2009-05-06 14:44 | カテゴリ:未分類

たった100人分の持参金?

 

 

  本日、文科省が極めて貧困な政策ではあるが以下のニュースのようにポスドク対策を打ち出している。

 

  博士採用へ腰の引けた企業への呼び水としては、やらないよりはましか。

 

  せめて1000人ぐらいを対象にしてほしい。いまぶらぶらしている失業ポスドク(ポストポスドク)は1万人以上居るだろうから。

 

<ポスドク>1人採用で5百万円…文科省が企業に「持参金」

5月6日11時46分配信 毎日新聞

 博士号取得後に任期付き研究員(ポスドク)として大学や公的研究機関で働く人たちの民間企業への就職を増やそうと、文部科学省が、ポスドクを採用した企業へ1人につき500万円を支給する。国策としてポスドクを増やしながら受け皿不足が指摘される中、「持参金」で企業側の採用意欲を高める狙い。文科省が企業対象の事業を実施するのは珍しく、09年度補正予算案に5億円を計上した。

 政府は90年代、高度な研究人材を増やそうと、大学院を重点化し博士号取得者を増やした。博士の受け皿となるポスドクは1万6000人を超えたが、企業への就職は進んでいない。日本経済団体連合会の06年調査で、技術系新卒採用者のうち博士は3%だ。

 文科省の調査によると、ポスドクの6割以上は企業への就職も視野に入れているが、企業側の技術系採用は修士が中心で、85%が「過去5年にほとんど採用していない」と答えている。企業側が「食わず嫌い」している状態だ。

 文科省の新施策では、まず企業からポスドクの活用方針や業務内容、支援策などの採用計画を募集。科学技術振興機構で審査した上で、採択された企業に対してポスドク1人につき500万円の雇用経費を支払う。支援期間は1年間だが、「使い捨て」にならないよう、終了後のキャリア構想も審査するという。文科省は「実際に採用した企業からのポスドクの評価は高い。何とかよい出会いを増やしたい」と話している。【西川拓】
(森敏)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/505-4f941835