2009-02-21 14:06 | カテゴリ:未分類

栄養補助食品とは?

   

  法律的に「栄養補助食品」という定義はない。ただこういうものを扱う業者の間では「通常の食事で不足する栄養素の摂取を補う目的で、栄養素の濃縮物が剤型の形状で1種類あるいはそれ以上の混合物が含有されている食品」を意味しているようである。従って、商品の宣伝文句に <栄養補助食品> をうたっている加工食品は以下のような「特定保健用食品」(通称“特保”)に課せられているような内容に関して、厚生労働省による個別審査を受けたものではない。

 

「特定保健用食品」とは

1 保健機能食品(特定保健用食品)である旨

2 栄養成分の表示(保健機能に関与する成分を含む)

3 特定の保健用途の表示(表示許可された表示)

4 1日当たりの摂取目安量

5 摂取方法

6 1日当たりの栄養所要量に対する充足率(栄養所要量が定められているものに限る)

7 摂取をする上での注意事項

 

従って「栄養補助食品」をあたかも国から審査を受けて認定されたような表現をすることは許されない。

  

健康x栄養x補助x機能x食品 などの5つのキーワードを使った、いかがわしい商品が大新聞に大々的に宣伝されていることに、小生は大きな危惧を覚える。

  

  小生も自戒をこめていうのだが、大不況も到来したことだし、日本人のサプリメント志向は、そろそろ縮小したほうがいいのではないか。

  

  佐藤信正氏(科学ライター)が文藝春秋2009季刊冬号のアンチエイジング読本で「サプリメント最前線」という記事を書いている。その文の最後に、

・・・・ (インターネッット販売で買う場合は)サプリメントの効果を謳うといった薬事法違反広告のあるホームページを持つ店舗は避けた方がよい。

と警告している。

  

  かって20年ほど前に我々の研究室の先輩が自分が造った“怪しい水”が種々の病気に効用があるという宣伝をして、薬事法違反で2回も逮捕されたことは未だ小生の記憶になまなましい。

  

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/429-37cf3616