2009-12-02 18:00 | カテゴリ:未分類

IMG_3298-1.jpg 

目立たない色のメタルプレート

  

IMG_3296-1.jpg 

実は目を絞ってよく読むと「新幹線起点」と書いてある。

         

新幹線の起点

          

JR新幹線東京駅の17番線プラットホームの8号車付近で、入線待ちしていると、足下に「新幹線起点」という金属パネルがホームに埋め込まれているのが目にとまった。何度もここを通っているはずだが、全然気が付かなかったのだ。地味な色なので目だたなかったのだ。

         

起点というのは、そこをゼロとして距離を測るということなのだろう。いい加減なのではなく、きちんと出発点(基準点)があるのだ、ということをあらためて確認させられた。

         

これからは、JRの運賃を調べるときに、東京駅からの「距離」を確認したときは、この新幹線の起点を思い浮かべることになるだろう。

      

では、いったい「JR在来線起点」なるものは東京駅のどこのプラットホームにパネルが埋め込まれているのだろう? きっとどこかにあるに違いない。しかし、暇がないので、未だ調べていない。

        

      

(森敏)
   

付記:さて、東京駅と他の駅の正確な距離を確定するためには、東京駅以外の他の駅の方にも基準点がなければならないだろう。各駅にはそういう基準点のマークがパネルとしてプラットホームに貼り付けてあるのだろうか。不覚にして知らない。
  
追記:先日東京駅の20番線を歩いていたら、下の写真に示すやはり、始点(0 Km POINT) の大理石のパネルがプラットホームに貼り付けていることが分かった。こんなの以前からありましたっけ?
 
20番線0kmポイント-2

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/692-10c96ef8