FC2ブログ
2020-12-24 05:47 | カテゴリ:未分類
    双葉町の羽山神社は、原発から600メートルの位置の山頂にある。すでにゲンノショウコやショウジョウバカマで紹介したように、ここはもろに原発からの放射能を浴びたので、いまだに除染されていない山の斜面は、土壌と樹木からくる空間線量が毎時15マイクロシーベルトと非常に高い。


  いつものように植生を物色していると、幼木のほとんどがイヌツゲである。結構根がしっかりと硬い土に生えているからか、とても根から植物全体を採取するのがむつかしかった。図1に見るように根元から切れてサンプリングせざるを得なかった。すべて原発事故以降に木の実が散布して生えてきた実生であると思われる。


  形態をよく見ると、3本とも、何となく、根元からいじけて枝が分かれているし、上部の枝の分岐の具合も、素直ではない。発芽時から土壌や空間から浴び続けた放射能で成長点の細胞が障害を受けたせいではないだろうか?


  以下の3本のイヌツゲは10メートル間隔のものをサンプリングしたものであるが、葉の放射能(表1)で見ると一番右のものが最も高く、中央のものが一番低い。オートラジオグラフ(図2、図3)も、そのことを反映して撮像されている。いずれも土壌が付着して洗いきれなかった根基部が非常に濃いことがわかる。









スライド1


図1.イヌツゲ。2019年10月採取。





スライド2 図2.図1のオートラジオグラフ。


 




スライド3 
図3.図2のネガテイブ画像。






表1.イヌツゲの部位別放射能。 左、中央、右の植物は図2、図3のオートラジオグラフ像に対応している。
イヌツゲの放射能1








(森敏)

付記:以下に、「放射線像」の u-tube 継続しております。ご笑覧ください。

・ https://www.youtube.com/channel/UCoxOKSbRGkZSNR7no2-7U9g

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2535-8edc52b5