fc2ブログ
2023-11-22 12:56 | カテゴリ:未分類
  近藤孝男さん(名古屋大特別教授・時間生物学)が11月16日、肺炎で死去、75歳。近藤さんは平成26年日本学士院賞を授賞して令和元年には文化功労者に選出されている。業績の中身は「生き物の体内で時を刻む生物時計の仕組みが、たんぱく質の機能に基づいていることをシアノバクテリアで明らかにした」と新聞では報じられている。
 
  小生は毎日この新聞の片隅の「死亡欄」を見ているので、この記事を見てアッと声が出なかった
 
  近藤さんと小生は同じ年に日本学士院賞を授賞して、その日は丸一日学士院・皇居・ホテルとご一緒したからである。
 
  生物時計遺伝子ではショウジョウバエを用いた外国人に3人枠の為かノーベル賞を惜しくもかっさらわれましたが、研究を名古屋大学で現在も続行中だったようです。

  あまりにも早いご逝去でした。心からご冥福を祈ります。
 
 森敏
 
付記1:近藤さんの日本学士院賞受賞研究要旨は、以下のネットの学士院欄に紹介されています。
  
  kondo.pdf (japan-acad.go.jp)
 
付記2:Bingで検索すると以下の簡潔な情報が得られました。
 
  ショウジョウバエを用いて生物時計の遺伝子を発見してノーベル賞をもらった研究者は、ジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤングの3人です。彼らは、ショウジョウバエのX染色体に位置するperiod(per)遺伝子をクローニングし、その転写とタンパク質発現の振動がショウジョウバエの概日リズムを制御する分子機構において中心的な役割を果たしていることを明らかにしました。per遺伝子の変異は、概日リズムの周期を短くしたり長くしたり、あるいは完全に狂わせたりすることが知られています。このように、生物の体内で時を刻む「体内時計」に指示を出す遺伝子を特定した功績が認められ、2017年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2995-54572dbc