fc2ブログ
2024-01-10 15:38 | カテゴリ:未分類
東大の農学部獣医学科は1960年代の小生が学生の頃は、教養学部からの進学率が農学部の学科の中で最低で、定員が底割れしていた。農芸化学科が一番人気が高かった。

小生の記憶では1990年ごろから、シリーズ物の少女漫画「動物のお医者さん」(佐々木倫子)の人気が沸騰して、徐々に成績のいい女子学生が獣医学科に進学するようになって、2010年ごろにピークを迎え、それまでずっと人気が高かった農芸化学科を抜いていった。実際、獣医学科の教員にnatureやscienceへの投稿歴のある人物がどんどん採用されるようになってきた。だから獣医学科には成績の良い学生の比率が高いのではないだろうか、と定年退職後からもずっと思っていた。

ところが先日の東大農学部教員の忘年会で、その獣医学科の学生による人気がプラトーに達して、最近は少し落ちてきているのではないかとの話を聴いた。それはなぜかというに、SDGs(Sustainable Development Goals)に敏感な優秀な(?)学生たちが、

①牛のゲップの中のメタンガスが、環境汚染(温室効果)に影響していることが明らかになった。
②牛肉の生産は最も他の動物(鶏、豚など)に比べて飼料効率が悪いので、人の穀物と拮抗する、等の理由で、先進国の人々から牛肉離れが起きている。

等の思想的理由からだろうということであった。
(牛のゲップから排出されるメタンガスは、地球上の全温室効果ガスの約4%を占めている。また、メタンガスは二酸化炭素(CO2)の約25倍の温室効果があると言われている。つまり、牛のゲップは地球温暖化に大きな影響を与えていると言える。このため、牛のゲップからのメタンガス排出を抑制する取り組みが世界中で求められている)

本日の朝日新聞には、以上のような問題の解決の試みとして、人造培養肉の開発、メタンを発生させない飼料の開発等が報じられていた。想像力を働かせれば、このほかにいっぱいSDGsに関係する獣医学が学問的にやる課題はあるだろうと思う。

「大豆由来の加工肉は添加物だらけでテクスチャーもよくないね。うまくない」と獣医学科の先生に云ったら「最近の技術の進歩はとてつもなく早いから、そのうちおいしくなりますよ」というご託宣であった。

ところで、案外ほとんどの国民には知られていないようだが、現在900名弱が、毎年の獣医師国家試験の合格者だ。つまり獣医師は毎年900人弱誕生してくれればいいという文科省や農水省や厚労省の方針なのだ。なので、全国の獣医学科への入学には受験生は旧帝大並みの偏差値を強いられている。受験はかなりの狭き門なのである。
   
(これに対して、医師の国家試験の定員枠は獣医師試験の10倍の10000人前後である。ちなみに現在の獣医師免許保持者は4万人弱、医師免許保持者は32万7千人弱である。)


(森敏)

付記:書き忘れたが、獣医学科の人気が高まったもう一つの理由は、急速にバイオテクノロジーの技術が台頭してきたこととも強く関連している。医学部では人間に遺伝子組み換えの技術を安易には適応できないが、獣医学科では得意とする哺乳動物でも犬・猫など、従来から医学部が扱うラッテ・モルモット・マウス・ハムスターなどよりもより人間に近い哺乳動物を躊躇なく扱える。だから遺伝子組み換えの結果が早く出て、論文が早く書けるという、学問上の大きなメリットがあるという魅力が、やる気のある若者に魅力的だったからだとも思われる。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/3009-45f27844