2010-01-25 22:04 | カテゴリ:未分類

性懲りも無い検察のリーク情報

     

以下の時事通信の記事は懲りもないマスコミの検察側からのリーク情報であると断定できる。検察にとらわれの身の石川議員の取り調べが何故漏れるのだ?

   

記事にある水谷建設の元会長は現在脱税事件で現在受刑中で、検事の言うがママの意見を述べて、佐藤栄佐久前福島県知事を収賄立件に荷担した人物である(この控訴審の判決は無罪に近い「賄賂額はゼロ」というものであった)。つまり検察側にとって使い勝手のいい人物である。(週刊朝日2.5.日発売 20頁 (副題)裏献金の供述は「ゾンビ証言」 対談 郷原信郎(元検事)・魚住昭(ジャーナリスト)の記事)

   

であるから国民は検察側からマスコミへのリーク情報を、ことごとくチェックしなけれならない。マスコミの大衆操作に翻弄されてはならない。これからもねちねちとこのようなリーク情報が出てくるだろう。

  

要するに世論が「小沢逮捕」に傾くまで、特捜は偽装情報をリークし続けるだろう。

  

現在「週刊朝日」と、「日刊ゲンダイ」が冷めた情報を流している。朝日新聞・読売新聞・産経新聞・毎日新聞はどうしようもない。

   

*********************************

手帳にホテル名記載=石川議員、「裏献金」の現場-05年分、捜索で押収・東京地検

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)の手帳に、中堅ゼネコン水谷建設(三重県桑名市)元幹部からの「裏献金」の授受現場とされるホテル名が記載されていたことが25日、関係者の話で分かった。東京地検特捜部が家宅捜索で押収した。1251920分配信 時事通信

*****************************

    

(喜憂)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/735-c4f53cbc