fc2ブログ
2023-10-02 13:34 | カテゴリ:未分類
昼食用にスーパーで、
マアジのフライ 198円(税別)と 
ロースハム 198円(税別) 
を、いつもの通り セルフレジでバーコードを読ませて、カードで支払った。

出てきたレシートを見て驚いた。支払額が641円となっていたのだ!
レシートをよく点検するとロースハムが2個購入されたと打ち込まれていた。

セルフレジを監視している女性を呼んで指摘したら、無線で連絡して経理関係者らしい中年の女性が奥から出てきて、
「誤ってレジが二度打たれたようですので、一度全額支払いを返却して、新しく打ち込んでお支払いいたします」と言ってレジを操作して,427円の領収証をもらった。

「カード会社への手続きは大丈夫でしょうね?」
「大丈夫だと思います」
「なぜレジが二度打ちされたのですか?」
「多分お客さんが、画面にバーコードを二度読ませるような操作になったのではないかと思います」
「ふーん。今後どうすればいいんですかね?」
「バーコードを読ませたら画面からすぐ商品を退却するようにしてください。それと、毎回領収書レシートをよくご確認くださいませ」

ということであった。顧客のクレイム処理の手早さから判断して、けっこう小生と同じようなセルフレジでの事故が起こっていると思われた。

これまでセルフレジばかりでなくレジ係を信用してあまりレシートをチェックしてこなかったのだが、スーパーによっては多品目を買ったときには「あれ?俺こんなたくさん買ったのかな?」と思ったことが何度もあった。暗算が得意でない上に普段は遮入りの遠視の眼鏡なので、レシートの細かい文字はその場で定かに判別できなくて、結局そのままで過ごしてきた。

これからは、レジ後にしっかりと近視の眼鏡に切り替えてレシートをしっかりと確認しよう。セルフレジでなくてもカウンターの男女のレジ打ちだって、打ち間違っているかもしれない。ましてやバーコードがない野菜や果物やのレジは店頭での手書きの表示価格と同じ価格をしっかりと打っているかどうか、その場でチェックしないと危ないと思う。

今回は購入した商品がたった2点だったので、たまたまレシートに目が行ったのだった。
    
(森敏)

追記: 今朝(2023年10月3日)、上記と異なるスーパーでタルタルソース(税込み279円)を買うときに、レジの男性に1000円札を渡したら、
「はい、279円ですね。1000円でよろしいでしょうか?おつり721円をお返しいたします」
と、レシートと現金のお釣りをもらった。ところが数えてみるとお釣りが701円しかなかった。
500円玉+200円玉2個+1円玉1個であった。

「20円足りないよ」
「すみません」といって10円玉二個を返金してくれた。

この店ではレジ係がコロコロ変わり、この男性は先日レジの訓練を外国人女性から受けていたことを思い出した。まだ新人なのでコイン玉のお互いの見分けが瞬時にできないのだろう。
500エン玉コインと100円玉コインと1円玉コインは大きさが顕著に違うので、お互いに見分けやすいが、しかし100円玉コインと10円玉コインは大きさが同じで、古びた100円玉は10円玉と間違えやすそうである。彼は100円玉コイン2枚で10円玉コイン2枚も支払ったのだと勘違いしたものと思われる。

「こんな間違いもあるんだ::::」と皮肉っておいた。

このレジでは以前にも新人のネパール人がコインを間違って、やんわりと抗議したことがある。(このことは以前のブログでも紹介したことがある)。新人レジ打ちは、外国人であろうが日本人であろうが、必ず間違うことがあると消費者は銘記すべきかと思う。

このようなレジ騒動の背景にあるのは言わずと知れた、昨今の人手不足にあることは明らかである。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2978-ed73326c