2009-11-04 16:25 | カテゴリ:未分類

新型インフルエンザの報道について

      

 気候が寒くなるにつれて、新型インフルエンザが猛威を振るい始め、マスコミなどでも頻繁にそれについて取り上げられるようになっています。

    

 その内容は、『新型インフルエンザで亡くなられた人について』と、『ワクチンについて』、がほとんどであるように思います。

この内容は、小学生児童を持つ私の知りたいニーズと合っている為、ついつい真剣にテレビに向かって情報収集をしてしまうのですが、しかし、いまひとつ納得がいく回答が私は得られないで困っているのです。

      

 『新型インフルエンザで亡くなられた人について』の情報であれば、どういう疾患があった人がどういう病状で亡くなられたのかということは、ある程度報道されていると思います。しかし、疾患がなかった人が亡くなられた場合の、情報が非常に少ないと思うのです。

          

 例えば、疾患がなかったにも関わらず、肺炎を起こし亡くなられた人の場合では、

  どうして肺炎を起こしたのか?

  肺炎を起こす前の兆候があるとしたらどういう症状なのか?

  肺炎を防ぐ方法はないのか?

  どうしてタミフルが効かなかったのか?そして、効かなかった場合の対応策はあるのか?(リレンザは肺炎を起こし吸入することができなかったと報道されていた)

などの情報を知りたいのです。

 

       

 ただ、新型インフルエンザによる死亡の情報だけを報道するのであれば、国民の恐怖心をあおるだけだと私は思うのです。

もちろん、死亡情報を報道することも意味があるとは思います。しかし、少しでも対策につながるような報道も同時に必要なのではないかと思うのです。

      

また、新型インフルエンザワクチンの報道についても同じような事があると思います。

マスコミでは、ワクチンはうつべきであるといった前提にたって、ワクチンの数が足りていないとか、できるようになる時期はいつぐらいである、などの報道が主です。

私は、その事もとても重要であるとは思うのですが、ワクチン自体の効果やリスクについての報道もとても大事ではないかと思うのです。

 

     

  ワクチンを摂取したら新型インフルエンザにかからないのか?

  もしワクチンを摂取してもかかる可能性があるとしたら、どれぐらいの効果が期待できるのか?

  ワクチンを摂取してもかかる可能性があるとしたら、かかった時には、具体的にどういう効果が期待できるのか?

  ワクチンを摂取したら、死亡に至るケースはなくなるのか?もしゼロでないのであれば死亡する割合はどれぐらい低くなるのか?具体的に数値で示せないのであれば、傾向としてどれぐらい期待できるのか?

  ワクチン摂取が原因による死亡または、何らかの症状が出た人はどれぐらいいるのか?そして、その症状は?また、そのリスクはどれぐらいなのか?

  季節性インフルエンザワクチンと新型インフルエンザワクチンの両方を摂取することでの、リスクはないのか?

 

   

ママ友の何人かでワクチンについて話をすると、「ワクチンを打てば新型インフルエンザにはかからないんじゃない」とか、「かかる可能性はあるけれど軽くすむのでは」と思っている人など、各々知識が微妙に違うのです。しかも、誰も確信的な意見を言える人がいないのです。

 

     

それは、きちんとした情報提供がされていないのが原因ではないかと思います。

 

     

今まで書いたような、報道があまりされていない内容についてもそうですが、報道機関によって情報に微妙なバラツキがあるのも原因ではないかと私は思うのです。

 

    

そのバラツキの原因は、新型インフルエンザに関しての情報提供が、各報道機関がいろいろな有識者の意見を聞いて独自の情報収集で報道しているからだと考えられます。厚生省の役人、感染症研究所の所員、大学病院の先生、地方の大病院、開業医、等まさにいろいろです。

 

      

一元化した情報提供をする為に、厚生労働省が、毎日でも定時に記者会見などをするだけでも、情報のバラツキがなくなり混乱が軽減されるのではないかと思うのです。

       

是非、厚生労働省は記者会見をして、その時に、新型インフルエンザで亡くなられた方の臨床解剖の結果なども含め(後日でもいいので)、少しでも役に立つような情報提供をして欲しいと思うのです。そして、ワクチンを摂取した人の発症率や重傷化率も是非調査して情報提供をして欲しいものです。

  

  

今はインフルエンザワクチンの摂取は任意です。任意だからこそ、摂取するべきか否かを判断する材料がたくさん欲しいのです。

私達に、きちんとした情報提供がされていれば、必要以上の不安はなくなるのでは、と思うのです。

    

(なおみ)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/667-08f02afe