2007-12-30 07:34 | カテゴリ:未分類

一瞬の光芒

 

    以下は本日早朝のNHK番組「命の重さ」での 神坂次郎 -還らざる若者への鎮魂- で紹介された川柳の一部である。この川柳は鹿児島県薩摩半島の知覧の特攻基地から、死出の旅路(沖縄海戦)に出撃する3日まえに 20歳前後の学徒動員された特攻隊員が詠んだ川柳100首のほんの一部ということである。

 

  

  

   生きるのはよいものと気がつく3日前

  

  

   万歳(ばんざい)がこの世の声の出し納め

  

  

   父母恋し彼女恋しと雲に告げ

  

  

   出撃の時間くるまでへぼ将棋

  

  

   いざさらば小さい借りを思い出し

 

なんというインテリジェンスであろう。

 

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/34-55cfb4fa