fc2ブログ
2023-02-09 05:12 | カテゴリ:未分類

小生は以前に日本政府による発電機の支援があまりにも貧弱であるので心配していることを述べておいたが、なんと今日の報道ではJICAは発電機を259台もさみだれ的にウクライナに送っていたようだ。

日本政府はウクライナに対して今回の、以下の記事にあるように目に見える民生支援を継続しておこなうべきだ。岸田首相はそのことをもっともっと具体的に記者会見で発信すべきだ。陰でひっそりと支援しているみたいな、日本の謙譲の美徳では国の内外にアピールしないのでよくない。

この支援は以下の報道によるとJICAを通して行われているようだが、なぜかJICAのホームページにはそのことが掲載されていない(みつからない)。


ー-----------
日本政府のウクライナへの提供発電機はすでに259台=宇エネルギー省

ウクライナのエネルギー省は、日本が2022年12月から2023年2月の間にウクライナに提供した発電機は259台に上ると発表した。
エネルギー省がテレグラム・チャンネルにて伝えた。

発表には、「2022年12月から2023年2月の間に、ウクライナは、日本から259台の発電機と部品の形の人道支援を受け取った」と書かれている。

また同発表にて、ハルシチェンコ・エネルギー相は、「ロシア人は、ウクライナ全国の電力システムを狙って攻撃し続けている。私たちの国際パートナーの支援のおかげで、私たちは復旧作業を行い、電力企業の活動を確保し、私たちの電力前線を守っている」と発言した。

日本から提供された支援は、ウクライナ全土の石炭、ガス採掘、ガス輸送、電力、暖房の分野の企業の間で配分されるという。

ハルシチェンコ氏は、「国際協力機構(JICA)と日本基金に、支援提供につき感謝している。これはウクライナのエネルギー安全保障と私たちの電力分野の活動の安定性への貢献だ」と強調した。



森敏
追記:1月15日外務省がウクライナに対して追加の民生支援を行った。一億円に満たない。無いよりましだが、もっと大胆な支援をすべきだろう。いまだにこんな少額では、少々恥ずかしいね。民間のボランテイア並みの金額だ。



時事通信
ウクライナ警察にカイロ提供=日本政府が越冬支援
1 時間前

 外務省は14日、ウクライナに対する追加の越冬支援として、同国警察に使い捨てカイロと交通安全対策の反射材を無償提供すると発表した。約55万ドル(約7300万円)相当分を国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)経由で送る。
外務省© 時事通信 提供
 外務省によると、ウクライナではロシアの攻撃で発電所などが破壊され、停電による夜間の交通事故が増加した。交通整理に当たる警察官の寒さ緩和と安全確保のためカイロ13万個とベスト型の反射材2万着を、市民向けにリストバンド型の反射材16万個を供与する。 


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2858-ea3e688f