聞が福田首相を支援している印象が浮き彫りになった。

 

   このwinepのブログでもときどき太字をもちいることがあるが、極力ひかえている。文章中強調したいキーワードはだいたい 「  」や“   ”や  <  > ではさむことにしている。あまり太字を使うと、読者がアジテーション(扇動)を受けているように感じられるだろうから。アジテーションは書き手の主観の押しつけである。読む方からすると非常に嫌みであろう。

 

   大新聞の文章に太字を使うことは止めた方がよい。読者が文意の中でどれが重要事項であるか考える楽しみを一方では奪ってしまうからである。

 

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/83-b5e3a7ef