fc2ブログ
2024-04-15 07:34 | カテゴリ:未分類
文京区の紅岸寺というところに花弁が緑の桜があるということが情報誌に掲載されていたので、のこのこと出かけた。

境内ではその桜の木が満開のところであった。遠目には全く地味な桜の木であったが、近接してみると不思議に魅力を感じた。
  

P4140857.jpg


P4140861.jpg

P4140863.jpg

本堂の正面上には「江岸禅寺」の額が掲げられており、ドアが閉められていて、中からどうやらお経らしきものを挙げている声が漏れ聞こえていた。どうやら禅寺らしい。

その本堂の前にパンフレットが数冊置かれており、その一冊『曹洞禅グラフ』というのをぱらぱらとめくっていると、「生成AI教」は誕生するか? というテーマで正木晃早稲田大学オープンカレッジ講師さんがエッセイを書かれていた。

その文章の中に、
酒井邦嘉・東京大学教授によれば 「生成AIと対話を繰り返していると、生成AIが相手の性格や好き嫌いを見抜いて、相手が喜びそうな答えを8割くらい出すという。したがって対人関係に悩む人にとっては福音で、最高の友人や伴侶になる可能性がある。そこにVRやARが加わったら、どうなるか考えていただきたい。
という問題提起をされていた。

そこで家に帰ってコンピューターで生成AIに聞いてみた(小生はスマホを持たないので)。

小生:
AIが宗教的な活動にどのように利用されるか知りたい。

Copilot(生成AI):
AIは宗教的な活動に様々な方法で利用されています。以下にいくつかの例を挙げます:
1. AIチャットボット: AIチャットボットは、一般的な宗教的な質問に答えたり、精神的なガイダンスを提供したりすることができます。これらのチャットボットは宗教的なテキストや教えをプログラムすることができ、宗教的なガイダンスを求める個々の人々に対して知識豊富な応答とサポートを提供することができます。

2。宗教的なテキストの解析: AIのアルゴリズムは大量のデータを解析する能力を持っており、個々の人々が宗教的なテキスト、伝統、教えをより包括的かつ文脈化された方法で探求することを可能にします。AIの深層学習の能力は、宗教的な原則のより深い理解と解釈を促進し、より情報に基づいた強力な宗教的なコミュニティを育成することができます。

3. 宗教的な儀式のAI統合: AIは宗教的な儀式に統合され、個々の信者に対してよりパーソナライズされた体験を提供することができます。AIは、個々の信者のユニークなニーズと信念に対応するように、宗教的な体験をカスタマイズすることができます。

4. 宗教的なリーダーシップとガイダンス: AIは、キリスト教のAIチャットボット、仮想イマーム、ヒンドゥー教の寺院のロボット司祭、AI統合説教、仮想現実の教会サービスなど、宗教的なリーダーシップとガイダンスに応用されています。

これらの例は、AIが宗教的な活動にどのように利用されているかの一部を示しています。しかし、AIが宗教的な活動にどのように利用されるかは、その宗教、そのコミュニティ、そしてその信者のニーズと信念に大きく依存します。


ということで、すでに宗教界で生成AIを取り込もうとしている動きがあることが分かった。

先週号の週刊新潮の五木寛之さんの随筆では、「新聞でAIが人生相談するコーナーが設けられる時代が来るだろうか」、みたいなことが書かれていたと記憶するが、宗教界ではすでにその動きがあるようだ。

なかなか面白いことになってきた。禅坊主も司祭も相当な修行を積まないと、生成AIに負けますぞ。


(森敏)



秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/3042-24b9ca03