fc2ブログ
2023-10-18 16:04 | カテゴリ:未分類

「文芸春秋」社は創始者菊池寛の精神の伝統を守って、ときどき検察と司法がグルになって、無法に長期にわたって獄中に収監された被告の手記を歴史的に優先的に公開している。のちに無罪であったり有罪であったりに関わらず。

権力によって不当に命の危険にさらされた獄中生活者の経験の手記は、抜群の一次情報として、誰が読んでも胸を打つものがあるからであろう。

文芸春秋の11月号には、角川歴彦(前)会長の東京オリンピックに関わる賄賂の問題で、何回も検事による一見柔和な尋問を受けているときに、ある日突然、「あなたを逮捕します」と強制的に逮捕・収監されて、その後226日も小菅刑務所に拘留され続けた手記が公開されている。

高齢者である角川さんは、何度もいくつかの命に係わる持病で、その発症のたびに獄中からの保釈申請を出していたのだが、その都度裁判所に「証拠隠滅]を理由に却下されている。裁判所の判事が検察官とぐるになって収監されている被告の獄中死を何とも思っていない冷酷さを、恨みを込めて告発している。角川さんが検察が作成した調書に不本意であるので、決して署名しないからである。完全ないやがらせによる長期拘留である。

角川さんの手記のタイトルは以下のとおりである。

KADOKAWA前会長 角川歴彦
我が囚人生活226日


「人質司法という問題を自らの経験から指摘したい」
検察の暴走を訴える痛哭の手記

という長いもので、文章中のサブタイトルは
〇娑婆に出てきた喜び
〇不意打った逮捕します
〇拘置所の思想
〇冤罪を生む温床に
〇「死なないと出られません」
〇小菅で読んだ獄中俳句
〇釈放が決まった瞬間
“人質司法禁止法” 制定を


である。

小生の記憶では厚労省元局長であった村木厚子さんの印鑑偽造事件というでっちあげの冤罪の手記が、文芸春秋に載っていて、印象に残っているが、検察の取り調べの内容は今回の角川歴彦さんの場合と似ていたように思う。

日本における過去の多くの冤罪事件は以下のホームページに満載されている。
Category:日本の冤罪事件 - Wikipedia

戦前戦後一貫して、日本は冤罪製造国家であり続けている。


(森敏)


追記:大川原化学工業事件では、中国への輸出禁止品目を輸出したとして、代表取締役らが逮捕投獄されて、実はこれが捏造であるということを、当時の取調官が告白して、無罪が発覚し、検察庁は控訴を取り下げた。しかし被告の一人である相談役は病死した。この損害賠償裁判が本日(12月27日)結審する
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f2b7c8e7a63efa9a19edaf9036152ab9f0285bf
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2982-9ef854b4