2009-10-07 12:56 | カテゴリ:未分類

最先端研究開発支援プロジェクトは700億円の減額措置だけか?

     

本日の朝日新聞の記事によれば、本日の時点で総額2兆5000億円の補正予算召し上げ額のうちわけの、文科省分の召し上げ額は2814億円である。

   

昨日までの報道では文科省分の召し上げ額は2000億円であったから、それより増額分の2814-2000=814億円は直近に決まったものであると考えられる。

   

別の記事によれば、2700億円の最先端研究開発支援プロジェクトは、700億円は召し上げられたようである。であるから、上記の814億円の大部分は最先端研究開発支援プロジェクトの召し上げ分によるものと考えられる。

  

未だ10月15日までに召し上げ額の最終決定期限が延びたので、今後どうなるのかは分からないが、鳩山首相はあと5000億円のメシ上げ額を要請している。

 

このそもそもが目的が意味不明なこのプロジェクトのお金はいっそ残り2000億円全額返上した方がいいのではないか? 「子育て資金」の方に回した方がはるかに有効であろう。

     

こう提案するのも、民主党政権の科学技術政策が全く見えないからである。来年度予算策定までに、一連のニューグリーンテクノロジーの骨格を決めてもらいたい。

   

民主党には科学技術政策ブレーンがいるのかね? 実のところ、大学研究者はこの点でみんな不安に思っている。  

        

(管窺)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/644-ff64cedd