fc2ブログ
2023-02-19 12:14 | カテゴリ:未分類
トルコ地震1
大地震でオリーブ畑に生じた巨大な地割れ=11日、トルコ南部ハタイ県(ゲッティ=共同)© KYODONEWS


この写真を見て「原発再稼働」や「原発の廃炉までの年数の延長」や「新規原発の既存の施設内への増設計画」などの日本政府の、ウクライナ戦争によるエネルギー危機に便乗した方針が如何に愚劣であるかに想像力が及ばない日本人はいないと思う。
 
6名の原発規制委員会の連中の中では地質学者の石渡明さんだけが原発の期間の60年超延長に反対意見を述べたとのことである。他の委員は上記の画像を見ても、なんやかんやと屁理屈を述べて、弁解するでしょうが、規制委員会はまさしく「専門馬鹿集団」に成り下がったですね。

彼らは日本の原発立地でこんな超特大地震が起きたらどう責任を取るんでしょうか?


トルコで畑に突如、巨大な「谷」 大地震で発生、幅100m超
共同通信社 によるストーリー • 昨日 16:58

 トルコ南部ハタイ県のオリーブ畑に、6日の大地震で巨大な地割れが生じたとして、トルコで話題となっている。深さ数十メートル、対岸への幅100メートル超の亀裂が延々と続き、新たな「谷」の出現は地震の規模の大きさを改めて示すものとして、衝撃をもって受け止められている。

 地割れはハタイ県アンタキヤの郊外、シリア国境に近い村テペハンにある。現地を訪れると、オリーブの低木が等間隔で並ぶ丘の途中から、突如として崖が姿を見せ、のぞき込むと灰色や黄土色の岩肌がむき出しになっていた。
 地割れの一部は幅約200~300メートルに達しているとの報道もある。




(森敏)
付記1:まだどこの報道機関からも発信されていないようだが、現在建設途上のトルコのアックユ原子力発電所はこれで稼働は永久に不可能になっただろう。今回の大地震による国民の反感とともに、ロシアのオリガルヒからの支援も絶えるだろうから。

ウイキぺデイアには以下の記載がある

::::2018年4月3日に起工式が開かれ、トルコの首都アンカラを訪問したロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が映像回線経由で参加した。原発の稼働予定は2023年。トルコの原子力規制当局が1号機の建設を認可したのは式典前日の4月2日である。
トルコ政府は人口密度が低く、地震のリスクが低いことからこの場所を選んだ。


追記:2月21日のニュースでは、トルコ南部で震度6.3の地震があり死者3人負傷者300人が出たという暫定報道があった。アックユ原子力発電所はトルコ南部の沿岸に位置している。報道がないがこの原発も揺れたに違いない。

追記2;
トルコ・シリア地震は阪神の20倍 横ずれ型、日本でも
2023年2月27日 11:00 (2023年2月27日 18:22更新)

死者が5万人を超えたトルコ南部の大地震は、断層が水平方向にずれる「横ずれ断層型」で、1995年の阪神大震災の約20倍のエネルギーだったことが専門家の分析で分かった。横ずれ断層型の内陸直下地震は日本でも過去に甚大な被害をもたらしており、大地震のリスクが比較的高いとされる活断層は全国で約30カ所に上る。地震発生から27日で3週間。耐震化の進む日本でも防災対策の再点検が求められる。

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2864-b0e92df6