fc2ブログ
2021-11-27 11:00 | カテゴリ:未分類
  朝日新聞の文化欄で作曲家の池辺晋一郎さんの問答形式のインタビュー記事が18回にわたって連載された。

  この記事は毎回非常に楽しく読ませていただいた。

  池辺さんは現場を重視してそこでの葛藤の中で作曲するという基本姿勢なんだそうである。

  昨日の18回目(最終回)で明言を吐いている。曰く、
   
「原爆や震災もそうですが、当事者の方々の「触れてほしくない」という思いは大切にすべきです。でも当事者の人たちだけにすべてを負わせてしまうと、忘れたほうが都合のいい人々の思うままにされかねない。彼らが語れない世界へと想像力を及ばせ、納得してもらい、真実を未来へつなぐ。その方法を丹念に探していく努力を、芸術に関わる人間は怠っちゃいけない。
  

芸術は嫌なことを忘れるためじゃなく、
  
大切なことを忘れないためにあるものなんだから。

    
  」
 

  
(森敏)
  
付記:絵画ではピカソの「ゲルニカ」が典型だろう。
  
はばかりながら、小生がこのブログで延々と紹介している「放射線像」アーカイブは、まさに大切なことを忘れないためにやっているつもりでもある。













秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2662-8bf03e66