2010-03-31 10:49 | カテゴリ:未分類

二つのイチョウの樹

 

 

IMG_7975-2.jpg

        (写真1)

  

鎌倉の鶴岡八幡宮にあった銀杏の古木は、実朝暗殺にまつわる「隠れ銀杏」として有名だったが、2010310日強風が吹き荒れたこの日に根元から倒壊した(写真1:読売新聞からのパクリです)。

   

この事件が頭にあったので、熊本城のイチョウは大丈夫かなと観察した。

   

IMG_7529-3.jpg  

         (写真2)

 

このイチョウの木は加藤清正築城の本丸御殿の庭に位置して、清正の手植えといわれているが、西南戦争(1877年)で本丸とともに炎上した。しかし焼け残った根本からの脇芽が成長して、現在の姿になっている(立て札からの略記)。したがって樹齢130年弱である。これも気をつけていないと将来のいつの日にか台風で倒木するだろう。 

  

 

    

IMG_7238-2.jpg  

  

      (写真3)

    

このイチョウの樹は城域内にある、加藤神社の右奥にある。慶長六年(1601)より慶長12年の熊本城築城の際、大天守前のイチョウの樹とともに加藤清正公がお手植えなされたものと伝えられている(写真3の立て札から)。 よく見ると本体の古木は相当老朽化が進行しており、枯れ枝が切り落とされて、相当惨めな姿になっている。立て札の内容のとうりならば、上記の(写真2)の本丸前のイチョウより樹齢ははるかに旧く、記述のように熊本城の歴史とおなじなら樹齢400年弱が経過しているはずである。すでに神社側は根元からの脇芽が次世代となるように、幼木を保護しているようである。

 

 

イチョウは、地上部が焼けたり腐っても比較的再生力が強く、クローンとして何年も生き続けるので、神社にご神木としても好まれるのかも知れない。

   

 ところで、ことしのNHKテレビドラマの龍馬伝にあやかってか、

    

 「加藤清正公」を「大河ドラマ」に

  ただいま署名運動実施中

    加藤清正公生誕450年、没後400年記念事業実行委員会

 

というのぼりが、加藤神社の鳥居の下にはためいていた。加藤清正公はほんとうに熊本県人には愛されているようだ。後任の細川家のほうがはるかに長い治世であったにもかかわらず。

       

(森敏)

    

付記:

以前のブログにも書いたが、屋久島のウイルソン杉の切り株には次世代の杉が母樹の切り株の面に直接生育していたと記憶している。

 

また、比叡山にも参道に切り株の上に次世代が直接生育している杉が1本あった。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/802-b12b9a66