2008-03-01 09:14 | カテゴリ:未分類

公開実験を

 

冷凍餃子事件で日本の警察の鑑識当局と中国の公安の鑑識当局の見解が割れている。

  日本側はメタミドフォスが袋の外からは浸透しないと言い、中国側は袋の外から浸透すると言う見解である。実験条件が変わればなんとでも意図的な結果をだせるものなので、ここは両者がフェアに、その道の専門の科学者に公開の立ち会い実験をすべきである。こう考えるのは小生でなくても科学界の常識であろう。

  メンツをかけた政治論争で事件を迷宮入りにさせるべきではない。この事件を契機に、ほんとうに今後の両国の共同捜査の枠組みが出来れば生産的であろう。あくまで未来志向でやってもらいたいものだ。

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/66-47739163