FC2ブログ
2020-09-16 09:16 | カテゴリ:未分類

 マスク不要に? 仏大学「感染防ぐ物質開発」

2020/09/12 07:15 テレ朝ニュース

  

マスクをつけなくても鼻にスプレーをしたり、のど飴にして服用すると新型コロナウイルスの感染を防ぐことができるとする物質をフランスの大学が開発しました。

 ソルボンヌ大学のカロヤン教授らのチームは、新型コロナウイルスが肺の細胞に感染するのを一時的に防ぐ物質を開発したと発表しました。この物質は細胞の受容体と呼ばれる部分に似たアミノ酸で、数時間、ウイルスが付着するのを防ぐ効果があるとしています。現在、鼻へのスプレーとして研究を進めていて、早ければ10カ月ほどで製品化できる見通しだということです。カロヤン教授はマスクをつけずに感染予防できる生活が送れると話しています。

 

 

 

 

というニュースが流れた。いやーいろいろ考える人がいるもんですね。

 

中共コロナの受容体(リセプター)ACE2と呼ばれるアンジオテンシン転換酵素という血圧降下を支配するタンパクです。これの構成アミノ酸配列の一部に中共コロナウイルスのSparkタンパクが付着することが、感染の出発点と考えられています。

   

ですから感染を予防するためには、まずこの両者を付着をさせない必要があります。そのためには理論的に考えて、この付着部分と考えられているいくつかのアミノ酸配列が連なる短いペプチドを有機合成して(あるいは微生物に作らせて)、それを鼻からの吸引剤と混ぜて鼻粘膜に吸着させて、中共コロナに対して拮抗阻害させるか、キャラメルやガムと混ぜて口腔粘膜にコーテイングさせるかして拮抗阻害して、ごく一時的に感染を予防する、という戦略らしいですね。これは非常に単純で分かりやすい予防法だと思われます。噴霧するかアメをなめているときは短期間だがマスクをしなくてよい、という理屈です。ヨーロッパ系の連中が嫌がるマスクをつけないための、噴霧材やキャラメルやガムは爆発的な売れ行きになるかもしれません。

 

小生は先に、「ニコチアナミン」という、いつも我々日本人が、大豆などマメ科食品や野菜から摂取している天然のアミノ酸が、中共コロナの受容体アンジオテンシン転換酵素の強力な阻害剤であるので、この詳細な作用機構は現在不明でも、このニコチアナミンが酵素と結合すると酵素の立体構造が変わるので、Sparkタンパクとの結合力がよわまるのではないかと、ずっと考えています。

  

どこかの民間会社が多少のリスクをかけてでもニコチアナミンを大量合成してくれませんかね。

 

實際の効果がどうなるかわからないワクチンの開発に、世界で何十兆円も国家が投資するのにくらべれば、ニコチアナミンの開発は、あまりにも安すぎる投資効率のよい「掛け」だと思いますよ。

 

たとえ、中共コロナウイルスに顕著に効果がないということになっても、ニコチアナミンは天然の血圧降下剤(大豆製品や、野菜を食べると血圧が下がる大きな理由)であることが証明されていますから、悪いことはなにもありません。血圧の高い人高齢者には一挙両得かもしれません。


   

(森敏)
付記1: 医者でもない素人がなにを言うか!!
と叱られそうですが、今の群雄割拠(世界で200社?)のワクチンの開発も十中八九の賭けみたいに小生には思えます。

付記2:ニコチアナミンに関しての我々の研究歴の一部は以下のぶろぐにも紹介しています。


   
http://www.plantphysiol.org/content/plantphysiol/119/2/471.full.pdf
 
    
 

付記2: 上記の、ソルボンヌ大学の未熟な先陣争いのようなアドバルーン研究が、日本でもマスコミ発表された。奈良県特産の「柿」にかこつけて、カキシブであるタンニンのタンパク凝集作用を、中共コロナタンパクの凝集無毒化に利用しようという考えらしい。
大学が自分で成果を発表しながらも、自分で可能性の足を引っ張っているところが、謙虚だね。明らかにまだまだ未熟な産学連携成果の発表を、大学中枢からのプレッシャーで、研究者が発表を急がされたものと思われる。
  
  
    
柿渋」がコロナ無害化と発表 奈良県立医科大学

[2020/09/16 06:15]

Video Player is loading.

 奈良県立医科大学は果物の渋柿から取れる「柿渋」が新型コロナウイルスを無害化させるという研究結果を発表しました。

 柿渋は、渋柿を絞って発酵・熟成させたもので、古くから塗料や染料などに使われてきました。奈良県立医科大学は、新型コロナウイルスと唾液を混ぜ、純度の高い柿渋を加えて10分間置いたところ、ウイルスが無害化したと発表しました。あめやラムネなどに柿渋を混ぜて口に含むことで、新型コロナの感染を予防できる可能性があるということです。


 奈良県立医科大学免疫学・伊藤利洋教授:「濃度、接触時間、エビデンスに基づいたことをしっかりと考えないといけない。『柿を食べたらいい』というわけでは決してない」
 今後は、製品化できる企業を募るとともに、人に効果があるか臨床研究も進める方針です。

 








秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2503-98c701ae