2009-03-09 11:55 | カテゴリ:未分類

 

shiba2.jpg 

左のテラスの方から芝が荒れてしまったので、植え替えている。

      水を撒いて上から丁寧に叩く。

shiba1.jpg

     

        延々と同じ作業を続けている

  

芝をたたく

  

ホテル大蔵の喫茶室から外の庭園を見ると、今はなにもない殺風景であるが、寒空の下で二人の職人がなにやら作業をしていた。

 

外に出てその職人に聞くと、テラスから人々が芝生に出てくるので、芝生が荒れてしまったので、植え替えているのだそうである。庭の全面ではなく3分の一の100平方メートルぐらいであろうか。丁寧に丁寧に芝生に水を大量に散布しながら熊手鍬で、上からたたいて地面にしっかりと密着させているのだそうである。

 

一枚の芝生はだいたい30センチx50センチぐらいのシートである。それを全面にびっしりと敷き詰めている。芝の品種は聞きそびれたが高麗芝ではないかと思われる。

 

春になると根付いて青々とした芝生が見られるといいのだが今年はまだ無理だろう。2-3年で横方向にもランナーが出て、お互いの界面がわからなくなるのであろう。そうして人々の目を楽しませてくれるのであろう。裏方さんご苦労様。

  

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/448-c8bdad3b