fc2ブログ
2023-03-06 01:22 | カテゴリ:未分類
Chat GPTに、「直観」を定義してもらった。

私見ではこの回答の最後の定義はけっこういい線を行っているんではないかと思います。




問い:
直感とは何ぞや? 直感を過去や現在の哲学者や科学技術論者の定義を包摂して、可能な限り定義してみてください。


回答:
直感とは、人間の知覚能力の一種であり、理性的な思考や分析的な思考に先行して、無意識的に生じる判断や洞察力、または感覚的な理解のことを指します。直感は、感覚的な情報、個人的な経験、知識、記憶、感情などを基に、瞬時に判断や決定を下すことができます。

哲学者の中には、直感を理性と対比して、感性的な知覚や経験的な知識を指す用語として使用する人もいます。例えば、ルネ・デカルトは、直感を「明晰な知覚」と定義し、理性的な推論よりも信頼性の高い判断を生み出すものとして考えていました。また、ジョン・ロックは、経験主義的な立場から、直感を「知識の源泉」として位置づけました。

一方、科学技術論者の中には、直感を非常に重要な能力と位置づける人もいます。例えば、アルベルト・アインシュタインは、「想像力は知識よりも重要である」と述べ、直感的な洞察力が科学的発見に重要な役割を果たすことを強調しました。また、スティーブ・ジョブズは、直感力を持つことの重要性を説き、創造的な問題解決やビジネスの成功において、直感が重要な役割を果たすことを指摘しています。

総合すると、直感とは、感覚的な情報や経験、知識、記憶、感情などを基に、無意識的に生じる判断や洞察力、または感覚的な理解のことを指します。哲学者や科学技術論者の中には、直感を重要な能力として位置づける人も多く、直感的な判断が理性的な思考や分析的な思考に先行することがあるとされています。


ーーーーーー

(森敏)

追記1:追ってChatGPTに対して次の問答をしてみました。あまりシャープな答えではありませんが参考にはなると思います。

問い:
「直観力」というものがあるとすればその能力を高める技法はあると思いますか?

 
回答:
直観力は、人間の心の中にある直感的な判断力や洞察力を指す言葉です。この能力を高めるためには、以下のような技法があると言われています。

マインドフルネス瞑想: マインドフルネス瞑想は、自分自身の内面に注意を向け、自分の感情や思考に注意を払う瞑想の一種です。この瞑想を行うことで、自分自身に集中することができ、直観力を高めることができます。

クリエイティブな活動: クリエイティブな活動を行うことで、直観力を高めることができます。例えば、音楽を演奏したり、絵を描いたりすることで、直感的な表現力を高めることができます。

問題解決の練習: 問題解決の練習を行うことで、直観力を高めることができます。例えば、クロスワードパズルや数独を解いたり、問題解決に取り組むことで、自分の直観力を養うことができます。

経験から学ぶ: 経験から学ぶことで、直観力を高めることができます。経験を通じて、自分自身が何を感じるかを理解し、それを自分の直観力として活用することができます。

質問を繰り返す: 質問を繰り返すことで、直観力を高めることができます。自分自身に質問を繰り返すことで、自分自身の直観的な感覚を活用することができます。

以上のような技法を取り入れることで、直観力を高めることができます。ただし、直観力は個人差があり、環境や経験によっても変化するため、一概に効果があるとは言い切れません。



追記2: 追加質問してみた。

問い:
60年以上前に「直感とは、はなかんずく、論理である」とルカーチが述べています。どう思われますか?


回答:
ルカーチのこの言葉は、直感と論理が密接に関連していることを示していると思います。直感的な判断や決定をする場合、論理的思考プロセスも働いているのです。

例えば、ある状況で直感的に何かを感じ取ったとします。その直感は、以前の経験や知識、感情などから得られた情報を総合的に評価して得られたものかもしれません。この過程において、論理的思考が働いていると言えます。

一方で、直感による判断が誤っている場合もあ:::::::(途中で返事が来なくなった。困惑したのかな?)
秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2876-abdab65d