2009-12-30 17:11 | カテゴリ:未分類

鳩山内閣の新成長戦略

 

本日、鳩山内閣が新成長戦略を発表した。その意気やよし。

年内に一応積極的な“前向きの姿勢”を示したというところだろうか。

やっと出てきたかという感想である。その中で、科学技術に関してはロイター通信では以下の要約で紹介されている。

 

  

【科学・技術立国】
 目標
 
・2020年度までに官民の研究開発投資をGDP比4%以上に。
 ・世界をリードするグリーン・イノベーション(環境・エネルギー分野革新)やライフ・イノベーション(医療・介護分野革新)を推進。

 ・理工系博士課程修了者の完全雇用

 施策
 
・大学・研究機関改革の加速
 ・イノベーション創出のための制度・規制改革

 ・行政のワンストップ化

 

 

これでは簡略すぎて中身がよく分からない。是非もっとブレークダウンして詳細に説明してもらいたい。特に施策はこれまでも様々に行ってきたが、これでは茫洋としている。

行程表の作成は今後に待つということであるが。新年度から、直ちに着実に作成して行ってもらいたい。

 

(管窺)

  

付記:読者から、この<新成長戦略>に関しては、その詳細な内容が首相官邸記事に紹介されているとの連絡をいただいた。興味のある方は是非見てください。

この文章を読むと、全体に文章はくだけているが、まだまだ官僚臭がする文体である。それは、この文章の作成に係わった内閣の若いメンバーが官僚上がりが多いからなのであろう。極力横文字(カナ文字)を使わない様に努力してもらいたい。カナ文字を使う場合は日本語としての翻訳語を必ず付してもらいたい。国民がスー!と理解できない自己満足の文章を書いてどうするつもりだ?

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/713-07a23441