2009-10-04 12:55 | カテゴリ:未分類

2700億円はどうなった?

  

文科省の補正予算見直しの結果が、たったの2000億円の返上と連日報じられている。

     

その中身は(今の時点で開示するともめるので、ということで)正確には報じられていない。

   

しかしどうやら、例の大学人の最大の関心事である<2700億円の最先端研究支援プロジェクト予算>の返上(あるいはメシ挙げ)は、未だ決定していないようである。

  

川端文科大臣も、判断に苦しんでいるのだろう。このプロジェクトを誰が発案して立ち上げ、誰が財務省と交渉して、誰が審査委員を選考して、どういうプロセスを経て最終的に30名に選考決定したのかを充分に精査して、その調査の結果を開示していただきたい。

    

そうでないと、これまでと同じように、本当には学問が分からない文科官僚の、思いがママ(あるいは思いつき?)の新規研究支援プロジェクトが、これからも次々と立ち上がって、大学の研究者が振り回されることになるだろう。

  

(管窺)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/638-14d0c1d0