2009-12-01 12:19 | カテゴリ:未分類

キレた若者

   

  小生は、日曜日の午前9時6分発の快速米原・京都方面の電車を待つために、JR芦屋駅の陸橋の階段をプラットホームに下りきったところであった。すると、

   

  「ダン、ダン、ダン、ダン!」と小生の後ろから階段を中抜きして、いそいで駆け下りる音がした。彼は、プラットホームに下りきると、

  

  「はよ来いや、われー! つかれとんのに!」

  

と大声で叫びながら、ホームの柱を、足で、バン!バン!バン! バン! と力一杯蹴り始めた。

     

  よく見ると、帽子をかぶった品の良さそうな赤いセーターのサングラスの若者である。

 

「あー!すかっとした!」

  

しばらくして、

     

「あー、つかれた!」

     

などと独り言を言っている。

      

  その後、プラットホームには人が増えてきたからか、彼は黙って電車を待っていた。そして、小生と違う入り口から電車にはおとなしく乗り込んだようであった。

       

  一時の幻覚がこの若者を襲ったのだろう。

      

  何が狂気のきっかけだったのだろう?と考えてみたが分からない。

       

   

(森敏)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/690-6c3b74a2