2010-03-08 12:51 | カテゴリ:未分類

高知の人間が支援せんでどうすらーや!

      

元厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)の裁判で、証人尋問によって検察側の主張がことごとく粉砕されている。このケースも極めて冤罪の可能性が高い。

         

彼女が逮捕されたときの高知新聞 (2009.6.15)の報道 によれば

   

・・・・高校の同級生は「勉強ができ、まじめでおとなしい感じだった」と印象を語る。2004年に帰郷し、同窓生の集まりに出席した際は「女性は4年制大学(高知大学)を出ても高知では就職口がないから、国家公務員の試験を受けた」と話していたという。
 同省女性政策課長だった2000年、高知大の運営諮問会議委員に就き、同大の将来像などの審議にも参加。その後も同大経営協議会委員などを務めた。・・・・

     

とある。

    

土佐の坂本龍馬が聞いたら、検察解体!を叫ぶかも。乙女(おとめ)もまっこと怒っちゅうじゃろう。恩義を受けた高知大学も何らかの村木さんの支援せないかんがや。

              

(喜憂)

      

付記1:「乙女」とは言わずと知れた幼少の頃のぐずの坂本龍馬を鍛えた男勝(まさ)りの姉のこと。

付記2:高知大学出身の優秀な村木厚子さんの中央官庁でのがんばりに対して、彼女を激励する意味で民主党の石井一衆議院議員はあえて証人尋問に応じている。まさに人生意気に感ず、である。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/781-a242396d