fc2ブログ
2022-04-09 13:51 | カテゴリ:未分類
ウクライナのブチャで410人以上の民間人の死体が見つかり、その中に赤い口紅をした令嬢が道端に転がっている映像が流れた。

それを見て、いきなり、小生が大学生のころの、研究室への出入りの親しかった業者の体験談を走馬灯のように思い出した。


「小学校卒業してから、町工場で丁稚奉公していた僕は、太平洋戦争が始まって赤紙(召集令状)が来て、招集され、中国の戦線に有無を言わせず参戦させられた。その場所がどこだかさっぱりわからなかった。

 ある町を占領してそこで野営し、夜間はパトロールするのだが、その晩はいつもの一等兵の上官と一緒だった。民家に押し入り、上官が両親とそこの娘を後ろ手に縛り、さるぐつわをはめ、上官が娘に強姦を始めたらしい。僕は外に立ってその間見張りをする役割だった。
 
 しばらくして、大声の悲鳴が聞こえた。急いで中に入ってみると、上官が頭を何かで割られて血を流して倒れていた。情事の最中に、家族の誰かに後頭部を凶器で殴られたらしい。僕は動転して急いで現隊に逃げ帰った。
  
 「上官はどうした?」と聞かれたが、「夜警の途中ではぐれてしまった」と答えておいた。そのあとどうなったか詳しいことは忘れてしまった」
  

おそらくそれ以上は語りたくなかったと思われる。


(森敏)



秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2717-cc301fe7