fc2ブログ
2022-09-27 07:42 | カテゴリ:未分類

  いかなノー天気なモスクワの若者もウクライナ侵略戦争がこれまでのように他人事ではなくなった。

  近い将来前線で殺されるかもしれない彼らの心境は戦々恐々だろうと思う。

  戦争が身近になったのである。明日は我が身になったのである。


  現在プーチンが現在進行形で実施している、実に権力者による恣意的な予備役徴兵30万人計画は以下のごとく基準があいまいで、若者に大混乱を招いている。

  いよいよよゆくゆくは武器を持った徴兵された若者が、反乱して狂犬プーチン政権がひっくり返る可能性が出てきた。
    
流言飛語も含めて狂犬プーチンの動員令は、時々刻々と以下の内容を含みつつある。
   
〇徴兵の基準をあいまいにして地方自治体の首長の恣意的采配にしておく。

〇ロシアの占領地のウクライナ人を優先的に徴兵して前線に送り込みウクライナ兵と戦わせる。

〇ロシア政府高官(例えばペスコフ報道官)の息子などは徴兵しない特例を設ける。

〇反戦デモで拘束された若者を優先的に直ちにその場で徴兵する。

〇少数民族の若者を優先して徴兵して直ちに前線に送る。

〇徴兵忌避者や戦線逃亡者は懲役10年の刑に処す。

〇徴兵候補は30万人ではなく 2500万人で、国民皆兵に至る可能性がある。

〇近いうちに期限を定めて若者の国外脱出(逃亡)を禁じる。

〇国境を閉鎖する。
 
 
 
(森敏)


追記1:

戦地から離れた首都モスクワでも戦争が身近に
テレ朝news 2022/09/27 03:04
 
 ロシアのプーチン大統領が出した部分的な動員令によって戦地から遠く離れた首都のモスクワも日常生活で「戦争」と向き合わざるを得ない状況となりつつあります。
 モスクワ市内にあるビクチュク劇場です。部分的な動員令を受けて臨時の入隊事務所となり、ここから動員された市民らが訓練キャンプへと送られて行きます。
 見送りに来ていた家族によりますと、モスクワ郊外の訓練キャンプに2週間ほど滞在した後、ウクライナの前線へ送られるようだということです。
 また、動員に備えて多くのモスクワ市民が公証人役場に詰め掛けています。
 動員で戦地に行った場合、家族らに行政手続きを任せる委任状を作成するためだとみられていて、独立系メディアは午前6時から行列ができている公証人役場もあると伝えています。
 西側諸国による制裁のさらなる強化やロシア政府による新たな規制を恐れたためか、大量の現金を引き出す人も多く、市内の一部のATMでは高額紙幣がなくなりました。
 22日には、一日だけで1321億ルーブル=およそ3280億円が引き出されたということです。
 ロシアによるウクライナ侵攻が始まった直後、3月以来の記録的な額だということです。



追記2: 若者の銃による反乱が始まった。これは実力行使の嚆矢となるだろう。

ロシアの徴兵事務所で銃撃 動員令に反発、男を拘束
ヨーロッパ
2022年9月27日 5:54 (2022年9月27日 5:59更新)
インタファクス通信などによると、ロシア・シベリアのイルクーツク州ウスチイリムスクの徴兵事務所で26日、銃撃事件があり、所長が重体となった。コブゼフ知事が通信アプリ「テレグラム」で明らかにした。容疑者として拘束された無職の男(25)は事件前、ウクライナ侵攻をめぐる動員令に反発していたという。
独立系メディアの取材では、男の母親は「息子は招集令状を受け取っていなかったが、(軍務経験のない)親友にきのう届いて落胆していた」と証言。「部分動員令と言いながら、みんなを招集している」と息子の不満を代弁した。ショイグ国防相は「経験豊富な予備役」だけを招集すると説明していた。
ロシアでは21日に動員令が出た後、反戦デモや国外脱出が相次ぐなど、社会不安が拡大。各地で徴兵事務所が放火される事件も起きている。(時事)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2801-373c96b1