2009-09-03 16:58 | カテゴリ:未分類

平均年齢-1 

                     図1 両党の平均年齢

 

      

年齢分布-1 

   図2.衆議院議委員の両党の年齢別度数分布(横軸は人数)

 

image004-1.gif 

           図3 両党の女性議員の比率

      

民主党と自民党の衆議院議員の年齢分布について

   

どの大新聞にも今回当選した衆議院議員の年齢分布が出ていなかったので、統計計算してみた。図1から平均年齢は

 

民主党議員 49.4±11.0

自民党議員 56.6±9.2

 

であることが分かる。両党間では約10年の世代間の価値観の差があるということである。

 

また、図2を詳しく見ると、民主党員は40代がピークであり、自民党は50代と60代が等しいピークである。

 

即ち、民主党は青年、壮年、老年のバランスがいいが、自民党は圧倒的に青年が少ない。したがって、次世代育成が可能な人的構成になっているのが民主党である。

 

民主党内の小・鳩チルドレンは20-30代が多いわけであるが、政治の最高学府である国会の場で実践教育を受けて、立派な次の世代をになう政治家に向こう4年間の間に急速に成長してほしいものだ。

 

図3には各党の女性議員の比率を示している。国立大学の女性教員比率が11.9%であるから、民主党の女性議員比率13%はそれよりわずかに高い。自民党の7%は低すぎる。

 

女性議員立法で、女性議員の比率を男女の人口比率にするというようなことを決めたらどうだろうか。 スエーデンの女性議員比率はなんと 47.3%である。

     

(管窺)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/607-1abd8ddc