2009-01-15 22:15 | カテゴリ:未分類

fukayanegi.jpg 

            深谷ネギ

ぼうねぎ2’ 

       有機農法での棒ネギ 

棒ネギの糖度について

 

  知人から「深谷ネギ」が40本送られてきた。全長110センチもあった。そのうち白い部分が42センチもあった。太さ(直径2.5 センチ)がそろったすばらしいできばえである。

  

  その次の日に、無農薬・無化学肥料で有機質肥料のみで栽培したものを定期的に産地直送して頂いている知人からも、8本の棒ネギが送られてきた。太さはばらついており(直径3.52.0 センチ)白い部分が25センチであった。葉を切りおとされていたので全長はわからない。

  

  そこで両者の比較的太さのそろった棒ネギの白い可食部の糖度を測定してみた( 以下は2個体の平均値である)

  

 

出自       根端からの距離   糖度   

深谷ネギ           3 cm                        8.9 %  

                                    8 cm          8.3  %

                                  15 cm                         7.7  %

                                  20 cm                         7.1  %

                                  25 cm                         7.0  %

                                  30 cm                         6.2  %

 

有機農法ネギ    3 cm                         10.5  %

                                8 cm        -

                 15 cm                      

   20 cm                          8.8  %

     25 cm                          7.7  %

     30 cm                          7.1  %

                       

 

  根に近い部位をかじると、両者ともに最初は甘く感じたが、深谷ネギの方はすぐに辛みが感じられた。一方有機栽培ネギの方は時間が経っても辛みがあまり感じられなかった。

 

  有機栽培ネギの方は絞ると汁に粘性があることがわかった。小生が以前に、この有機栽培農家に実験的に栽培してもらった、無機化学肥料栽培ネギと有機質肥料栽培ネギの結果は後者が前者よりも糖度が高かった上に粘性も高かった。

 

  それにしてもこの時期の棒ネギは低温による効果で一年の内でも一段と糖度(甘み)が増しているようである。市販のトマトの糖度はせいぜい5-6%であるので、この時期の棒ネギはトマト以上に甘いということになる。ただし、辛みがあるので、素直にそれが感じられないだけなのである。

   

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/394-0352bfa8