fc2ブログ
2022-08-09 16:50 | カテゴリ:未分類
狂犬プーチンのやることは予測がつかない。
  
キーウ攻略という緒戦の敗退以来、
 
軍事的に引き際が見出せない狂犬プーチンは
 
「ロシアがウクライナに負けるはずがない」
 
と意地になっているとしか思えない。
 
狂犬プーチンはサポリッジャ原発を爆発させて、
  
世界中に戦争終結が不可避であるように 
 
ロシア軍に仕向けているのではないだろうか?
  
しかも、その原発爆発という甚大な結果を、
 
ロシア流の奇妙奇天烈なレトリックで
  
ウクライナ軍のせいにするだろう。
   


(森敏)
 
付記1:

日本の多くの識者が
 
「プーチンは正気でただ冷徹であるにすぎない」
 
というしたり顔の言葉を述べているのだが、小生は全く信じない。
 
プーチンの誇大妄想はすでに狂気のヒトラーを超えている。

付記2:
 
【キーウ共同】ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は、ロシアが占拠する南部のザポロジエ原発に対する連日の攻撃について、使用済み核燃料の貯蔵庫が複数破壊されれば「計り知れない大惨事が起きる」と述べた。ロイター通信が地元メディアを引用して8日報じた。

 総裁は国際社会に「ロシア軍を撤退させ平和維持部隊を派遣すべきだ」と要求。周辺に非武装地帯を設けるよう訴えた。

 一方、ロシア国防省報道官は、原発攻撃がウクライナ側の砲撃によるものだとして、「新たな核テロだ」と非難。双方が互いの非難に終始しており、安全確保の具体的方策は取られていない。

追記1:

NHK NEWSWEB 8月10日
G7外相 ザポリージャ原発の安全への懸念で声明 
 
ウクライナ南東部にあるロシア軍が掌握するザポリージャ原子力発電所に砲撃が相次ぎ、原発の安全への懸念が広がっていることを受けて、G7=主要7か国の外相は10日、声明を出しました。

声明では「ウクライナの原子力施設をロシア軍が掌握し、施設の安全に深刻な脅威をもたらし、原発事故のリスクを著しく高めウクライナや周辺国、そして国際社会を危険にさらしていることを深く懸念している」として、ロシアに対して原発をただちにウクライナ側に戻すよう求めました。

また声明では「IAEA=国際原子力機関のスタッフは、ウクライナにあるすべての原子力施設に安全、また妨害を受けずに出入りできなければならない」として、IAEAの専門家チームが現地に入ることが必要だと訴えています。

追記2.ウクライナのポドリャク大統領府長官は8月12日の会見で、

「プーチンはいまだに幻想の中を生きており、そのことがプロセスを支配している。さらには、彼には、強力な皇帝、領土強奪者として歴史に残るという、心理的な大目標があるのだ。ゼレンシキーが全くもって合理的で現代的な政治家であるのに対して、プーチンは17世紀の政治家である。彼は最近、自分のことをアレクサンドル・ネフスキー(編集注:1220〜1263)だとみなしているのだ。私は、彼が変身しようとする歴史上の人物はまだ他にも出てくる可能性があると理解している」

と断言している。ここには演説の全文を引用しないが、ほかのカ所でも彼は非常に格調高い内容の演説をしている。おそらくゼレンスキー大統領のスピーチライターでもあると思われる。

追記3:
ウクライナのゼレンシキー大統領は11日、ロシア連邦軍が同日ザポリッジャ原子力発電所を再び砲撃したことを受け、同軍を原発から追い出すことの必要性を国際社会に訴えた。
ゼレンシキー宇大統領が同日夜の動画メッセージの際に発言した。

ゼレンシキー氏は、「ザポリッジャ原発周辺で現在起きていることは、テロ国家の最大級の犯罪の1つである。今日、原発敷地内の原発施設からすぐ近くへのロシアの砲弾のさらなる飛来が確認された。ロシアは世界テロ史における底を更に更新した。世界中を脅迫したり、何らかの条件を突きつけるために原発を利用した者はかつていなかった」と強調した。

同氏はさらに、ロシア侵略軍をザポリッジャ原発から追い出すために、世界中の全ての人が行動すべきだとし、「それはグローバルな利益であって、ウクライナだけが必要としていることではない」と主張した。

同氏は、「私たちは、国連安保理から国家間コンタクトまで、あらゆるレベルで本件を強調している。ロシア人のザポリッジャ原発敷地からの完全撤退とウクライナによる原発周辺の状況の完全コントロールの回復のみが、欧州全体の原発安全の回復を保証するのだ」と強調した。

これに先立ち、11日、ロシア軍が欧州最大の原発となる「ザポリッジャ原子力発電所」を再び砲撃した。5発の砲弾が溶接所と放射線源保管所近くに着弾。さらに5発が、原発近くに位置する消防署敷地に着弾した。第1原子炉近くにも着弾があったという。


秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2776-b5d47e76