2009-06-25 10:41 | カテゴリ:未分類

アサズバ!!による「刷り込み」

     

衆議院議員選挙にむけて、新聞、テレビ、週刊誌などが、国会議員に対するあることない事の報道合戦を始めた。「真偽のほどは知るか!どんなスキャンダルでも、先に言った方が勝ち」、という実に無節操なムードが醸成されつつある。

    

あいかわらず、週刊新潮や週刊文春がひどい。また裁判沙汰になるだろう。

    

そんな中、本日の「アサズバ!!」では、相変わらず、わずか100人のアンケート結果と称する「民主党に対する疑問」のランキングを行い「民主党に出来るの?」というタイトルで3つの項目について、岡田克也幹事長にインタビューしていた。

    

司会のみのもんたが、実にしつこく、「今国民の最大の関心事は、西松献金事件と小沢一郎民主党代表代行の去就についてです。政権獲得後小沢代表代行はどうなるのか」、とか何とか、ステレオタイプの質問を連発して、いろいろと、カマをかけていた。それがあまりにしつこいので、女性キャスターが、「国民は西松事件だけで選挙の投票行動するわけではありませんよ」と機先を制していたが。

    

こういう世論誘導を行う番組のシナリオは、「アサズバ!!」のデイレクターによるものであるが、そのバックにいる放送局の上層部の意志であることは間違いないであろう。これからも衆議院議員選挙に向けて、番組「アサズバ!!」はしつこく小沢問題を取り上げて、国民に対する刷り込みを行いつづけるだろう。

     

それにしても岡田克也の反論がヘタですねー! 西松献金と小沢一郎に関する質問がぶつけられるのは、番組に出演する限りあらかじめわかっていることだから、もっと準備万端にして的確に明解に答えなさいよ。岡田氏は理論武装が弱いですね。質問に対する瞬発力も弱い。検察側の「政治資金規正法違反による大久保秘書逮捕」に関して、民主党は何のために第三者委員会を設置して膨大な報告書を提出させたのかね? 将来民主党が政権を獲得したとしても、とてもこんな人が党首にはなってもらいたくないですね、という印象を持ちました。

    

(管窺)

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/541-84583c57