2009-06-07 18:17 | カテゴリ:未分類

IMG_4475-1.jpg 

 

    しめなわ用の品種「みとらず」

 

IMG_4478-1.jpg 

   

    しめなわ用の品種「伊勢錦」

IMG_7736-1.jpg 

       

     本物の天然のしめなわ(熱田神宮にて)

  

   

  

注連縄(しめなわ)用のお米の品種

     

    WINEPブログでも紹介した(「白山神社のしめなわ」を参照ください)が、現在の神社は注連縄(しめなわ)が化学繊維で出来ているところが多い。多分、天然の稲から作る注連縄が入手困難になったためと思われる。真に索漠たる思いがする。

  

    最近農家を訪問したら、しめなわ専用の水稲の種子があると言うことで、見せてもらった。

 

      注連縄用の品種は味がまずいので、穂が出来ぬ栄養成長期のうち、だいたい田植え後2ヶ月めぐらいの時に収穫するそうである(これを青刈りという)。

 

    「みとらず」と「伊勢錦」と言う品種が日本では使われているとのこと。

   

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/529-1fed618a