FC2ブログ
2020-03-19 20:55 | カテゴリ:未分類

スライド1        
図1 グローブ状で有名な奇形の大型イチゴを含む <博多あまおう>。 左3つがグローブ状のイチゴ。右上がくっついた双頭のいちご  
   
スライド2 
図2 双頭のイチゴ
 
 
 スライド3
図3.図2のイチゴを丁寧に割いてみると、へたの部分で肉質が結合している双子であることがわかる。
 
 
スライド4 
図4.奇形の多頭イチゴの「マスコットキャラクタージャフィーくん」

     
          散歩していると、八百屋さんの店頭で「博多あまおう」イチゴを2パック680円という手書きの赤字表示があった。これは安いと思ったのでので、さっそく買った(図1)。

     

ところが、レジで支払って、レシートを見ると、796円となっていた。抗議したら、税込みですから、というのでなんとなく納得させられたのだが、再び道を歩きながら計算すると、税込みでも748円であることが分かったので、再度引き返して抗議したら、「すみませんね」と差額が返金されてきた。結局680円という「赤字」で書かれていた税込みの特売価格を、レジ担当のおかみが忘れて正価で売っていたのです。老人だと思って少し馬鹿にされた気がした。

    

この店は老夫婦が結構買い物をしているので、彼らはレジでのそういう間違いに気を付けているかどうか、少し心配になった。(余計なお世話か。。)

     

買ったイチゴパックを開けてみると、いつものようにグローブを広げたような奇形イチゴが入っていたが、今回はこれまで商品として見かけたことがない「双頭のイチゴ」も入っていた(図3、図4)。あまおう関係の巨大イチゴが、小生が奇形タンポポで見る多頭の奇形花とおなじ遺伝子の変異(おそらくfasciationという遺伝子)のものであろうことはすでに述べたことがある。今回はタンポポでもよく見かける「双頭」のイチゴも見られたことから、さらにこの推察が正しいであろうことが示唆された。
           
 2014/09/20 : 巨大イチゴと巨大タンポポは同じ機作の変異であると思われる
           

このイチゴを栽培している <JA福岡八女> のマークが入っている箱にはマスコットキャラクター <ジャフィーくん> の絵が刷り込んである(図4)。イチゴが巨大で奇形であればあるほど魅力的であるはずである、という自信のほどがうかがわれる。

 
   

  

(森敏)

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2435-e239e025