FC2ブログ
2019-11-07 14:46 | カテゴリ:未分類

昨年某病院の待合廊下にて

 

おバーさんが廊下の待合の長椅子に苦しそうに横になって、人目構わずわめいていた。

亭主が、持て余している様子だった。

以下オバーさんの大声の怒りです。

     

モー信じねー!

調子悪いから来てるんじゃねーか。

画像だけを信じるのか?

もうー疲れちゃった!

診断の答えが欲しいんだよ!

先生の言うこと信じていなくて、悪い方へ悪い方へ考えていくんだから。

くらくらするから外へ行けない。

夜眠れない。

      

(廊下に立つ旦那の声:ちゃんとすわって待ちなよ)

      

横になっちゃだめだ?!

どっか悪いとこ見つけてもらわないと。

一番さいしょ、こうきんしょうだって言われた。

すわってるのも苦しい。

痛いっなんてもんじゃない!

足の裏が痛い!

つねったら余計痛くなった。

私も信じたんだからそれを実行した。

ちょっとずつ改善するよりも、また

どんどん悪くなってきている。

ものすごく苦しくて苦しくて….

     

(旦那:静かにしなくちゃ! もう知らないよー! )

    

じゃ、飛び降り自殺でもしろというの?!

     

オバーさんの叫びを聞きながら、病院の窓から外を見ると北風の木枯らしが吹き荒れてケヤキの木の枝を大きく揺らしている。やりきれなくなって、気分転換に一句ひねった。

     

木枯らしに向かうカラスの上下動
 
  
  

(さとし)
 

 

秘密

トラックバックURL
→http://moribin.blog114.fc2.com/tb.php/2383-d0e6bfa1