2008-10-29 19:08 | カテゴリ:未分類

aguribijinesufea.jpg 

     なかなかの盛況。活発な議論(商談?)が展開されていた。 

 

  

アグリビジネス創出フェア2008(1日目)

  

  本日東京有楽町の「東京フォーラム」の会場で始まった農水省などが主催する「アグリビジネス創出フェア2008」を、午後の3時間ばかりゆっくり見学した。説明員と話をしていて、相当高いレベルの話が出来る方と、そうでないいい加減な、明らかに間違ったことを平気で説明する方とがいた。

  

  多分展示内容に関して実際に仕事をされている方からの説明はよくわかるのだが、業務命令で専門ではない分野の説明にかり出されてきた様子の人の説明は、ちょっと詳しいことを質問されると、ふにゃふにゃになるようである。

    

  やはり後者の場合は「この人は本当にやる気があるのだろうか」といぶかられて印象が悪いので、会社や組織の代表選手としてはかなり拙い人選だと思う。

   

  第一線の研究者や技術者でも、このような場に出かけてきて、ブースに来る訪問者と対話することは、決して無駄ではないと思う。いいアイデアを得るよい機会になるかもしれないし。

   

明日また出かけるが、いい情報や起業家に出会いたいと思う。

      

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/309-c178cf6f