2008-12-07 16:35 | カテゴリ:未分類

komeudonn.jpg 

       こめうどん(JR新潟駅)

 

komemafin.jpg 

     米の洋菓子(レストランにて)

 

komeaisu.jpg

   米で造ったアイスクリーム、下はリゾット

        (レストランにて )

  

米で作ったアイスクリーム

  

  JR新潟駅の建物内の土産ものコーナーを見ていると、米麺(こめめん)を市販しているメーカーが2つあった。先日のブログで紹介した米麺(べーめん)の業者よりも、こちらの方が先行していたので、後者がべーめんというネーミングにしたのだと思われた(あくまで推測だが)。いずれにせよすでに米のうどんは市販されているということがわかった。

 

  先日レストランにはいってメニューの中からたくさんあるデザートメニューを読んでいると、米のナンチャラカンチャラという字が目にとまった。米粉で造った、お菓子らしいので頼んでみた。出てきたのは、なんと、アイスクリーム、洋菓子のマフィン、凍らしたリゾットであった。全部米粉で出来ているという。なかなかおいしかった。小麦粉原料の製品と比べてまったく遜色ないと思った。

 

  コムギでなくても米で良質の食品が出来れば米を使った方がいいと思う。少しでも国内自給率を高めるためである。日本国内での物質循環を高めるために、農家、米粉業者、料理人が一層の創意工夫をこらして、米の利用効率を高めてもらいたいものだ。コムギで出来ることは何でも米でも出来るという具合に米粉の用途を広げてもらいたいものだ。デザートメニューなどは学校の給食で喜ばれること請け合いだ。

  

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/356-b02a74b8