2009-09-26 10:52 | カテゴリ:未分類

IMG_1637-1.jpg 

 サントリーの青色のキク(右)京都新聞より転載

 

   

サントリーの青いバラを「本当に青いバラ」にするために必要な遺伝子VIT1について

      

  サントリーが青いバラの開発で非常に頑張っている。最近も

 

世界初「青いキク」サントリー開発

 

という記事が京都新聞9月15日号に載っていた。

    

  が、誰が見てもサントリーの青色ばらの色は紫紺である。つまり少し紫色がかっている。また、今回新聞で見る(上記の写真)キクの色はごく一部が青紫色になっているにすぎない。

    

  それは、これらの花には青色に必要な水酸化酵素の遺伝子を導入してはいるのだが、青色に真に必要な3価の鉄イオンが不足しているためと思われる。

   

  花弁の発色に必要な発色色素団は花弁の細胞の液胞の中に存在していて、そこでマグネシュームや鉄イオンと錯体を形成して発色するからである。これまでの植物色素研究では、この鉄イオンが余り重視されていなかった。

    

  最近、名古屋大学の吉田久美准教授は花びらの液胞に2価鉄イオンを輸送するTgVIT1トランスポーター遺伝子をクローニングした。

  

  細胞質からVIT1トランスポーターを経由して液胞に取り込まれた2価鉄イオンは何らかの作用で3価鉄イオンとなり色素と結合して青色に発色すると、彼らは考えている。

     

  サントリーの開発した遺伝子導入花にこの遺伝子をさらに導入すれば、真に青いバラやキクが形成される可能性が非常に高い。

     

(森敏)

   

付記:以下の論文である。

A vacuolar iron transporter in tulip, TgVit1, is responsible for blue coloration in petal cells through iron accumulation
Kazumi Momonoi , Kumi Yoshida , Shoji Mano , Hideyuki Takahashi  , Chihiro Nakamori , Kazuaki Shoji  , Akira Nitta  and Mikio Nishimura
 ABSTRACT

Blue color in flowers is due mainly to anthocyanins, and a considerable part of blue coloration can be attributed to metal-complexed anthocyanins. However, the mechanism of metal ion transport into vacuoles and subsequent flower color development has yet to be fully explored. Previously, we studied the mechanism of blue color development specifically at the bottom of the inner perianth in purple tulip petals of Tulipa gesneriana cv. Murasakizuisho. We found that differences in iron content were associated with the development of blue- and purple-colored cells. Here, we identify a vacuolar iron transporter in T. gesneriana (TgVit1), and characterize the localization and function of this transporter protein in tulip petals. The amino acid sequence of TgVit1 is 85% similar that of the Arabidopsis thaliana vacuolar iron transporter AtVIT1, and also showed similarity to the AtVIT1 homolog in yeast, Ca2+-sensitive cross-complementer 1 (CCC1). The gene TgVit1 was expressed exclusively in blue-colored epidermal cells, and protein levels increased with increasing mRNA expression and blue coloration. Transient expression experiments revealed that TgVit1 localizes to the vacuolar membrane, and is responsible for the development of the blue color in purple cells. Expression of TgVit1 in yeast rescued the growth defect of ccc1 mutant cells in the presence of high concentrations of FeSO4. Our results indicate that TgVit1 plays an essential role in blue coloration as a vacuolar iron transporter in tulip petals. These results suggest a new role for involvement of a vacuolar iron transporter in blue flower color development.

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/627-e281eb16