2009-01-27 16:47 | カテゴリ:未分類

オバマ政権の科学技術論:代替エネルギー開発について

 

今回のオバマ大統領の就任演説は、精神論が多く、意外にも科学技術に関する言及が少ない。その中で以下の部分のみが核心であったと思われる。

We will restore science to its rightful place, and wield technology’s wonders to raise health care’s quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. All this we will do.

この訳文をマスコミ4紙から抜き書きすると以下のとおりである。

我々は科学を本来あるべき場所に引き戻し、技術を活用し医療の質を引き上げると共にコストを下げる。太陽、風や土壌を使って我々の自動車の燃料とし、工場を動かす。我々の学校や単科大、大学を新たな時代の要請にあわせるようにする。これらすべてが我々には可能だ。これらすべてを我々は実行するのだ。(毎日新聞)

科学を本来の姿に再建し、技術の驚異的な力を使って、医療の質を高め、コストを下げる。そして太陽や風、大地のエネルギーを利用し、車や工場の稼働に用いる。新しい時代の要請に応えるように学校や大学を変革する。これらすべては可能だ。そしてこれらすべてを、私たちは実行する。(朝日新聞)

 

科学を本来あるべき地位に戻し、医療の質を引き上げながら、そのコストは減らす。太陽、風や土壌を利用して自動車を動かし、工場を動かす。新時代の要請に合うよう学校や単科大、大学を変えていく。我々はすべてのことを成し遂げられるし、行っていく。(読売新聞)

 

われわれは科学をあるべき姿に回復させ、技術の驚異的な力を巧みに使って医療の質を向上させ、そのコストを削減する。われわれは太陽や風力、大地の恵みを利用して自動車を動かし、工場を稼働させる。そしてわれわれは新しい時代の要望に応じるため学校や、大学を改革する。われわれはこれらをすべて成し遂げることができるし、成し遂げるだろう。(共同通信)

 

訳文に若干の違いが見られるが4紙とも大略は一致している。ただここで、< the soil > と言う単語の訳が各社で分かれている。多分訳者の解釈能力の違いと考えられる。この < the soil > の訳が

1.土壌を使って 2.大地のエネルギーを利用し 3.土壌を利用して 4.大地の恵みを利用して

と意味が分かれている。私見ではここのところは、土壌に育つ植物からのバイオエネルギー を利用してと解釈したいところである。

 

次の、大学に関する内容でも表現が非常に抽象的である。 <to meet the demands of a new age> という言葉もいかようにも解釈できるところである。この <新時代の要請に応える> とはどういう意味なんだろうか? ここの全文は科学技術に関して論じているところであるから、大学が、前段の文章にある<医療や代替エネルギー開発に向けて>梶を切って欲しいと言うことなのではないだろうか。

 

従ってオバマの科学技術政策は、総括すると

1.     低廉且つ質の高い医療、

2.     従来の地下資源や原子力に変わる代替エネルギー(自然エネルギー:太陽光、風力、バイオエネルギー)の開発、

3.     新しい未来社会への貢献を重視した大学の役割の質的変化を促す

と言うことになるのではないだろうか。

 

これらの科学技術政策の中身に関してはこれから急速に詰めていくのだろう。

 

と思っていたら、昨日、早くも「代替エネルギー開発のために従来の3倍の予算を投入する」という産経新聞のニュースのテロップが小生が東北新幹線に乗っていた時に流れた。いよいよ本格始動したわけである。

 

また本日の朝のニュースでは、

1.地球温暖化防止を国連外交の最優先課題にする。

2.“新車の燃費基準を2020年までに15 キロメーター/リッター”の実現指針作りを命じる。

という極めて明確な中期目標を掲げた。

 

なかなか忙しくなってきた。環境政策でいささか出遅れたアメリカは今後矢継ぎ早に世界の流れにキャッチアップしてくるだろう。

    

(管窺)

追記:最近の文藝春秋による訳文では、以下の通りになっている。

科学をしかるべき地位に戻し科学技術の枠を駆使して医療の質を高め、コストを下げます。太陽や風や地熱を捉えて自動車を走らせ、工場を動かします。学校や大学を変革して新時代の要求に応えられるようにします。これらすべてを、私たちはやることができます。そして、私たちはこれをすべて実行します。

 

ここでは soil を 地熱 と訳している。 上記の4紙の訳と この文藝春秋の訳分を見ても、如何にこのオバマ演説の中の <soil> という単語が人心を惑わすものであるかが良く理解できるであろう。オバマ大統領は一度この<soil> の意味を詳しく説明する必要があるだろう。(2009年2月20日)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/406-356d2951