2009-08-04 13:20 | カテゴリ:未分類

IMG_6578-1.jpg 

 

        フジヤマのトビウオ

 

古橋廣之進さんの死に思う

     

65歳以上なら誰もが記憶にある、敗戦後の意気消沈した我々に勇気を与えてくれた「フジヤマのトビウオ」がローマで逝去された。ニュースでは

  

。。。ローマを訪問、2日、ホテルの部屋で亡くなっているのが発見されました。現地の医師は死因に不審な点はないと説明し、現地に同行した日本の医師は「死因は急性心不全とみられる」と話しています。 。。。。

 

とある。

  

高齢者が1人で外国旅行に出かけると、こういう危険な事態を引き起こしかねない、という事例である。

  

小生も昔、ベルリンのホテルで深夜に大やけどを負った経験がある(このことは、WINEPブログに書いたことがある)。

 

それにしても、真相がよく分からないが、古橋氏のような80歳という御高齢の大人物が1人で旅行をしていたのであろうか?

 

  日本水連も大先輩にずいぶん冷たい扱いをしているナー、と思ってしまう。

      

(森敏)

 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/574-d89d6dbe